投稿

ラベル(アクセサリー)が付いた投稿を表示しています

AirPods Proを半年使ってみたレビュー

イメージ
AirPods Proを半年以上使ったのでレビューをしていきます。 まずは簡単にAirPods Proの紹介ですが、Appleが販売しているアクティブノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothイヤホンです。 現状AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsシリーズの最上位モデルとなります。 外観 筐体は白い楕円形で競合商品に比べるとコンパクトな印象です。 プラスチック製でかなり傷つきやすいです。落としたりはしていませんが光を当てると無数の傷が入っていることがわかります。ぱっと見ではわからないかな・・・? 傷が気になる人はシリコンケースなどを付けておくと良さげです。 うどんうどん言われていますが可愛らしいデザインで私は気に入っています。 互換性のある低反発イヤーチップを使っています。 純正のイヤーチップだと耳からずり落ちてしまう事がありましたがこちらに付け替えてからはその問題も解決したので大満足です。 ただし、Amazonでの評価はかなり低いので購入される際は良くレビューを読んでご自分に合うか見定めてください。取りあえす私のように耳からAirPods Proが落ちてしまいそうになる人にはお勧めできます。 購入: SOSO.LABO AirPods PRO用低反発イヤーチップ Lサイズ ブラック S-EPS01BK-Lサイズ 性能 ノイズキャンセリングに関しては最高クラスです。 これに慣れちゃうとノイズキャンセリング非搭載のイヤホンを装着して電車に乗るのが苦痛になるレベルです。 搭載されているチップセットはApple H1で圧倒的な低遅延を実現。 このチップセットのおかげでApple製品同士では切り替えも爆速で例えばiPhoneからMacに簡単に接続先を切り替えたりMacからiPadに切り替えたりが本当にスムーズに行えます。 残念ながら音質に関してはあまり良くないのでそちらに重きを置く方は MOMENTUM True Wireless 2 などがおすすめです。 バッテリーライフ 微妙な点としては電池持ちが良くないところですね。 2時間前後で残り30%になります。 どうしても長時間使いたければ2つ持ちをするなど対策が必要ですね。 総評 Appleユーザーなら買え! 世界変わります。まじで。 Androidでも使えるのでオススメ・・・したいところなのですが、iOSと

Galaxy S9+用全画面ガラスフィルム Whitestone DOME GLASSをレビュー

イメージ
Whitestone 様よりDOME GLASSを提供していただきましたのでレビューしていきます。 もともと国内でもガジェットが好きな方々は輸入などをして入手していたこの製品ですが、 docomoで取扱が始まって から一気に知名度が広がりましたね。 今回提供していただいたのはUV LED Lamp同封のセット版パッケージと、ガラスのみのパッケージ。国内ではdocomoショップの店員さんが貼り付けてくれるのですがもちろん今回は自分で貼り付けていきます。 開封するとこんな感じ。 これがUV LED Lamp。これをスマホとガラスの間に流し込んだ液体シリコンに照射し固めるわけですね。 貼り付け作業 貼り付けていきます。 作業の際はスマートフォンの電源をオフにしましょう。 アルコールを含んだシートで指紋を落とします。ここでしっかりと落とさないと跡が残ってしまうので気をつけましょう。 指紋や汚れを落としたら専用のシールを使ってホコリを取り除きます。 付属のケースにスマートフォンをセット。 液体シリコンが横漏れしないように横の溝に専用のシートを入れます。 付属のT字のフィルムをスピーカー部分に貼り付けます。これを忘れるとスピーカーに液体シリコンが入ってしまう可能性も・・・。 必ず貼りましょう。 上からもう一つのクリアケースを載せ。上部の穴にT字のプラスチック製のプレートを挿入。上の写真にある黒いプラスチック製の部品をセットしたらあとは付属の液体シリコンを流し込み、ガラスを載せ、T字のプラスチック製のプレートを抜きます。 全体に液体が行き渡ったらUV LED Lampを照射。 行き渡る前に照射すると悲惨なことになるので気をつけてください。 貼付け後 貼付け後はこんな感じ、2.5Dディスプレイやエッジのある製品では難しかった端の部分まで完璧に吸着しており、大満足です。ガラス自体の質もよくつるつるで気持ちがいいです。 下手な保護フィルムを定期的に何枚も買うよりこれを貼ったほうがコスパが良い気がしますね。 エッジ部分、そしてセンサー類の切り抜き部分も完璧に吸着。素人の私でもこれなので経験を積まれているショップの店員さんで

