MacBook Proのトラックパッドが全く効かなくなってしまった話とその途中経過


今現在MacBook ProをメインPCとして使ってる私ですが、なんと唐突にそのMacのトラックパッドが全く効かなくなってしまいました。

特に何かしたわけでもなく本当に唐突だったので、取り敢えず無線マウスを使って一日過ごしました、その間色々と調べてみるとどうやらトラックパッドのドライバの再認識を永遠と繰り返している模様。BootCampしているWindowsからも確認するとドライバのロードに失敗した、と表示されているので物理的に微妙に接続が悪くなってしまったんでしょうかね。完全に認識していないわけではないのでおそらく本体とトラックパッドが外れかかってる状態でしょうか..

傷などは入っていないです。


ということでもう私にできることはなさそうなのでAppleさんに電話、すると「それは中で線が外れちゃってるか断線してる可能性が高いですね」とのこと、もちろん無償修理になるようですがMacを数日修理に出さないのがかなり痛いですね。
その他にもバッテリーやキーボードの様子も少しおかしかったので一緒に見てもらうことにしました。


今回の修理はおそらくキーボード、トラックパッド周りの配線、バッテリー交換あたりになるんじゃないかとは思いますが念のためHDDのバックアップも取っておきます。タイムマシンでフルバックアップという形ではなく音楽や動画など個々で切り分けてバックアップすることにしました。


それにしても今年度始まってすぐ壊れるのがMacだとは思いませんでしたが..
Appleのオペレーターの方もできるだけ早く修理が終わるように掛け合って見ますと言ってくださったので後は早く帰ってくることを待つだけですね。
一つだけ良かったのはAppleの電話サポートは繋がるのが早かったことですかね、Asusなんかは15分以上待たされた記憶があるのでそこの点はかなり評価できるのではないかと思います。

さて何日で帰ってきますかね・・・

以下途中経過・・・

2015年4月2日

  • 唐突にMacのトラックパッドが効かなくなる

3日

  • Appleに電話
  • 修理の手配をお願いする(4日にヤマトが来るらしいです)

4日

  • ヤマトさんがMac回収

5日

  • 修理中・・・

6日

なんと6日の午後に修理の完了したMacが自宅に届きました。正直驚きの早さです。修理内容など

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】