投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

auショップでQuick Charge 3.0に対応したHTC 急速充電 ACアダプタを購入してみる

イメージ
HTC 10は Quick Charge 3.0 に対応しており、Quick Charge 3.0に対応したHTC 急速充電 ACアダプタも付属しているのですが 私が購入したHTC 10 M10h(香港版) には日本国内で利用出来ないタイプのACアダプタが付属していました。 しかし、そこは純正品を使いたいなと思っていた所、HTC速報さんが次のような記事を書いていました。 au 「HTC 10 HTV32」で同梱されている”HTC 急速充電 ACアダプタ”を単体購入してみた | HTC速報 これは購入する他無いだろうと思い早速auショップへ。 店員さん「いらっしゃいませ」 ぼく「HTC純正の急速充電器売ってますか?」 店員さん「現在は取り扱ってないですね」 ぼく(まじか) と、その時商品コードの存在を思い出し店員さんに伝えました。 #HTV32 #HTC10 に同梱されているQuickCharge 3.0対応ACアダプターを店舗で買いました! 別売りしてる事を知らないスタッフが多いですが、商品コード 79H00147 で調べて貰うと買えますよ! pic.twitter.com/GK8TsMnxHy — HTC速報 (@HTCsoku) 2016年6月17日 店員さん「あ、ありました。ケーブルとセットでの販売になりますがよろしいですか?またお店に在庫がないのでお取り寄せになります。」 ぼく「わかりました」 店員さん「お会計2916円になります」 ということで現金で支払いを行い無事購入しました。 5日程で店舗に届くらしいので届き次第受け取りに行こうと思います。 追記 無事入手出来ました!

HTCの魅力がこれでもかと詰まったHTC 10を開封!

イメージ
HTC史上最強のカメラ、音質、パフォーマンスを兼ね備えたHTCのフラグシップモデル、HTC 10を手に入れたので開封レビューしていきます。 購入したのは Expansys で販売されているHTC 10 M10h Nimbus Cloudです。 HTC 10はmicroSDカードを内部ストレージとして扱うことも可能なので64GBではなく32GBを選択しました。 Android 6.0 marshmallowではmicroSDカードを内部ストレージとしてフォーマットできる – Dream Seed HTC 10 M10h (Unlocked, 32GB, Nimbus Cloud)キャンペーン & スペシャルオファー - EXPANSYS 日本 Expansysで購入から3日で到着。 パッケージはお馴染みのお弁当箱型です。 開封するとすぐにHTC 10とご対面。 本体の下にはSIMピンとハイレゾ対応イヤホン、QuickCharge 3.0対応充電器、USB Type-Cケーブルが入っています。内容物が充実していてお得感があります。 今回購入したモデルは香港版なので充電器の形状が日本で使えないタイプです。 前面はGalaxyシリーズのような見た目になり、背面デザインは男心を擽るダイヤモンドカットです。ですが、見た目よりもホールドしやすく持ちやすいので女性にもおすすめできるのではないかと思います。 これからじっくり触っていこうと思います。 参考 HTC 香港 関連 auショップでQuick Charge 3.0に対応したHTC 急速充電 ACアダプタを購入してみる | さいあの!

ドーナツ型電源タップ「MOGICS Power Donut&Bagel」をレビュー

イメージ
小型でコンセント4口とUSBポート2口を搭載していて外出時に役立ちそうな、ドーナツのような形状の電源タップが「MOGICS Power Donut & Bagel」です。 Kickstarterで出資を募っており、無事製品化され手元に届いたのでレビューしていきます。 MOGICS Power Donut & Bagel - Share the Power, Save the Space by MOGICS — Kickstarter これがMOGICS Power Donut&Bagelのパッケージ。 中身はMOGICS Power Donut&Bagel本体が一つと変換器、取扱説明書の3点。 取扱説明書には意外なことに日本語での記載もありました。 私はホワイトモデルを購入しました。 大きさをわかりやすくiPhone 5cと比較、手のひらサイズですね。 開くと結構ゴツゴツしたデザインであることがわかります。 ケースを外すと本当にコンパクト、この小さな筐体に様々なギミックが詰まっています。 ケーブルが内蔵されており、その長さは93cmです。 真ん中の部分は実はオプション品であり、取り外しも可能です。 取り外したパーツにもギミックが隠されています。 このように変形させ、他の形状のコンセントに指すことも可能になるというわけです。 旅行などで大活躍しそうなMOGICS Power Donut&Bagelは既に商品化され、US$49.0で販売されています。 Mogics │ Moving Magic

Galaxy S7 edgeにピッタリのSDSバイオニックコートを試してみる

イメージ
Galaxy/S7 edgeの様に湾曲しているディスプレイへ保護フィルムを貼るのは難しく、悩んでいた所、フジテレビラボ様よりスマホ・コーティング剤 SDSバイオニックコートを提供していただいたので紹介していきます。 フジテレビラボ LLC|トップ このコーティングセットの説明によると撥水と耐衝撃と防塵効果が期待出来るみたいです。 Bionic Coat液剤とコーティングクロス、ファインクロスが入っています。 使い方 画面の汚れを落とす 画面の水分を拭き取り乾燥させておく Bionic Coat液剤を数滴垂らしコーティングクロスで全面に伸ばし5秒ほど待つ ファインクロスで拭き取る 2-3分放置して完了 私が知っているコーティング剤は大抵数十時間放置しないといけないものばかりなのですがこおバイオニックコートは数分で良いようですね。 いざバイオニックコート 早速Galaxy S7にコーティングしていきます。 裏面もガラスなのでコーティング。かなりたっぷりと塗りました。 コーティングが完了したS7、見た目こそ差はありませんが触ると画面がつるつるで気持ちが良いです。 背面はカメラ部分もしっかりコーティングしました。これでカメラにキスがつくかも、という心配を減らせそうですね。 背面もコーティングでつるつるになり本当にさわり心地が良くなりました。 iPhone 5cにもコーティングしてみた コーティング剤がかなり余ったのでiPhoneにもコーティングしました。 端末3台分くらいはありそうです。 スクラッチテスト スクラッチテストを行っても傷はつかなかったのである程度の強化は期待できそうですね。 ただし落下に対する衝撃には耐えられないかもしれないのでその辺りはケースで補いましょう。 その点を考えてもこのSDSバイオニックコートはS7 edgeなどの湾曲しているデバイスの保護アイテムとしてはかなり優秀なのではないかと思います。S7 edgeの保護フィルムで悩んでいる方はこのSDSバイオニックコートを選んでみるのも良いかもしれません。 SDSバイオニックコート購入 【期間限定特別価格!!】スマホ・コーティング剤/SDSバイオニ :sds-1:フジテレビラボ