GALAXYアンバサダープログラムでGALAXY S5 ACTIVEをお借りしました【到着&外見編】


GALAXYアンバサダープログラム二度目の参加です、今回はGALAXY S5 ACTIVE SC-02Gをお借りすることが出来ました。

ゴツゴツのスマホを利用するのはIS11CA以来なので、実はとても楽しみにしていました。


小さめのダンボールで送られてきました、前回お借りしたGALAXY Tab S 10.5のダンボールよりかなりコンパクトです。


中にはスマキ状態のGALAXY S5 ACTIVEとUSBケーブルが入っていました。USBケーブルは結構適当に突っ込まれている感じが・・・



GALAXY S5 ACTIVE本体です。気泡緩衝材通称プチプチで二重に包装はされていましたが化粧箱がないのが少し不安ですね。とはいえACTIVE、打たれ強いのが売りですからたかが宅配程度では壊れないということでしょうか(笑)


まずディスプレイ面。フレームが盛り上がっているので落下してもディスプレイが割れるのを防いでくれるんですね。
ACTIVEを初めて触って思ったのは「思っていたより物理ボタンに高級感がある」ということです。とっても失礼な言い方ですが、ACTIVEはどうせとってつけたようなデザインの物理キーなんだろうと勝手に思っていたので結構衝撃的でした。


よく見るとボタン一つ一つ、デザインに凝ったアイコンが描かれているんですね。
なんとなく車をイメージさせる気がします。


ディスプレイ側からみて右面です、電源ボタンが一つだけあるというシンプルな作りとなっています。
電源ボタンの作りが歴代のGalaxyシリーズと比べるとしっかり押した感があるものになっています。


上からアクティブキー、音量ボタンがついています。
アクティブキーは、コンパスや気圧計などアウトドアに便利な機能「アクティビティゾーン」を簡単に呼び出せる便利なボタンらしいですが、詳しくはまた別の機会に。
アクティブキーと音量ボタンも電源ボタン同様とっても押しやすいです。私は音楽をスマートフォンで聞くことが多いので音量ボタンが押しやすいのはかなり便利そうです。
ただポケットに入れていると勝手に音量ボタンを押してしまわないかなと少し心配ですね。


上部はイヤホンジャックとマイク、それと赤外線センサのみです、ディスプレイ四隅に当たる部分が肉厚になっているので落としても割れにくそうですね。


画面下部はUSBポートとマイクがあります。イヤホンジャックがキャップレス防水なのになんでUSBポートはキャップレスじゃないんだ!と発狂しかけそうでしたが、これは仕様なのだから仕方ないと諦めました。
USBポートに対する防水コーティングは何度もUSBを指抜きすることで剥げてしまう場合があるそうなので、そういう部分も考慮してキャップ付き防水なんでしょうかね。


開けるとこのような感じ、思ったより硬いのでUSBを多様する人は少しイライラするかもしれません。モニターで借りている身としてはキャップが壊れないかヒヤヒヤします・・・


裏面はめちゃめちゃかっこいいですね。四隅はボルトで止まっているかのようなデザイン(実際にはボルトではありません)で男心をくすぐります。


1600万画素のカメラもメカメカしくてかっこいいです。


蓋が簡単に開きバッテリーやSIMスロット、SDカードスロットにアクセス可能な今では珍しい機種の一つです。
本体のストレージは16GBですが、SDカードで最大128GBの拡張が可能です。
蓋を外したあとはしっかり付け直さないと防水性能を発揮しないのでご注意下さい。

ということで外見などの紹介はこの辺りでおしまいです!
これからACTIVEを使い込んでみてその後ソフトウェアなどについてまとめていこうと思います。

このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース