投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

2機種にCyanogenMod 13、6機種にCyanogenMod 14.1の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の配信が2機種、CyanogenMod 14.1の配信が6機種に対して開始されました。

Nexus機を含む6機種にCyanogenMod 14.1の公式配信が開始されました

イメージ
Android 7.1をベースにしたCyanogenMod 14.1の公式配信が6機種に対して開始されました。

Arealer 3D VRメガネをレビュー

イメージ
Arealer 3D VRメガネのサンプルを頂いたのでレビューしていきます。 スマートフォンの固定方法は粘着式で、3.5~6.0インチのスマートフォンに対応しています。 実際に利用すると、出来の良いGoogle Cardboardといった感じ お手軽なVR体験ができます。 また、メガネをかけたままこのVRメガネをかけることも可能です。なかなか考えられていますね。 筆者はHTC 10でArealer 3Dを利用したのですが、残念ながら本体横のスイッチは反応しませんでした。 同様の製品は多数存在しますが、その中でも安い部類なのでとりあえずお試ししてみたいという方には良いかもしれませんね。 粘着部分がどれほどの繰り返しに耐えられるかなどは不明ですが、数日間使ってみて、それほど粘着力の変化は感じられなかったので耐久面の心配はあまりしなくて良いかもしれません。 Amazon: Arealer 3D VRメガネ 3Dゴーグル 仮想現実感 超3D映像効果 iPhone Samsungなど3.5 - 6.0インチのスマホに適用

Nexus 7 2013 Wi-Fiを含む11機種にCyanogenMod 14.1の公式配信が開始されました

イメージ
Android 7.1をベースにしたCyanogenMod 14.1の公式配信が11機種に対して開始されました。

Verizon版HTC One MaxにCyanogenMod 13の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の公式配信が新たにVerizon版HTC One Maxに対して開始されました。

Galaxy Tab 2 7.0/10.1 Wi-Fi/GSMにCyanogenMod 13の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の公式配信が新たにGalaxy Tab 2 7.0/10.1 Wi-Fi/GSMに対して開始されました。

CyanogenMod 14.1の公式配信が18機種に開始されました

イメージ
Android 7.1をベースにしたCyanogenMod 14.1の公式配信が18機種に対して開始されました。

【終了】Gear Bestが「Sale Storm」を実施中、まだまだお安く買える製品も多数あり

イメージ
GearBestが11月11日を記念してのセールを行っています。 数日前から開始しており、売り切れている製品もありますが、記事投稿時点でXiaomi Mi Robot Vacuumが半額程度で買えるなど、かなりお得です。 Xiaomiなどの中華デバイスがメインなのでそっち方面の機器に興味がある方は手を出してみても良いかもしれませんね。 個人的にはWindows系のタブレットデバイスが気になります。 ドローンやスマートウォッチなども値引きされているので興味のある方は是非・・・! Sales Storm

8時間連続再生可能なBluetoothレシーバー、WM2Sをレビュー

イメージ
Macetonよりレビュー用にBluetoothレシーバーWM2Sを提供していただいたのでレビューしていきます。 CSR8645 チップを採用し、 AptX に対応しています。 Bluetoothバージョンは4.1となっています。 開封 パッケージは縦長です。。 充電用にケーブルがついてきます。最初はフル充電してから利用するのがおすすめです。 説明書に日本語はありませんでした。 ボタンは一つだけとかなりシンプル。メタルボディのお陰で高級感があります。 イヤホンが2つ刺さるので、2人で同じ音楽や動画を見る際に重宝しそうです。 反対側には充電端子があります。この他には端子等はなく非常にシンプル。 実際に使ってみて 思っていたよりレシーバーって便利ですね。昔の音楽プレイヤー感覚で使えます。 電池持ちも悪くなく、2人で音楽を聞けるのも結構ありだと感じました。 Bluetooth 4.1のおかげか、混み合っている電車内での干渉による切断なども無かったので高評価です。 サイズも小さいので胸ポケットに入れても問題なく、メタルボディですが重たいわけではないので持ち歩き上の欠点は少ないです。ただし、小ささ故のなくしやすさというものはあるかもしれません。 ちなみに Maceton というメーカーはこの他にもオーディオ関連の製品をたくさん販売しており、評価も低くない為、他の製品も今後機会があればレビューしてみたいと考えています。 Amazon: Maceton WM2S アルミ高音質Bluetooth4.1受信機 Bluetoothレシーバー CSR8645チップ採用APTX対応 内蔵アメリカTIアンプチップ 8時間連続再生対応

Huntkey Lightning USB メモリをレビュー

イメージ
Huntkey というメーカーからLightning USBメモリのサンプルを頂いたのでレビューしていきます。 こちらがLightning USBメモリ。 片側がLightning, もう一方はUSB 3.0となっています。 iOSデバイスで利用するには AGP File という専用のアプリが必要なのでインストールします。 起動するとこんな感じ。日本語に対応しているのでわかりやすいです。 Lightning USBメモリを刺すとこのように容量が表示されるようになり正常に認識されていることがわかります。 この画面でカメラを起動し直接USBメモリに保存したり録音したりすることもできますが今回はアルバムバックアップを利用してみます。 ローカルに存在する画像をLightning USBメモリに送ります。 画像を選択しLightning USBメモリを選択します。 するとUSBメモリにPhotosというフォルダが作られ・・・ その中に先程の画像が移動しています。 わかりやすく、転送速度もストレスがないです。 複数の画像を選択してのバックアップももちろんできるので大量のデータをUSBメモリに移すこともらくらく行えます。 iPhoneの場合、PCやクラウドに殆どのデータをバックアップできるためこういった製品の利用価値は低いかと思っていましたが、実際にはPCよりも手軽で、クラウドよりも確実にバックアップ出来たという安心感があります。 この他の機能としてはファイルにロックをかけたり連絡先や写真の自動バックアップ設定、ユーザーズマニュアル(最新のアップデートで日本語化済み)の閲覧も出来ます。 テーマ機能まであるのでたまにカラーを変えれば新鮮な気持ちで利用できそうです。 対応フォーマット 音声:  mp3 , wav , m4a , aac , m4r , ogg 動画:  mov , mpg , swf , vob , wmv , avi , mp4 , mkv , flv , 3gp 画像: jpg , jpeg , png , gif , bmp , tif , tiff 文書: txt , doc , docx , xls , xlsx , ppt , pptx