MacBook Proの修理が驚きの早さで終わり帰って来た話



以前のMacBook Proのトラックパッドが全く効かなくなってしまった話とその途中経過というエントリーを投稿しましたが、驚きの早さで修理から帰ってきました。

なんと修理に出してから帰ってくるまでの工程が2日です。
Macの修理が可能な店舗に持ち込むと1周間は掛かると言われた修理が、です。もちろんジーニアスバーなどであればその場で修理を受けることも可能かもしれませんが、回収修理でこの速度はこの手の商品では凄いことなのではないでしょうか。

私が修理に出した理由は3つで
  • トラックパッドが効かない
  • キーボードが定期的に効かなくなる
  • Mac自己診断でバッテリーに不具合と表示される
だったのですが実際にAppleが確認、及び修理した内容は
  • トラックパッドの故障を確認し、トップケース(バッテリー、キーボード、トラックパッドを全て含む)を交換、それに伴いキーボードの不調とバッテリーの不調を改善
  • ディスプレイユニットの故障により、カメラが動作しない症状を確認、ディスプレイユニット(液晶パネル、ディスプレイハウジングを全て含む)を交換
とのこと。
バッテリーが新品になったりキーボードが新品になったのはとっても嬉しい事なのですがカメラの不調とか気づいてすらいませんでした。というか確か普通に使えていた気がするのですが・・・
ここまでの過程を全て行いつつ2日で返却してきたAppleは凄いですね。
もちろん無償でした。

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】