投稿

Apple Watch用Dome Glassをレビュー

イメージ
今回 Whitestonedome Japan 様からApple Watch用Dome Glassをご提供いただきました。 Apple Watch Series 5に装着し、一週間利用してみたので使用感などなどをお伝えできればと思います。 この製品の良いところ 気泡が入りづらい 視認性が落ちない 手触りが良い 剥がれにくい この製品のイマイチなところ 貼り付け手順がやや複雑 Dome Glassを利用したことがあるユーザーでないと驚くかもしれませんが、UV照射器が付随してきます。 このライトを照射することでガラスフィルムとWatchの間に流し込んだ液体を凝固させて気泡なく仕上げることが出来るというわけです。 手順は少し複雑ですが公式の解説動画があるのでこれを参考にすればどなたでも出来るかと思います。 実際にこちらを貼り付けた状態で一週間使用してみたのですが、これが非常に良い・・・! 以前は別の会社が販売していた保護フィルムを使っていましたが、ラップのような質感ですぐに剥がれてしまうなどストレスがありました。 商品はそもそもガラスなのでよっぽどのことがなければ剥がれる心配はなく、また手触りもいいです。 Dome Glassの仕様上、タッチ感度が落ちるのではないかなどの心配もありましたが感度が悪くなった様子はないのでその点が気になっていた方も安心してご利用いただけるかと思います。 唯一気になったのは貼り付け手順が複雑なことくらいですね。 まさに今購入出来るApple Watch向けフィルムで一番おすすめできる製品と言えます。 ご購入(Amazon アソシエイトで生成したリンクです ): [Dome Glass] Apple Watch 40mm - Apple Watch Series 4 - Apple Watch Series 5, 2pack, case included, [ドームガラス] アップルウォッチ 40mm - アップルウォッチ4 - アップルウォッチ5, フルカバー、フルクリア、スムーズタッチ、2パック・ケース付き

私が契約しているおすすめのサブスクリプションまとめ(2020年11月)

イメージ
サブスクリプションって一つひとつのサービスは大した値段ではありませんが、いくつも契約すると馬鹿にならない金額になりますよね。 そこで今回は私が契約しているおすすめのサブスクリプションをご紹介します。 Amazonプライム ど定番ですね。 Amazonで取り扱っているほとんどの商品の送料が無料になります。 頻繁にAmazonで買い物しているなら入ったほうがいいサービス。 家族のアカウントに追加料金なしでプライムサービスを付与することも可能(サービス制限あり)な上、Amazonプライムビデオという動画視聴サービスもついてくるので結構お得な気がします。 年会費は値上がって4900円なので月額400円ちょい。 公式サイト Apple ONE Appleのオールインワンサブスク。 iCloud、Apple Music、Apple Arcadeなどが一体化しており複数のサブスクを契約していた身としては少しお得。 公式サイト YouTub premium YouTubeの広告を消し去れる神サブスク。 ASMRを楽しむにはいいイヤホンとYouTube Premiumが必須と言われている・・・。 個人向けプランは月1,180円、ファミリー向けが1,780円(家族6人までOK)、学生は680円。 iOSアプリから契約しようとすると割増料金取られるので注意。 サブスクの内容としては以下の通り。 広告の非表示 YouTubeで表示される広告を完全に消してくれる。神。 オフライン動画再生 やろうと思えば今までもできたけど公式でいい感じに機能提供してくれる安心感。 バックグラウンド再生 これも今までもやろうと思えばできたけど公式でいい感じに(以下略 Androidだとポップアップ再生もできる。 YouTube Musicプレミアム 音楽聴き放題サービス Apple Musicと被るけどこっちにしかない曲もある。 残念なことにYouTubeに違法アップロードされたような音楽もヒットする。 Google Play Music YouTube Musicが出る前に展開されていた音楽聴き放題サービス 2020年を以てお亡くなりになるサービス。 YouTube Originalsの視聴 YouTubeオリジナルのドラマ?見たいなのが見れます。 私は見たことない。 見事にApple Musicと食い合って

Galaxy S20を購入しました!長所や短所まとめ

イメージ
最近のスマートフォンって選ぶの難しいですね。 特に5Gになってから一層難しくなった気がします。 今回私はGalaxyとXperiaでギリギリまで悩みましたが、バッテリーライフとソフトウェアの使いやすさを加味してGalaxy S20にしました。 色は七色っぽく見える青いやつ。きれい☺ 早速このデバイスの長所を見ていきます。 長所 なんと言っても没入感がすごいです。 普段iPhone使ってる人とかはベゼルの細さに驚くんじゃないでしょうか。 続いて、携帯する上で重要になってくるのが重さですがGalaxy S20は非常に軽いです。 心配になるほどの軽さです。長時間手で持っても全く疲れません。 120Hzディスプレイは本当にスムーズです・・・が後述するデメリットがあります。 短所 あまり自分が購入したモデルのケチは付けたくないですがこの機種、結構欠点があります。 まず電池持ちが悪いです。 特にゲームも動画も見ず朝7時から使ったところ17時ごろに30%前後に・・・。iPhone 11 Pro Maxと比較するのは酷ですが、同時に利用していたこちらは70%近く残っていました。 本当に2020年に出たスマホですか?って感じですね・・・。Xperia 1 Ⅱはこれより持たないって本当なんですかね。 目玉機能である120Hzで使うとより早くバッテリーが失われていきます・・・。 続いて、FeliCaの位置が使いづらいです。 トップの画像にもあるように筐体の真ん中あたりにFeliCaセンサーが鎮座しています。 お買い物の際や改札をくぐる時、あまりにも不便で辛かったです・・・。感覚的にはApple Watchで頑張って改札をくぐる時のあれです。 なぜ頭の部分に搭載してくれなかったのか・・・。 総評 いいスマホだとは思いますし購入を後悔するほどではないですが、欠点が目立ちます。 バッテリーライフに関してはS20+を買えばいいかもですが、小型スマホがいい人にとっては致命傷ですね。 デカイ方を買っても解消できないのがFeliCa位置ですが・・・これはどうにもならないですね。 メイン決済機にするとストレスが溜まりそうです。 動作については基本的に文句がないだけに残念ですね。 上の欠点が気になる方は新しめのiPhone買っておいた方が幸せになれます。 現場からは以上です。

AirPods Proを半年使ってみたレビュー

イメージ
AirPods Proを半年以上使ったのでレビューをしていきます。 まずは簡単にAirPods Proの紹介ですが、Appleが販売しているアクティブノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothイヤホンです。 現状AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsシリーズの最上位モデルとなります。 外観 筐体は白い楕円形で競合商品に比べるとコンパクトな印象です。 プラスチック製でかなり傷つきやすいです。落としたりはしていませんが光を当てると無数の傷が入っていることがわかります。ぱっと見ではわからないかな・・・? 傷が気になる人はシリコンケースなどを付けておくと良さげです。 うどんうどん言われていますが可愛らしいデザインで私は気に入っています。 互換性のある低反発イヤーチップを使っています。 純正のイヤーチップだと耳からずり落ちてしまう事がありましたがこちらに付け替えてからはその問題も解決したので大満足です。 ただし、Amazonでの評価はかなり低いので購入される際は良くレビューを読んでご自分に合うか見定めてください。取りあえす私のように耳からAirPods Proが落ちてしまいそうになる人にはお勧めできます。 購入: SOSO.LABO AirPods PRO用低反発イヤーチップ Lサイズ ブラック S-EPS01BK-Lサイズ 性能 ノイズキャンセリングに関しては最高クラスです。 これに慣れちゃうとノイズキャンセリング非搭載のイヤホンを装着して電車に乗るのが苦痛になるレベルです。 搭載されているチップセットはApple H1で圧倒的な低遅延を実現。 このチップセットのおかげでApple製品同士では切り替えも爆速で例えばiPhoneからMacに簡単に接続先を切り替えたりMacからiPadに切り替えたりが本当にスムーズに行えます。 残念ながら音質に関してはあまり良くないのでそちらに重きを置く方は MOMENTUM True Wireless 2 などがおすすめです。 バッテリーライフ 微妙な点としては電池持ちが良くないところですね。 2時間前後で残り30%になります。 どうしても長時間使いたければ2つ持ちをするなど対策が必要ですね。 総評 Appleユーザーなら買え! 世界変わります。まじで。 Androidでも使えるのでオススメ・・・したいところなのですが、iOSと

【ご報告】メインPCをGTX 960からGTX 980にアップデートしました。

イメージ
メインPCのグラフィックボードをGeForce GTX 960からGeForce GTX 980にアップデートしました。 えぇ、2014年の話ではなく2020年のお話です。 PCに強い方であればなぜ今更GTX 900系を使い続けているのかと疑問に思われるかもしれないのですが、私はそんなにゲームをがっつりしないため最新のグラフィックボードは不要と考えています。 GTX 960も最近調子は悪かったのですが、iMacも買う予定あるため壊れたら外部GPU無しの運用でもいいかな・・・と思っていました。 が、心優しい友人が余っていたGTX 980を譲ってくれるとのことで今回飛びついてみました。 GTX 960からGTX 980に変更して感じる一番の違いはGPUメモリの多さですね。 私が使っていたGTX 960はメモリが2GBだったのですがGTX 980はメモリが4GBで余裕があります。最新のゲームを高画質でやろうとするとスペック不足でしょうが私の使い方ではオーバースペック感がありますね。 現在PCのスペック CPU : Intel Core i7-6700K RAM : 24.0 GB SSD : 250 GB HDD : 2TB GPU : NVIDIA GTX 980 ぶっ壊れるまでWindows環境はこのままで行きたいと思います。 以上ご報告でした。

JCB ゴールドカードのご利用可能額の変更をしました。

イメージ
半年前に発行していたJCB ゴールドカードですが、ショッピング枠50万しか貰えなかったんですよね。 不便なので増額申請をしてみました。 JCBアプリのご利用可能額という項目から簡単に申請可能です。 枠はあればあるほど良い(自論)ので今回は申請限界の300万で申し込みました。 2日ほどすると以下のようなメールが来ました。 ご利用可能枠の変更(増額)が完了したのでご連絡します。 変更後のご利用可能枠は、会員専用WEBサービスMyJCB(マイジェーシービー)の「ご利用可能額照会」画面でご確認ください。 審査がかなり早かったので増減なしコースかと思いましたが・・・。  利用可能額を確認すると50万→150万になってました。やったね! 半年しか使っていないのに意外と信頼してくれるJCBさん、今後も末永くお付き合いしていければと思います。

Fate/Grand Order初心者向け解説講座

ども。Fate/Grand Order大好き侍のCyanosModです。 今回はFGOを始めてみたけどどうやって進めればいいか分からん/勝てない/つらい、という話をちょくちょく聞くため、どのように進行して行けばいいかを、ストーリークリアを目標として解説してしていきます。 サーヴァントのレベリング FGOのメインストーリーは大きく分けると1部、1.5部、2部の3つに分かれており、その中に幾つかの章があるという感じです。 1部4章あたりまではぶっちゃけキャラのレベルだけ上がっていればスキル育成をしなくてもゴリ押しで勝てます。 レベリングには種火(経験値)を使います。 種火クエストには難易度がありますが、最も美味しく一番難易度が高い超級以外は回らないようにしましょう。超級とは名ばかりでフレンドの高レアサーヴァントが一騎いれば余裕で回れます。 サーヴァントと種火にはクラスが存在し、同一クラスであれば獲得経験値が増えますが、正直それを気にして育成するのはそこそこ戦力が揃ってきてからでいいです。 続いて、サーヴァントがたくさんいるので誰をレベリングすればいいかわからないという方はひとまず最初に必ず貰える⭐︎4サーヴァント(もし運良く⭐︎5がいるならそちら)を最優先で育てていきましょう。 再臨する際に素材を消費する以外デメリットはないので可能な限りレベルはあげましょう。 サーヴァントのスキル強化 サーヴァントのレベリングが完了したら次はスキルです。 スキルを上げておかないと1部後半以降で勝てない戦いが増えてきます。前線で戦うサーヴァントであれば最低でも6くらいまでは上げておきたいです。 ここであげるスキルの優先度を記載しておきます。 NPチャージ系>火力アップ系>防御・回避系>その他 こんな感じで。 注意点として、スキルレベルを9から10に上げる際に、伝承結晶というレア素材を必ず消費してしまいます。イベントなどでしか手に入らないのであまりイベント参加しない人は慎重に消費すべきでしょう。9から10にあげることで劇的に性能が上がるということも基本ないです。(CTは短くなりますが) また、キャラによっては狂った量の素材要求をしてくることもあるので使用素材などはあらかじめググるといいです。 ストーリー攻略 基本的には相手のクラス相性に有利なクラスの全体宝具サーヴァント+NPチャージ系礼装