Android 5.1 Lollipopに対応した非公式版Xposedがリリース

Android 5.1 Lollipopへの対応が保留中のXposedですが、非公式ながらAndroid 5.1 Lollipopに対応したXposed Frameworkが先行してリリースされました。

Android 5.1 LollipopにXposedを導入するには、まず[SUPER ALPHA] [UNOFFICIAL] ...but posted with permission. Xposed for Android 5.1 / xda-developersからxposed-arm-*-5.1.zipをダウンロードしてリカバリーからインストールしてください。

Xposedモジュールを管理する「Xposed Installer」については本家のものをそのまま使用するので、[OFFICIAL] Xposed for LollipopからXposedInstaller_3.0-alpha*.apkをダウンロードしてインストールしてください。

試しにCyanogenMod 12.1にMinMinGuardをインストールしてみたところ、正常に動作することが確認できました。ただし、Gravity Box [LP]をインストールしてみたところ、再起動後にブートロゴで動かなくなってしまいました。すべてのAndroid 5.0.*対応のモジュールがそのまま動くというわけではないようなので注意が必要です。
このような互換性の理由から、Android 5.0.*から5.1にアップデートしてXposedを利用する方はXposed Installerでモジュールをすべて無効にした状態でアップデートすることが推奨されています。

情報元: [SUPER ALPHA] [UNOFFICIAL] ...but posted with permission. Xposed for Android 5.1 / xda-developers

このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース