投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの保険まとめ

イメージ
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに付帯している保険内容をまとめます。

不正プロテクション 不正使用による損害を補償してくれるスタンダードで必須の保険。
アメックスでは、不審なカード取引を早期に探知するために、不正使用を探知するシステムを導入し、世界中の加盟店において、カードご利用状況を見守っているそうです。
不正使用が発覚するとすぐさま新しく安全なカード番号を再発行するなどの対応を無料で行ってくれます。不正使用と判明したカード取引については、アメックスが補償してくれるのでカード会員に支払い義務は生じません。
アメックスは他社と比較しこの不正プロテクションサービスがきめ細かく対応も早いと評判です。

カード再発行 万一の際も即対応「カード紛失・盗難の場合の再発行」
万一カードの紛失、盗難に遭ってしまった際も、無料で新しいカードを発行してくれます。不正プロテクション同様、必須の保険ですがアメックスカードにはしっかり付帯しています。
至急カードが必要な場合、「緊急仮カード」を発行してくれるケースもあるそうです。

本人認証サービス「American Express SafeKey®」 ワンタイムパスワードにより本人認証を行うサービスです。
万一、第三者が不正に買物をしようとしても、ワンタイムパスワードによる本人認証が必要となるため、カードの不正使用を防止できます。しかし、これは利用するオンラインストアの対応が必要なので非対応のオンラインストアでは利用不可となっています。

オンライン・プロテクション 万一、第三者によるインターネット上での不正使用と判明したカード取引については、アメックスが保証してくれるオンライン・プロテクション。
不正プロテクションと内容としては被っている気もしますがアメックスは別の保険として取り扱っているようです。何れにせよ、不正利用の場合会員に支払い義務は生じないというわけですね。

ショッピング・プロテクション® 万一商品が壊れても、アメックスなら心配はご無用です。
国内、海外を問わずアメリカン・エキスプレスのカードで購入した商品について、破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、年間最高500万円まで補償してくれます。免責金額:1事故につき1万円という条件がありますが、年間500万円分の保証は大きいですよね。高額な製品は絶対にアメックスで…

Fossil スマートウォッチの知的財産を Google に売却

米国のカジュアルウォッチブランドのFossilは、スマートウォッチの技術に関連する4000万ドルの知的財産をGoogleに売却すると発表しました。
今後Fossilの研究開発チームの一部がGoogleに参加すると発表されています。今すぐにとは行かないと思いますが近い将来Pixel系列のスマートウォッチ登場も期待できますね。

Fossilといえば、昨年の11月、Snapdragon Wear 3100搭載のFossil Sport Smartwatchを発表し、将来的に「Google Pay」をサポートするともしていました。今後の2社の動きから目が離せませんね。

FOSSIL GROUP ENTERS AGREEMENT TO SELL SELECT SMARTWATCH TECHNOLOGY TO GOOGLE

劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 Ⅱ.lost butterflyの感想【ネタバレあり】

イメージ
劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 Ⅱ.lost butterflyを公開初日の2019/01/12に見てきました。
ネタバレありの感想を書いていこうと思いますのでまだ見ていない方はこの先は絶対に見ないでください。

2019 年おすすめ Android アプリまとめ【 2019/01/16 更新】

イメージ
2019 年、Android デバイスにインストールすべき必須アプリを無料有料どちらも合わせてご紹介します。

ミニマリストな私の持ち歩いている物を公開します

イメージ
ミニマリスト生活初心者の私です。

日常的に持ち運ぶものを少なく、スマートにするよう心がけています。
実際出かける時もほとんど荷物を持ち歩かず、では一体何を持っているの?と聞かれる事があるのでここに書いていきます。

スマートフォン Pixel 3 XL スマホは必須アイテムですね。これがあればメモもペンもカメラもいらない。かも。
現在使用しているのはGoogleのPixel 3 XLです。シンプルで好き。
Google Store

財布 Aki KISETSUというメーカーのAkiという薄い財布を使っています。トップの画像です。
RFIDブロック機能も搭載されているのでセキュアです。
支払いは基本カードやおサイフケータイを使うので、数千円程度しか持ち歩きません。
小銭もたくさんは入らないので、半ば強制的にキャッシュレス生活を強いてくるストイックな財布です。完全に小銭を使わないならマネークリップでもいいかも・・・?
このメーカーの最新の財布「Kaizen」が届いたらそっちに乗り換え予定。
KISETSU

