投稿

ラベル(Xposed)が付いた投稿を表示しています

これだけは入れておきたいRootアプリまとめ

イメージ
ここで紹介するRootアプリはCyanogenMod 13上で動かしたもので、利用しているROMによっては正常に動作しない場合があるのでご注意ください。   SuperSU 制作: Chainfire 評価: 4.3 / 5段階中 価格: 無料 (2016/5/6 時点) posted by: AndroidHTML v3.1 これがないと始まらない!Root権限管理アプリ。 かなり高性能なRoot管理アプリでRoot権限を隠したり、OTAアップデート時にRoot権限を消されなくすることも可能です。   Titanium Backup ★ root 制作: Titanium Track 評価: 4.6 / 5段階中 価格: 無料 (2016/5/6 時点) posted by: AndroidHTML v3.1 Rootを取得していればきっと一度は入れたことのあるであろう王道バックアップアプリです。 Android 6.0にも対応済み。   Greenify 制作: Oasis Feng 評価: 4.4 / 5段階中 価格: 無料 (2016/5/6 時点) posted by: AndroidHTML v3.1 今やこのためにRootがほしいと思えるほどの節電アプリ、選択したアプリケーションをバックグラウンドで動かなくする「冬眠」という新しい発想で、例えばFacebookやLINEなどの無効化するのは困るが電池をとても食うアプリに対処できるようになりました。ホントにすごいアプリです。 有料版アップグレードすれば冬眠したアプリであっても通知を受けられるようになります。   Amplify Battery Extender -Root 制作: Ryan Steckler 評価: 4.2 / 5段階中 価格: 無料 (2016/5/6 時点) posted by: AndroidHTML v3.1 「Amplify」はウェイクアップやアラームの動作回数を制限して電池消費を抑えるXposedモジュールです。Greenifyと合わせて使うと鬼に金棒です。 利用にはXposedの導入が必須です。 関連記事

マテリアルデザインのXposedインストーラ「Material Design Xposed Installer」を紹介します

イメージ
マテリアルデザインを盛り込んだXposedインストーラ「Material Design Xposed Installer」が非公式に開発されていたので紹介します。

Android 5.1用Xposed FrameworkがAlpha 4にアップデート、GreenifyやXGELSなどのモジュールが動作可能に

イメージ
Android 5.1用のXposed FrameworkがAlpha 4に更新されました。 このアップデートによって、Greenify、Xposed GEL Settings、AmplifyなどAndroid 5.1では使用できなかったりブートループになってしまっていたXposedモジュールが使用できるようになりました。

Lollipop対応版Xposed 3.0のAlpha 4がリリース

イメージ
Lollipop対応版Xposed 3.0のAlpha 4がリリースされました。 先日Alpha 3が出たばかり だったと思いますが更新頻度が高いですね。 今回のアップデートではSONYデバイスでのエラーやクラッシュの修正がメインとのこと。 アップデートされたのはFramework(xposed-sdk21-arm-20150430.zip)の部分でアプリの表記はXposedInstaller_3.0-alpha2.apkのままになっています。 なのでアップデートする際は新しいFrameworkのみをカスタムリカバリー等でフラッシュすれば良さそうですね。 ブートループの可能性も考慮してバックアップをとってから行うことをおすすめします。 情報元: xda-developers XDA Community Apps Xposed General [OFFICIAL] Xposed for Lollipop  Post #9

Lollipop対応版Xposed 3.0のAlpha 3がリリース

イメージ
Lollipop対応版Xposed 3.0のAlpha 3がリリースされました。 Alpha 4 がリリースされています。 アップデートされたのはFramework(xposed-sdk21-arm-20150426.zip)の部分でアプリの表記はXposedInstaller_3.0-alpha2.apkのままになっています。 なのでアップデートする際は新しいFrameworkのみをフラッシュすれば良さそうですね。 ブートループの可能性も考慮してバックアップをとってから行うことをおすすめします。 情報元: XDA Post ダウンロード: [OFFICIAL] Xposed for Lollipop

Android 5.1対応の非公式版Xposedで動作可能なモジュール一覧(2015/4/11更新)

イメージ
Android 5.1 Lollipopに対応した非公式版Xposedが先行してリリースされましたが、Android 5.0.*用のモジュールがそのまますべて動いているわけではないので、こちらの一覧から確認してからXposedモジュールをインストールすることを推奨します。

Android 5.1 Lollipopに対応した非公式版Xposedがリリース

イメージ
Android 5.1 Lollipopへの対応が保留中のXposedですが、非公式ながらAndroid 5.1 Lollipopに対応したXposed Frameworkが先行してリリースされました。

GravityBox 5.0.3 Alphaがリリース、Motorolaデバイスとの互換性を向上

イメージ
人気のXposedモジュールであるGravityBoxの対応版のAlphaチャンネルがアップデートされ、GravityBox 5.0.3 Alphaがリリースされました。 Motorola Moto G デュアルSIM版デバイス(および他のMotorolaデバイスの互換性の向上)に加え、多くの重要な修正があったようです。 変更履歴 Motorola MotoGデュアルSIM版のサポート向上 クイック設定の更新 BatteryBarの動作改善 電話関連の不具合修正 通知制御の機能強化及び不具合修正 低バッテリー警告の改良されたオプション ナビゲーションバーのカーソル制御キーの処理を改善する Motorola端末との全体的な互換性の向上 日本語訳の更新 フランス語訳の更新 ハンガリー語訳の更新 中国語(簡体字)訳の更新 ポルトガル語訳の更新 ロシア訳の更新 中国語(繁体字)訳の更新 マレー語訳の更新 完全な変更履歴は こちら Alpha版なので予期せぬ不具合が発生する可能性があります。 XDA: [APP][LP][XPOSED] GravityBox v5.0.3alpha - tweak box for Android 5 [14/03/2015]

