SONY端末でCM12を利用しているユーザーは一度手動でboot.imgをフラッシュしましょう


CyanogenModの公式ブログによると、20150214ビルドのCyanogenMod 12に含まれるBusyBoxの更新を行うために一度、手動でboot.imgをフラッシュしなければならないそうです。

方法は2月14日ビルドのCM12をダウンロードし、zipファイルを解凍し中のboot.imgをFASTBOOTを利用しフラッシュします。
コマンド
fastboot flash boot boot.img
一度これを実行した後は今まで通りCMアップデート機能で自動的に更新できるようになるそうです。(14日のビルドに限らず14日以降のCM12内のboot.imgなら何日のものでも問題無いと思います)

私の推測ですが、おそらくCMベースの他のカスタムROMを利用している場合もこのboot.imgをフラッシュしないとBusyBoxの更新が行われないかと思います。

 この操作によりデータが消えたりすることはないのでSONY端末でCM12やCMベースのROMを実行しているユーザーは導入しましょう。

情報元:Public Service Announcement: Sony CM12 users / CyanogenMod Blog

このブログの人気の投稿

Androidで快適なニコニコ動画再生アプリ「nicoid」の紹介