Galaxy S8向けの全面吸着ガラスフィルムをレビュー

イメージ
Galaxy S8用の保護フィルムはかなりの種類がありますが、そのほとんどはエッジのせいで縁の部分しか吸着しないタイプとなっています。 いい人はそれでいいんでしょうが私は部分吸着のガラスがあまり好きでは無く、かと言って完全吸着で有名なDomeGlassはS8向けの物を日本で正式に販売しているわけではなく輸入すると割高になります。 そんな時見つけたのが AOOQ の 全面吸着ガラスフィルム です。レビューも良さげで安かったので購入しました。 パッケージも中身もおなじみの面々。 早速張りました。 気泡も無くレビューで言われていたほど貼るのは難しくはないと感じました。 本当に全面吸着なのか、貼ってみるまで疑っていましたが紛れもなく全面吸着仕様です。 残念なポイントとして、せっかく全面吸着なのに黒い枠があるためディスプレイが0.5mmほど見える範囲が削られます。普段は気になりませんがゲームや動画を見ていると若干視認性が落ちます。 またガラスが分厚い為かタッチ感度も落ちる(部分吸着ガラスほどではない)ので音ゲー等をする人は素直にDomeGlassを輸入しましょう。 以上の欠点を容認出来る人であれば満足出来る製品かと思います。 購入: 「全面吸着」Galaxy S8フィルム AOOQ 【2018年改良版】 ギャラクシー S8 フィルム 強化ガラスフィルム 日本製素材 旭硝子製 表面硬度9H 3D曲面加工 全面保護 貼り直し可 高透過率 指紋防止 気泡ゼロ 飛散防止 自動吸着 【Samsung Galaxy S8対応  ブラック】 【365日無償交換保証 】

Peel Super Thin Galaxy S8 Caseを購入してみた。

イメージ
Peelというメーカーのシンプルな薄型ケース、 Super Thin Galaxy S8 Case を購入しました。 本当に薄く、つけているのか一瞬わからないレベルです。 カメラも安物ケースのような適当感もなく、バリなどが一切ありません。マイクやセンサー類もピッタリ、完璧な設計です。 値段は張りますが、傷もつきにくく、質感もいいので出来る限りシンプルな薄型ケースがいいという方におすすめです。メーカーロゴがないのもGoodです。 ただし、画面側から落下させた場合確実に破損すると思われるのでバンカーリングなどがあると良いかもしれませんね。 もちろん日本国内への発送も行っており、関東に住んでいる私の場合購入から到着まで1週間ほどでした。 購入: Super Thin Galaxy S8 Case

Spigen Galaxy S8用スリム・アーマー CSをレビュー

イメージ
Amazon で販売されているSpigenのGalaxy S8専用ケース、スリム・アーマー CSをレビューしていきます。2017年6月18日現在評価4以上の人気製品です。 パッケージにも記載があるようにこのケースの特徴はカード類を収納できる点です。 入手したのはガンメタル。よく見るとラメが入っていてきれいです。 ここがカード入れ、手軽に開け閉め出来ますが勝手に開いてしまうことは無かったのでカードを落として噴出する心配もほとんどしなくてよいかと思われます。 クレジットカードサイズの物ならなんでも入ります。最大2枚まで入るとされています。 SuicaやPasmoを入れておけばそのまま改札を通れそうです。 カメラを厳重に守ってくれます。指紋認証を行いにくくなるかと思いましたがそんなことはなく、むしろくぼみのお陰で指紋認証をし易い気されします。 ディスプレイ部分もピッタリと守ってくれます。 唯一怖いのが、保護フィルムを貼り方によっては浮いてきてしまうのではないかなというところですがSpigen製のフィルムを使っている(使う)場合は公式の貼り方を参考にすれば大丈夫かと思います。 せっかくの高い端末、圧倒的な耐衝撃性能とカード収納ギミックを備えたスリム・アーマー CSを使って安心を手に入れませんか? 購入: Amazon

