HTC Desire EyeやDesire 626などに搭載されている「Dot View」機能の紹介

ついにHTCがHTC Disire EyeとDesire 626を引っさげて、国内のSIMフリースマートフォン市場に参戦しました。
今回の記事は、上記のHTC機の他にHTC J Butterfly(HTL23)にも搭載されている「Dot View」機能を紹介していきます。


時刻や通知などの確認
ひと目で時刻や天気などを確認出来ます。他にもメールの受信なども見ることが可能。

もちろんこの状態で電話がかかってきても通話に出来ることが出来ます。
オプションで通話履歴を表示出来るのですが、カバーを装着してる状態から最新の3件へ電話をかけることもイケます。

通知アイコンをDotカバーの上から、上に向かってスワイプしてカバーを開くと
アプリを立ち上げることも出来ます。

他にも音楽の一時停止、再生、スキップの操作も出来ます。

豊富なテーマ
ドットビューを表示する際のテーマはたくさんあります。
「マイテーマ」、「休日テーマ」、「ライブテーマ」の三つがあります。

休日テーマはクリスマスにクリスマスツリーが待ち受けになったりする季節的なモノです。
ちなみに休日じゃなくても自分で設定すれば、なんでもない日でも休日テーマを適応出来ます。

ライブテーマはライブ壁紙のDot View版と考えていいです。


マイテーマではプリインされているテーマの他に自分が持っている画像をテーマ化することが可能です。
ギャラリーなどから画像を引っ張ってきてトリミングすれば、Dot Viewアプリ側で勝手に壁紙を作ってくれます。


設定項目
設定項目です、ここではDot Viewの消灯時間を決めたり通話履歴の表示をオン・オフしたりすることが可能です。 
消灯時間は、5秒、10秒、15秒の三つが選べることができ、このアプリは通知しないなども設定可能です。


Dot Viewをもっと自分らしくカスタマイズしよう
自分だけのDot Viewを作りたい!!という方もいると思います。
別途「ドットデザイン」と「Dot View message」というアプリを入れれば、さらにカスタマイズが出来ます。

「ドットデザイン」では、マリオブラザースのステージのようなモノを作ったり、自分のギャラリーから画像を出してきて1から作ることが出来ます。 

「Dot View message」 では、Dot View表示時に出せるメッセージのカスタマイズができ、文字の色から背景の色、スクロール時の文字の速さまで 細かいところまで手が届きます。


 少しだけ余談
Dotケースを取っ払うと、こんな具合になってます(表示中にスクリーンショットを撮ったものです)
ケース越しにDotへしてるので素の状態じゃ面白いことになってます。




ドットで通知を見たりするという楽しいもので、今までのケースとは違って新鮮味を味わうことが出来ます。
ケースの値段はすこしお高いですが、その値段に似合う機能(と遊び?)はあります。
是非買ってみてはいかがでしょうか?

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】