投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

Xiaomiのデュアルドライバーイヤホン「Mi In-Ear Headphones Pro」をレビュー

イメージ
GearBest からMi In-Ear Headphones Proのサンプルが送られてきたのでレビューしていきます。 Mi Global Home Emotive detail in-between layers of a song are often lost when you use headphones with either a dynamic or balanced armature driver. In attempt to create a more precise listening experience, we placed two drivers into one single set of headphones. This produces a sound clarity across a wider audio range.  ダイナミック型とバランスドアーマチュア型の2つのドライバが搭載されているのが本製品の特徴です。 知ってる?ダイナミック型とBA型はどう違うの? - 旧ヘッドバンク どもう。すぎやまです。 最近はPHONONのヘッドホンで音楽を聴いてるわけですが、やっぱりダイナミック型って良いですね。音域が広い。 ところで、ヘッドホンやイヤホンにおける「ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の違い」ってちゃんと分かってますか? え?ワタクシ?そ、そりゃ、ももも、もちろん分かってますとも。。。 ...  高価なバランスドアーマチュア型ドライバが採用されていますが、GearBestでは2千円ちょっとで販売されています。 中身はXiaomiらしくかなりシンプル。 感動したのが、イヤホン本体を引っ張るだけで取り出せたことです。大抵のイヤホンは開封に手こずるのですがこれはいいですね。 さて、このイヤホンですが低価格とは思えないほどかっこいい。 コスパの良いとされるイヤホンはやはりどこか安っぽさがあるのですが、Mi In-Ear Headphones Proにはそれが感じられません。 写真では伝えにくいのですがヘアライン加工とスピン加工が加えられているのも、安っぽさを感じさせないポイントでしょう。 また、ナイロンケーブルも採用されているのでケーブルが絡まりにくいのも特徴です。iFデザ

Jayfiのカナル型イヤホン、JA40をレビュー

イメージ
Jayfiからカナル型イヤホン JA40 を提供していただいたのでレビューしていきます。 Jayfiは音響機器の代理店として、ユーザーにさらなる良いものを届けるという企業理念に基づき、数あるメーカーから商品を厳選し、ユーザーに届けさせていただきます。 販売だけでなく、販売商品に関する問い合わせ、アフターサービスも万全していく体制なので、お客様に信頼していただけるように努めていきたく存知上げます。 Jayfi公式Twitterより引用 Jayfi製品は初めてなのですが、なかなかおしゃれなデザインではないでしょうか。 横に引き出すタイプのパッケージ。 開封して最初にイヤホンが見えるのはいいですね。カラーはブラックとレッドの2色で、今回はブラックモデルを頂いています。 イヤホン本体、専用の袋、イヤーピースの予備、取扱説明書が入っていました。 イヤホンは一見安っぽく見えますが耳にはめるとずっしりとした重量感があり、満足度は高いです。 指紋がつきやすいので気になる人はいるかもしれません。 ストレート型のケーブルで長さは1.2m。使いやすいちょうどいい長さだと感じます。ただし、ケーブルが少し絡みやすいのでしまう際は何か対策が必要かもしれません。 ケーブルの拡大図 マイクとコントローラーが付いているので電話を受け、そのまま通話可能です。 ちなみに音楽再生時は1回押すと再生/停止、2回押すと次の曲へ、3回押すと前の曲に戻るそうです。 HTC 10 + Google Play Musicの組み合わせの場合残念ながら3回押しがうまく効きませんでした。iPhoneでは問題なく動作します。 音は低音よりと言った感じ。イヤホンの見た目とは異なりガンガンかき鳴らしてくれます。逆に中高音には少し弱いかもしれません。 フィット感もかなり良く、多少動く程度では外れないです。 スマートフォン用のイヤホンとしてはなかなかいい製品に仕上がっていると思います。 購入: Amazon

SanDisk Extreme Pro UHS-I(U3)対応microSDカードを購入しました

イメージ
microSDを内蔵ストレージとして扱うことができるHTC 10ですが、推奨されるUHS-I(U3)カードを持っていなかったのでAmazonで購入しました。 HTC 10 HTV32 - はじめに - FAQ - サポートセクション | HTC 日本 HTC サポートセンターは FAQ の回答と初心者向けの情報を提供します SDカードに最速のU3クラス追加、書き込み30MB/秒保証で4K録画に対応 - Engadget Japanese SDカードの規格を策定するSDアソシエーションが、新たな速度規格 UHSスピードクラス3 (U3) の追加を発表しました。U3カードは最低30MB/秒の連続書込みに対応し、4K2K動画撮影などに利用できます。 購入したのは SanDisk Extreme Pro UHS-I(U3)対応microSDカード です。 Transcendの Transcend microSDカード と悩みましたが、最終的にSanDiskの製品に決めました。 SanDisk Extreme Proが金文字で記載されていてシリーズ最上位の製品であることがひと目でわかります。 「書き込み90MB/秒・読み出し95MB/秒」を実現した、UHS-Iクラス3対応製品ということが全面に押し出されています。 カードそのものも高級感ただようデザインになっています。 早速HTC 10に挿入し、内部ストレージとしてフォーマットしました。 「SDカードの速度が遅い」という注意文の表示もなく安心しました。 UHS-I(U3)対応は伊達じゃないですね。 また、アプリをmicroSDカードに転送するのもとても早くなりました。 今までSamsungの microSDHC 32GB PLUS を使っていたのですが毎回転送に数十秒かかっていたのにExtreme Proでは数秒です。 データ復旧ソフト「レスキュープロ・デラックス」無料利用(1年間)がついてくるのも魅力です。万が一データが消えてしまってもかなり高い確率で復元できます。 ヨドバシカメラ などで売られている国内正規版は10,000円以上という価格設定ですが、Amazonで売られている海外版であれば半額以下の値段で購入できます。(2016/09/19

iPhone 7&7 Plusは今までのiPhoneとはどう違うのか

イメージ
Appleが7日(日本時間8日)に発表した新型iPhone, iPhone 7シリーズの進化した部分を紹介していきます。 今回、「ジェットブラック」が新色として追加されました。 鏡面加工でつるつるしていて高級感がありますが、ほかのモデルより傷がつきやすいのかAppleの公式サイトに注意書きがあります。 バリエーションはローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック、という5種類になりました。 ホームボタンは感圧式になりました。Appleらしい進化ですが操作性が向上しているのかどうか、実際に手に取ってみないとわかりませんね。 ついにIP67準拠、防水にもなりました、これで雨の中やお風呂でも気を遣わず使用できます。 もちろん過信は禁物ですが、水関連のトラブルはかなり減るのではないかと思われます。 カメラはF値1.8の明るいレンズを採用し、7, 7 Plus共に光学手ブレ補正に対応しました。 iPhone 7 Plusはカメラを2つ搭載。片方は広角、片方は望遠となっています。明確にPlusのほうが上位モデルとして扱われているのがわかります。 Androidではもう珍しくありませんが、iPhoneとしては初のステレオスピーカーを搭載しました。これでiPhoneのスピーカーからも迫力のあるサウンドを味わえるようになります。 イヤホンジャックが廃止されLightning端子のみになったのも大きな変化といえるでしょう。これからはLightningコネクタ用のイヤホンを利用するか、Bluetoothイヤホンを利用することになります。 FeliCaにもついに対応、Suicaも利用可能になる予定です。ついにiPhoneで改札を通ったりコンビニでお買い物ができるようになります。 A10 Fusionチップはクアッドコアになり、iPhone 6よりも大幅に性能が上がりました。 処理性能だけでなく省電力化も行われている為、7は6と比べ2時間長く利用できるようになったようです、Plusは1時間駆動時間が伸びています。 16GBモデルが無くなり、32GB/128GB/256GBのラインナップになりました。 国内では7の32GBモデルで72,800円で販売されます。 iPho

DELL XPS 13(9343)のBIOSをアップデートしたらファンが静かになりました

イメージ
DELL XPS 13(9343)で以前からファンの音が気になっていたのですが、BIOSをアップデートしたことで大幅に改善されました。

Xperia Z/ZR/ZL、Aquaris M5にCyanogenMod 13の公式配信が開始されました

イメージ
CyanogenMod 13の公式配信が新たにXperia Z/ZR/ZL、Aquaris M5に対して開始されました。