絡まない、巻ける、きしめんケーブル「Cave Type C Cable」をレビュー

イメージ
フジテレビラボ より提供していただいた、きしめんタイプのType Cケーブルをレビューしていきます。

Rock製Type-C対応モバイルバッテリー「Type C Power Bank」をレビュー

イメージ
ランジスタ技術2017年1月号で大絶賛 『SONYの3倍!!3000回使えるモバイルバッテリー』だという事が検証されました。 カタログ値よりも高い実測電池容量(SONY並みの品質とも言えます。) ANKERの半分の充電時間 1000回使える!で売っているSONYのバッテリーも90%の電池容量が維持できるのは600回程度なのに、ROCKは1500回越え Type-C対応で高速充電というRock製のモバイルバッテリーのサンプルを フジテレビラボ から提供していただいたのでレビューしていきます。 ROCK ブランドについて ROCKは、中国メーカーで、現地においては、スマートフォン周辺アクセサリーにおけるトップブランドとして認知されています。スマートフォン周辺アクセサリー販売量は現地でNo.1、創業以来5年間で7500万個を販売されています。現在海外では40ヶ国以上で販売実績があります。   引用元 特徴 出力は、5V/3AでType-Cの高速充電に対応(通常のUSBポートでも5V/2.4Aの高速充電に対応) 5000mAhでスマホ約2回分の充電が可能 3色から選べるアルミ合金製のスマートなデザイン 持ち運びに最適な9.4mmの薄さと139gの軽さを実現 素材に耐熱性に優れたABS+ポリカーボネイト混合樹脂を使用 Type-C対応が強調されているパッケージ。 背面にはRockの純正品であることを示すシールが貼られています。 バッテリー本体とMicroUSBケーブルが入っていますが、Type-C対応ケーブルは入っていない為、利用する場合は自身で準備しておく必要があります。 ポートは充電用のMicro USBが一つ、出力用の従来のUSBが一つ、入出力対応のUSB Type-Cポートが一つ。 iPhoneと比較するとかなりの薄さであることがわかる。これならポケットに入れても問題ないのではないレベル。 139gという軽さも魅力的。 給電時、本体に搭載されているランプが点灯するので、どのくらいバッテリー残量があるか確認できます。しかし、確認用のボタンなどは存在しない為やや不便かなと思います。 USB Type-Cポートは入出力対応なので別途ケーブルは必要ですが、

万能SIMケースをレビュー

イメージ
万能SIMケースのサンプルを フジテレビラボ から提供していただいたのでレビューしていきます。 カラーはゴールドとシルバーの2色展開。 5インチのNexus 5と比べるとこの通り。かなりコンパクトなことがわかります。 ケースだけでなく、変換用のアダプターが3つとSIMピンまでついてきます。 スタンダードSIMスロットが2つ。 Micro SIMスロットが2つ。 Nano SIMスロットが2つ。 SIMピンスロットが1つとなっています。 拡大してもバリが目立たず、高品質なアダプターであることがわかります。 試しに数回スマートフォンに差し入れしてみましたが、引っかかることもありません。 安物のアダプターだとスマートフォンから抜けなくなることもあるのでこのあたりしっかりしているのは安心感がありますね。 デザインもApple製品等と合わせてもおかしくない物になっていますし、1000円を切っている製品としては高水準なものになっているかと思います。名刺入れのようなデザインで持ち運びにもピッタリです。 ご購入はこちらから Yahooスマホ専門店 Amazon 楽天 Qoo10