Galaxy S8とGalaxy S6 edgeを比較

2017年のSamsungのフラグシップモデル、Galaxy S8と2015年のフラグシップモデル、Galaxy S6 edgeを比較していきます。


左がGalaxy S8で右がGalaxy S6 edgeです。こうして見比べるとかなり画面サイズの差がある事がわかると思います。

まず、この2つを持ったときに、S6edgeは角が手に刺さって痛いのですがS8はうまく丸めることで角が刺さりません。進化してますね。
S6edgeは不自然なほどのedgeを描いていましたがS8はこなれてきたのかedge部分が自然で、見た目も美しいですね。

S8ではGalaxyの特徴とも言えたホームボタンがソフトウェアキーになりましたが、感圧式なので押し込むことで物理ホームボタンと変わりなく利用できます。
ただ、ホームボタンを二回押してカメラを起動する機能は便利だったのにそれがS8では使えないのはマイナスポイントですね。(電源ボタンを二回押すことで同様の機能は利用できます。)

Galaxy S8のバッテリー持ち
電池持ちはGalaxy S8のほうが優れていますが、S6edgeはバッテリーの劣化もあるので仕方のない部分でしょう。

ディスプレイはS8の圧勝です。二年でここまでスマートフォンのディスプレイはきれいになるのかと驚くレベルで、S8のディスプレイは業界でもトップレベルだと断言出来ます。

Galaxy S8
Galaxy S6edge
2世代違うということで、ベンチマークにも倍近い差が出ています。
とは言えS6edgeも十分普段使いできるレベルの動作なので、今のハイエンドモデルが如何に高性能であるかがわかりますね。

追記していきます。

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】