Xposed for Lollipopがついにリリース、Android 5.0以降でもXposedが利用可能に



Android 5.0に対応したXposedがついにリリースされました。

現行のバージョンはXposedInstaller_3.0-alpha1で、安定バージョンではありません。



また、現在のビルドではXposedInstallerアプリ単体でフレームワークのインストールができず、カスタムリカバリーからxposed-arm-20150213b.zipをフラッシュする必要があります。

更に、SAMSUNGの公式ROMに導入しようとするとブートループしてしまうことが確認されており、この他にもXposedを導入後システム全体の安定性の低下や、利用するモジュールによってはアプリの表示がおかしくなったり、表示速度が遅くなることも確認されています。

なので現在公開されているアルファビルドを利用する方はCWMやTWRP等でしっかりとROMのバックアップをとってから導入しましょう。


関連記事:XposedはAndroid 5.0.2 Lollipopで既に動作可能、開発者rovo89本人が画像を投稿
経由:Xposed Framework For Lollipop Is Now Available As An Alpha / ANDROID POLICE
情報元:[OFFICIAL] Xposed for Lollipop / XDA

このブログの人気の投稿

Androidで快適なニコニコ動画再生アプリ「nicoid」の紹介