Android 5.1用Xposed FrameworkがAlpha 4にアップデート、GreenifyやXGELSなどのモジュールが動作可能に


Android 5.1用のXposed FrameworkがAlpha 4に更新されました。
このアップデートによって、Greenify、Xposed GEL Settings、AmplifyなどAndroid 5.1では使用できなかったりブートループになってしまっていたXposedモジュールが使用できるようになりました。

私の環境では以下のモジュールがAndroid 5.1(CyanogenMod 12.1)で動作することを確認しています。

  • Amplify
  • Back as Exit for Tapatalk
  • Force Fast Scroll
  • Greenify
  • Lolistat
  • MinMinGuard
  • Notification Count
  • Statusbar download progress
  • VolumeSteps+
  • XGPM
  • XHangouts
  • Xposed GEL Settings
  • YouTube AdAway

Xposed for Android 5.1 Alpha 4は「[ALPHA] [UNOFFICIAL] Xposed for Android 5.1 - API v64 / Alpha 4 / 20150514」からダウンロードすることができます。
32ビット端末であればarm、64ビット端末(HTC One M9、Nexus 9など)であればarm64の方をダウンロードして下さい。

Xposedの互換性を確保するために、CyanogenMod 12に留まっていた方はこの機会にCyanogenMod 12.1へアップデートしてみてはいかがでしょうか?

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】