カード類 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 所有欲を満たしてくれるのと財布に入れておく安心感がある不思議なカードです。
基本これで支払いを行っています。
Priority Pass 人生、いつ何が起きるかわからないからそっと財布に忍ばせる・・・。そういうこともあるんじゃないかと思います。
免許証 あんまり運転してないですが、身分証として持ち歩き。
保険証 出先で何があるかわかりません。念の為。
ゆうちょ銀行ICキャッシュカード 念の為入っています。引き出すことより預け入れに使うことが多いかも。春にゆうちょから三菱UFJ銀行に乗り換え予定。 MUFG三菱UFJ銀行キャッシュカード 春に乗り換え予定の三菱UFJ銀行キャッシュカード。春にこちらに一本化予定。
真っ赤でラメの入った券面がお気に入り。

以上計6枚のカードを持ち歩き。
普段はこれ以外は一切持ち歩きません。ポイントカード類も基本家においておき、必要な時だけ持ち出しています。
後は現地調達です。

番外編 MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014) 本当に必要なときだけ持ち歩いていますが重くて、辛い。
Pixel Slateへ乗り換えを検討中。
RHINE フラット・バックパ…

Google Pixel 3 XLをレビュー

イメージ
Google製のスマートフォン、Google Pixel 3 XLを購入したので開封とレビューを執り行っていきます。

実は既にPixel 3を購入していたのですが、個人的にもっと大きいサイズのスマートフォンが欲しかったのでPixel 3 XLを追加購入しました。
スペックとか付属品とかは公式サイトが一番わかりやすくおしゃれなのでそちらを参照してください。

パッケージ Pixel 3 XLの背面が強調されたデザインのパッケージ。

Pixel 3とPixel 3 XLのパッケージサイズはほぼ同じです。

デザイン 個人的にめちゃくちゃ良いと思っています。ブレブレのGoogleにしてはPixelシリーズで統一されたハードウェアデザインが生まれていると感じています。他のPixelシリーズもどんどん日本に投入してほしいです。
中身のAndroid 9も洗練されています。

ハードウェアボタン Pixel 3のClearly Whiteではボタンにカラフルな着色が施されています。こういう遊び心が好きですねぇ。良いアクセントになっていると思います。
押し心地は結構硬めですね。(Galaxy比)

動作 勿論軽快。メモリは少ないが特に困ることはなさそう。
アニメーションが適度に入り、触るのが楽しいです。

カメラ 散々絶賛されてますが、確かに素人目線で見てもきれいに取れていると思います。
気軽にきれいにそれっぽく撮れるのがスマホカメラに求めるものだと私は思っており、本機はそれをそつなくこなしてくれていると思います。
また、カメラで撮影した画像や動画をクラウドにほぼ無制限(詳しくはググってください)にバックアップ出来るので、ストレージを気にせず撮影ができます。

ノッチ でかい。かなり邪魔ににえますが使ってみると意外と気にならないです。まぁ、ノッチのせいで「あ、それiPhoneの新しいやつだ」とか言われてちょっと複雑なお気持ちになりましたが・・・。
FGOをプレイするとノッチは消えるのでプレイの邪魔になることもありません。それ以外のゲームはやってないので推測ですが殆どのゲームで同じ挙動をするかと思います。
Pixel 3 XLのノッチはFGOやってるときは完全に消滅する。 pic.twitter.com/eyk1inUDpy — せー (@CyanosMod) 2019年1月6日 また、ノ…

キャッシュレス生活を初めて1年。感想など。

イメージ
あけましておめでとうございます。
2019年1月を以て、キャッシュレス生活が1年経過しました。

と言っても、今まで現金で支払っていた部分を可能な限りクレジットカード支払いやおサイフケータイでの支払いにしただけの話ですが・・・。

良かったこと サイフから小銭が消えました。念の為数千円だけ持ち歩いてはいますが、高額紙幣も持ち歩いていないので気が楽です。
また、現金を用意する手間が省けるのでお買い物がスムーズです。ポイントも現金支払をしていたときと比較し、もりもり貯まるようになりました。
毎月のクレカ請求≒毎月の出費なので、自分が今どれくらい使っているのか把握しやすくなります。

不便だったこと 現金しか取り扱ってないお店にあまり行かなくなりました。
どうしても現金決済をしないといけない時、会計後お釣りを受け取るのが億劫な上に、財布に小銭が増えるのが不快に感じるようなってしまいました。

2019年は・・・ 今年はせっかくアメックスを取得したので決済を更に集中させてプラチナ獲得を狙っていきたいです。

これから搭乗手続きするお! ワイのクレカを見てクレメンス。|ぱくたそフリー素材 https://www.pakutaso.com/20180518137post-16204.html