投稿

ラベル(うさぎ)が付いた投稿を表示しています

うさぎと暮らし始めてかかった費用まとめ

 ペットをお迎えする際、やはり気になるのは費用かと思います。 今回は私がうさぎをお迎えしてから今日までにかかった費用をすべて記載していきます。 誰かの参考になればいいなぁ('ω')ノ 2020/11 うさぎ生体価格 :24,486円 うさぎ健康診断 :1,200円 ケージ     :8,981円 トイレシート  :599円 ホットカーペット:3,180円 かじり木    :1,100円 牧草      :1,125円 うさぎ隠れ家  :1,153円 消臭砂     :938円 水入れ     :1,344円 ペレット    :657円 ペレット入れ  :816円 牧草入れ    :1,305円 温度計     :1,650円 ブラシ     :1,298円 月合計     :49,832円 総合計     :49,832円 2020/12 キャリー    :4,470円 小動物用ヒーター:15,999円 おもちゃ    :950円 サークル    :7,120円 ペット用爪切り :1,664円 尿石取り    :751円 尿石取り    :727円 トイレシーツ  :599円 牧草      :1,399円 牧草入れ    :1,070円 月合計     :34,749円 総合計     :84,581円 2021/1 牧草      :2,431円 ペレット    :1,696円 小動物用体重計 :4,980円 健康診断    :770円 月合計     :9,877円 総合計     :94,458円 2021/2 トイレシーツ  :829円 おもちゃ    :2,099円 ペレット    :1,835円 牧草      :1,198円 おもちゃ    :1,537円 ブラシ     :480円 ケージ     :12,440円 トイレシーツ  :599円 月合計     :21,017円 総合計     :115,475円

うさぎにおすすめの牧草&ペレット紹介

イメージ
うさぎを飼っているとご飯は何をあげようか、悩んでしまうものと思います。 今回は私が吟味した牧草とペレットをご紹介します。 おすすめの牧草:アルファープレミアム EXTOLEVELのアルファープレミアム です。 割高ですが、香り高く、うさぎの食いつきが非常に良いです。 成長期なのでアルファルファですが、生後6ヶ月を過ぎたら同社のチモシーに切り替えます。 おすすめのペレット:うさぎのきわみ これも若干割高ですがハイペットの うさぎのきわみ です。 うさぎさんの体に良くないとされるでん粉類(ポテト・タピオカなど)、穀類(小麦粉・トウモロコシ・えん麦)を使用しておらず安心です。 まとめ どんなに良い製品も簡単に手に入らなければ意味がないのでネットで簡単に入手できるのは重要です。 今回紹介した2点はどちらもAmazonで購入できるのでおすすめです。

うさぎの保険は必要?不要?

イメージ
  うさぎに保険は必要か?という話。 実は犬猫のようにうさぎにも保険ってあるんです。 うさちゃんをお迎えすると保険に入るか入らないか、非常に悩むと思います。私も悩みました。 悩んで悩んで出た結論ですが・・・、 加入しない ことにしました。 というのも、大体うさぎ用のペット保険は2,000円から4,000円ほど、それでいて100%補償ではなく、50%補償だったり一定額まで補償だったりと結局一部は病院利用時に負担することになります。 一年間2000円を払い続けると24,000円、それでいて全額補償ではないと考えると万が一のために毎年それくらいのお金を貯金しておいた方が良いのでは?と考えました。 もちろん病気にかかりやすい子だったり、怪我をしやすい子であれば話は違うと思いますが、結構な割合で損をする可能性が高いと判断しました。 あくまでこれはさいあの!管理人の私の意見ですので全ての人、うさぎにおすすめするわけではありませんが、うさぎの保険について悩んでいる方へ少しでも助けになればと思います。 いずれにせよ、病気になりにくい、怪我をしにくい環境を整えてあげることが重要ですね。

うさぎを飼い始めました。

イメージ
  2020年の11月末にうさぎを飼い始めました。 ネザーランドドワーフの女の子です。 オレンジカラーでめちゃめちゃ可愛いです・・・。 ペットショップのサイトに掲載されている写真を見て一目惚れし、2時間掛けて朝一で引き取りに行きました笑 犬や猫が匂い、鳴き声問題で買えない人、うさぎちゃんおすすめですよ!という話でした。