Xposedで人気のモジュール、GravityBoxがLollipopをサポート

イメージ
Xposedで人気のモジュールであるGravityBoxがLollipopをサポートしました。 GravityBoxはロック画面からステータスバー、パイの設定まで行えるいわゆる全部入り系のモジュールですが、そんなGravityBoxがついにLollipopでも利用可能となったんですね。 主な特徴 QuickSettingsタイルの管理 CyanogenModでのパイコントロール 拡張デスクトップ ロック画面のカスタム ステータスバーのカスタム ナビゲーションバーのカスタム パワーのカスタム ディスプレイのカスタム メディアのカスタム ハードウェアキーのカスタム ダイヤラのカスタム ランチャーのカスタム 画面の録画 スマートラジオ 通知の制御 @cyanosmod うん。使わないほうがいい pic.twitter.com/9MiwqWfJUi — ろう.dmg (@Reflex_3820) 2015, 2月 23 Xposedそのものがアルファ版ということもあり、かなり不安定なようです。 経由: GravityBox Makes Massive Return to Lollipop / XDA ダウンロード: GravityBox [LP]

Android 5.0で利用可能なXposedモジュール、Lollipop Power Menuの紹介

イメージ
Android 5.0 Lollipopで利用可能なXposedのアルファ版 がつい最近リリースされましたが、ちらほらとAndroid 5.0以降専用のXposedモジュールも出てきました。 今回はその中の一つ、 Lollipop Power Menu を紹介します。 その名の通り、電源メニューをカスタマイズ可能なXposedモジュールです。 Android 5.0は標準だと電源メニューから機内モードに設定したりスクリーンショットを取ることができませんが、このモジュールを導入することでそれが可能になります。 有効化されるメニュー シャットダウン 機内モード サイレントモード ユーザースイッチ 設定 画面ロック 設定を変更後再起動することで適応されます。 ダウンロード: http://repo.xposed.info/module/com.pyler.lollipoppowermenu 関連記事: Xposed for Lollipopがついにリリース、Android 5.0以降でもXposedが利用可能に

Xposed for Lollipopがついにリリース、Android 5.0以降でもXposedが利用可能に

イメージ
Android 5.0に対応したXposedがついにリリースされました。 現行のバージョンはXposedInstaller_3.0-alpha1で、安定バージョンではありません。

Xposed開発者がAndroid 5.0 Lollipop(ART)対応について言及、正式版Android 5.0リリースから一ヶ月は対応の見込み無し

イメージ
Xposedの開発者rovo89がXposedのAndroid 5.0対応について言及しました。

CyanogenMod 11に通話録音機能を追加するXposedモジュール「EnableCMCallRecording」

イメージ
8月14日からのCyanogenMod 11 Nightlyビルドに通話録音機能が追加されていたことがわかりました。 しかし、通話の録音を法律で禁止している国があるなどの理由から、ほとんどすべての機種でこの機能は利用できないように制限されています。 この機能を解放するには、Xposedモジュールをインストールする必要があります。 Xposed installerのダウンロードで「call recording」と検索して、「RecEnabler」または「EnableCMCallRecording」をインストールしてください。機能的にはどちらもまったく同じものです。 通話録音機能を有効にすると、通話画面の右下に録音ボタンが表示されるようになり、録音を開始すると録音時間が中央に大きく表示されます。 録音した通話は通話履歴から再生することができます。 ただし、通話履歴から録音した通話を削除することはできないので、任意のファイラーを使って削除する必要があります。 相手の声は、自分の携帯電話のスピーカーから出る音をマイクで拾ったものを録音しているので音量は小さく音質も良くありませんが、何とか聞き取ることはできます。 これはセキュリティの理由で、Androidには通話の音を直接録音できない制限があるためです。 このため騒音環境下での録音は難しいので、あくまで簡易的な録音機能であるということを心に留めておく必要があります。 関連記事:  CyanogenModアップデート後もXposedフレームワークを維持する方法

CyanogenModアップデート後もXposedフレームワークを維持する方法

イメージ
XposedフレームワークはAndroidの見た目や操作性を簡単に変更できるので、CyanogenModと組み合わせて使用している方も多いと思います。 しかし、CyanogenModのアップデートを適用するとXposedの動作に必要なapp_processというファイルが削除されてしまうため、再びapp_processを手動でインストールしなおす必要があります。 おおよそ月一回のペースでリリースされているMシリーズのアップデートのみを適用している場合には大した問題になりませんが、毎日リリースされるナイトリーを適用している場合はアップデートするたびに必ずこの作業をする必要があるので大変面倒です。 そこで、CyanogenModアップデート後もapp_processを維持する方法をご紹介します。 まず、ファイラーを用意してください。 個人的にはRoot Browserがオススメですが、root権限で使用できるものであれば何でも大丈夫です。 Root Browser 制作: JRummy Apps Inc. 価格: 無料 平均評価: 4.2(合計 49,678 件) posted by: AndroidHTML v2.3 続いて、 xda-developers から「90-xposed.sh.txt」をダウンロードしてください。 ダウンロードした「90-xposed.sh.txt」の名前を「90-xposed.sh」に変更してください。 「90-xposed.sh」を/system/addon.dにコピーして、パーミッションを0755(rwxr-xr-x)に設定してください。 これでCyanogenModアップデート後もXposedフレームワークが維持されるようになるはずです。 情報元: xda-developers