CyanogenMod 12.1の変更点や新たにサポートされるデバイス一覧


CyanogenMod 12.1

CyanogenはAndroid 5.1をCyanogenMod 12.1として配信する予定で近日中配信される見通しです。
Lollipop初のCyanogenMod安定版ビルドはおそらくCyanogenMod 12.1になるのでしょう。

CyanogenMod 12.1の更新内容

  • Google Material DesignにピッタリなUI
  • CMメッセージングアプリのための新しいフローボタン
  • 連絡先の丸みを帯びた円形のアバター
  • アンドロイドウェアのサポートが追加されました
  • FMラジオとAOSPブラウザー、CMファイルマネージャ等のUI再設計
  • ZIP / RARファイルおよびセキュアストレージのサポートなどの新機能をCMファイルマネージャに追加
  • Unifiedビルドの削除
Unifiedビルド(統合ビルド)の削除は、複数のデバイスで統一したROMを生成するとどうしてもNFCが動かなかったりするバグが発生してしまうため仕方なかったそうです。

今後新たにサポートされるデバイス

  • Moto Maxx (quark)
  • Moto G 2014 (titan)
  • Moto E 2014 (condor)
  • Samsung Galaxy Tab S 8.4 (klimtwifi)
  • Oppo N3 (n3)
  • Galaxy Note 4 (trlteusc,trltespr,trltetmo)
  • Moto X 2014 (victara)
  • Sony Xperia L (taoshan)
  • Galaxy Note 3 (hltetmo)
  • LG G3 (d850,d851,d852,d855)
  • Sony Z3 (z3)
  • Sony Z3 Compact (z3c)
  • Sony Z3 Tablet (scorpion,scorpion_windy)
  • Droid Maxx (obake)
  • Nexus 6 (shamu)
  • Nexus 9 (flounder)
  • その他既存のサポート端末(削除されるデバイスもあるかもしれません)


このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース