投稿

Pixel 3 XLのAR機能が使えなくなったのでdocomoへ修理に出した結果

イメージ
Android 10が配信されてウッキウキだったのですが、AR機能が使えない不具合に遭遇。
初期化しても治らずGoogleサポートへ連絡。以下簡略化したやり取りです。

私「AR機能が使えなくなっているのですが・・・」
G「初期化等は試されましたか?」
私「はい」
G「購入先はどちらですか?」
私「docomoオンラインです。」
G「そうなりますとこちらでのこれ以上のサポートはできません。docomoへ修理に出してください。」
-完-
まあ当然ですね。Googleストアで購入していればそのまま対応してくれそうな雰囲気でしたが・・・。残念。
代わりの端末をお願いしましたが何が届くことやら。願わくばPixelとかGalaxyとかがいいなぁ。Xperiaが来ました。

最終的に、発送から8日で修理が完了し、手元に帰ってきました。

修理結果表の内容 修理内容 基盤交換
修理結果 「お申し出事象について、症状を確認することができませんでした。お申し出事象以外に基盤、スピーカーの故障を確認し、基盤(SIMトレイ含む)、スピーカーを交換しました。お預かりした携帯電話をご返却する前に、ソフトウェアを更新しております。」

AR機能の不具合は・・・? ということで、なんと私のPixel 3 XLで発生していたAR機能の不具合はdocomo(Google)側では確認できなかったそうです。しかし、同時に基盤とスピーカーの故障が見つかったから交換したよという内容でした。
基盤交換をしてくれたおかげか、AR機能の不具合も同時に解消されているのですが、不具合が見つからなかったというのはなぜなのでしょう・・・。
結果オーライですが、ちょっともやもやしますね。基盤故障やスピーカー故障がなければそのまま帰ってきていたわけですからね。というか、基盤故障があったからAR機能使えなかったんじゃないのかな、しっかり調査してほしかったですね。

修理費 0円でした。嬉しい。

時系列順2019/09/01GoogleサポートへAR機能が使えないと連絡、メールで返信をすると約束される。2019/09/02Googleサポートからメール、詳細な内容を知りたいとのことだったのでクラッシュ時のエラー内容を送る。2019/09/03Googleサポートからメール「一時的なエラーの可能性がある、アップデートで治る可能性があるの…

Fate/Grand OrderアプリがついにVer.2.0.0へ

イメージ
社会人になって、ブログの書き始めにお疲れさまですって書きそうになってキレ気味の私です。FGOは元気にプレイしてます。

今回の目玉はUnity 5からUnity 2018への移行です。
長らくFGOはバグまみれのUnity 5で、更にAndroid版は32bitで動くという悲しみを背負ってたのですが、天下のGoogleが「64bit対応させないとストアにおいてあげないもん!」って言ってくれたおかげか、ようやく古臭いUnity 5を脱ぎ捨て64bit化です。
数ヶ月前のアップデートで劇的にロードが早くなったAndroid版FGOですが、今回もアップデート内容にロード速度の改善という文字があるので今回も期待していいでしょう。FGO始まったな!

64bit本当に対応してる?抜け道あるよね。それはそう、公式発表を震えて待て。
Get your apps ready for the 64-bit requirement

Android 10まとめ

イメージ
いよいよこの季節ですね!
Android 9の時代が終わり、Android 10がまもなくリリースされます!(ほとんどのAndroidにとってはまだまだ9の時代ですが・・・)

カナダのキャリアやGoogleサポートのおもらしにより米国時間9/3にリリースされると見られるAndroid 10は一体何が進化したのか。見ていきましょう。(ベータ版に搭載されていた機能が多数登場します。すべて機能が正式版に搭載されるかは不明です。)

コードネーム廃止 ちょっぴり悲しいニュース。毎年恒例でしたが、廃止。ただのAndroid 10です。
全世界の人が使うOSなのに特定の国の人がわかりにくかったり、発音しにくいお菓子の名前をつけるのはNGってことらしいです、仕方ないですね。
ロゴデザインも変更され近代的な雰囲気を醸し出しています。
詳しくは下記リンクから。
A pop of color and more: updates to Android’s brand

Android Qベータ版が配信された端末 Google Pixelシリーズ
ASUS Zenfone 5Z
Essential Phone
Huawei Mate20 Pro
LGE G8
Nokia 8.1
OnePlus 6T
Oppo Reno
realme 3 Pro
Sony Xperia XZ3
TECNO SPARK 3 Pro
Vivo X27
Vivo NEX S
Vivo NEX A
Xiaomi Mi 9
Xiaomi Mi MIX 3 5G

Pixelはもちろんですが、その他上記の端末も正式版のアップデートが比較的早く配信されるのではないかと推測されます。

5Gにネイティブ対応 次世代通信規格5Gに対応しました。既存端末にはほぼ恩恵はないですが、今後の5G端末への期待が膨らみますね。

折りたたみデバイスのサポート デバイスが折りたたまれた際のアプリの振る舞いなどのサポートがなされています。
Android Studioでエミュレータを使ってテストも可能なので開発者の方々は備えましょう。

GPSアクセスがより厳格に 今までのアクセス許可に加え、アプリ起動時のみGPSのアクセスを許可する項目が追加されました。
バックグラウンドで勝手にGPSを使われないのは電池にもプライバシーにも配慮されていい感じですね。

今まで当てた★5サーヴァントまとめ【FateGO】

イメージ
今まで私が当てた★5サーヴァントのまとめです。何故か多くの方に閲覧されていますが、ただの個人的なメモです。

2015年
ギルガメッシュ(弓)
沖田総司(剣)
スカサハ(槍)

2016年
玉藻の前(術)
ニコラ・テスラ(弓)
ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕(讐)
源頼光(狂)
源頼光(狂)           二騎目
モードレッド(剣)
アルトリア・ペンドラゴン(槍)
フランシス・ドレイク(騎)
イシュタル(弓)
エルキドゥ(槍)
マーリン(術)

2017年
ジャンヌ・ダルク(裁)
ジャンヌ・ダルク(裁)      二騎目
宮本武蔵(剣)
ギルガメッシュ(弓)       二騎目
山の翁(殺)
山の翁(殺)           二枚目
謎のヒロインX〔オルタ〕(狂)
諸葛孔明(術)
エルキドゥ(槍)         二騎目
フランシス・ドレイク(騎)
メルトリリス(分)
土方歳三(狂)
ケツァル・コアトル(騎) ケツァル・コアトル(騎)     二騎目
カルナ(槍)
シャーロック・ホームズ(裁)
玉藻の前(術)          二騎目
マーリン(術)          二騎目
アルテラ(剣)
アビゲイル・ウィリアムズ(降)
カルナ(槍)           二騎目
ジャンヌ・ダルク(裁)      三騎目

2018年
巌窟王(讐)
ギルガメッシュ(弓)       三騎目
アルトリア・ペンドラゴン(弓)
刑部姫(殺)
スカサハ=スカディ(術)
BB(月)
ヴラド三世(狂) ギルガメッシュ(弓)       四騎目 ギルガメッシュ(弓)       五騎目
始皇帝(裁)

2019年
土方歳三(狂)          二騎目
紫式部(術)
アキレウス(騎)
ナポレオン(弓)
ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕(讐) 二騎目
アルジュナ〔オルタ〕(狂)
アルジュナ〔オルタ〕(狂)    二騎目
スカサハ=スカディ(術)     二騎目 合計53騎

関連:微課金オタクがFGOに15万突っ込んで★5サーヴァントを宝具レベル5にした話

ゼンハイザー Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wirelessをレビュー

イメージ
ゼンハイザー製のBluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wirelessを購入したのでレビューしていきます。

値段はAmazonで35,000円、ヨドバシでは38,000円ほど(記事投稿現在)

パッケージは英語ですが日本語の取扱説明書も同封されているので英語が苦手な方もとっつきやすいでしょう。

開封するとすぐにイヤホン本体とケースが鎮座しています。質感がよく、所有欲が満たされそうなデザインです。

USB Type-Cで充電可能なのもかなりポイント高いですね。

専用アプリは見栄えはいいのですが操作性はいまいち。ファームウェア更新くらいにしか使わないのでストレスは少ないかもしれませんが。

音質に関しては私自身特別耳がいいわけではないというのもありますが有線のイヤホンとそこまで差を感じませんでした。昔使っていたワイヤレスイヤホンは聞くに耐えませんでしたが・・・、技術は進歩するものですね。

ワイヤレスにしたことによる恩恵がとても大きく、まず満員電車でコードの存在を気にする必要がなくなり朝のストレスが軽減されます。そして眠れない夜ASMRを聞くのが私の日課なのですが、これもまた非常に捗る様になりました。私のおすすめASMR配信者は周防パトラちゃんとまこと。ちゃんです。
ASMRとは・・・ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)は、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、頭がゾワゾワするといった反応・感覚。正式・一般的な日本語訳は今のところ存在しないが、直訳すると自律感覚絶頂反応となる。ASMRを感じるきっかけや感じ方には個人差があるが、視聴することによってそのきっかけを作り出そうとするASMR動画が動画共有サイトに多数投稿されている。医学的な効果は不明であるが、慢性疼痛が軽減されたという研究もある。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 装着感も悪くないです、画像だけ見ていただくとかなり大きい印象を受けるかもしれませんが、タッチ操作なども行えることから実はちょうどよいサイズなのです。
特徴的なタッチ操作だけでなく、耳からイヤホンを外すと再生が止まってくれる便利機能や周囲の音を拾ってくれるなにげに役立つ搭載されています。
また本デバイスは完全ワイヤレスイヤホンを謳っ…

【FGO】期間限定イベント「徳川廻天迷宮 大奥」についてのあれこれ

イメージ
此処は退廃と情愛、偏愛と堕落の満ちた大迷宮── 2019年3月24日に期間限定イベント「徳川廻天迷宮 大奥」 の情報がAnimeJapanにて公開されました。
イベント開催日時2019年3月27日(水) 18:00~(予定)イベント概要期間限定イベント「徳川廻天迷宮 大奥」開催予定!期間限定サーヴァント「★5(SSR)カーマ」実装イベント参加条件第2部 第3章「Lostbelt No.3 人智統合真国 シン 紅の月下美人」をクリア

さて、実装予定のカーマですが、もとより桜(黒桜)の疑似サーヴァントと噂されていました。 いざ出てきた姿と声を見るに(おそらく)桜系の疑似サーヴァントという点では間違いなさそうですが、思ったより桜桜してないですね。瞳が紫ではなく赤いので黒桜なのでしょうが、うむむ。
再臨状態で色々と変わる可能性大なのでそのあたりに期待です。

私が毎日気が狂うほど待ちわびていた千子村正(衛宮士郎の疑似サーヴァント)に関しては情報が一切出ず、CMにも映らなかったので可能性は低いですがピックアップ2があることを祈ります・・・。CMに出てないってことは逆に可能性あるぞ!!

CM内で「Ⅲ」の表記があり、殺生院キアラもストーリーに関わる様子なのでビースト案件になる予感。オタク特有の妄想高速詠唱しながら27日の18時を待ちたいと思います。

Fate/Grand Order公式サイト

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wpをレビュー!防水フルセグ対応の隠れた名機!

イメージ
HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp を入手したのでレビューしていきます。

スペック(公式サイト準拠)

型番HDN-W09OSAndroid 7.0 NougatEmotion UI 5.1サイズ / 重さ幅:約 248 mm縦:約 173 mm厚さ:約 7.8 mm 重さ:約465 gカラーミスティックシルバーディスプレイ約10.1インチWUXGA (1920 x 1200)IPSCPUHUAWEI Kirin659 オクタコア A534 x 2.36 GHz + 4 x 1.7 GHzRAM3 GBストレージROM 32 GBmicroSDスロット (最大 256 GB)測位方式GPSGlonassBDSカメラメインカメラ: 800万画素 (AF)インカメラ: 800万画素 (FF)スピーカー / マイク内蔵クアッドスピーカ内蔵マイクHarman Kardonチューニングバッテリー容量 6660 mAh急速充電 (9 V,2 A) 対応接続性USB Type-C (USB 2.0)3.5 mm ステレオヘッドフォン出力・マイク入力共用ジャック802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 / 5 GHz)Bluetooth® 4.2フルセグ・ワンセグチューナー内蔵耐水・防塵IP67付属品ACアダプタUSBケーブルアンテナケーブルスタンドクイックスタートガイド 2019年、Android Qのβも出てきているこの時期にAndroid 7.0のデバイスを使うのは少し複雑な気持ちですネ!

まずなんと言っても防水、HUAWEI MeidaPad M3 Lite 10 から進化したポイントの一つですね。
IP67 なので「完全防塵」、かつ「30分間水に入れても大丈夫」な製品になっています。
お風呂での動画鑑賞やキッチンでレシピを見るのが捗ります。実際私は毎晩お風呂に持ち込んでいますが問題なく使えています。

フルセグ・ワンセグチューナー内蔵というのも進化ポイントです。
タブレットでフルセグ・ワンセグチューナー内蔵、しかもお風呂で使えてしまうって結構需要あると思うんですよね。私の環境では感度良好でした。

Harman Kardon チューニングのクアッドスピーカーは確かにこの価格帯のタブレットにしては迫力のサウンド体験をさせてくれます。最大音量がかな…