Android Wear(スマートウォッチ)の気になるポイントをさくっと解説



Android Wearを2ヶ月使ってみました。自分がこのスマートウォッチという物に手を出す時気になったことを書いてみます。

普通の腕時計として使える?

無理です。普通の時計を買ったほうが良いです。
充電は2日に一回ほどで問題無いですが、それでは従来の腕時計の代わりを務める事はできません。
学生であれば試験中などに使用することもおそらく禁止されるでしょう。社会人であれば更に使用できる範囲は縮まるかもしれません。
これはあくまで「スマホのサブ画面」であって従来の腕時計とは別物です。

充電は持つ?

機種によりますが、LG Watch Urbaneは2日程度持ちます。

実際に外で活用出来てる?

出来ていません。私は恥ずかしがり屋なので出先で「Ok, Google」を使えず、結局マップや天気などちょっとした情報を知りたい時はスマホを見ます。
Wearの主要機能とも言える音声入力ができないと大部分の機能は利用できません。
それでも音楽プレイヤーを操作したり、LINEの内容を見たり、ハングアウトで簡単な返信を行ったりする事ができるので私としては満足しています。
逆に言えば外でもスマホを音声で色々操作できる人ならスマートウォッチを活用できると思います。

どんな人におすすめ?

ガジェットが好きな人やスマホが手放せない人、とよく見かけますが実際はあまりスマホばっかり触らない、という人こそおすすめかも知れません。
だってスマホを常時握ってるならスマートウォッチなんて必要ありませんからね。

このブログの人気の投稿

【ようやく到着】Google Pixel C 32GBを購入しました。