CyanogenModアカウントとは何か、機能から取得方法までのまとめ

CyanogenModを利用中の方はCyanogenModアカウントを取得されているでしょうか?



CyanogenModアカウントって何?

CyanogenModアカウントはCyanogenModを実行しているデバイスに追加サービスなどを付加してくれるいわば一般的なAndroid端末で必要なGoogleアカウント的存在ですね(現在のCyanogenModではストアの利用などで結局Googleアカウントも必要になりますが)

CyanogenModの利用にCyanogenModアカウントは必要?

必ずしも必要ではないですがCyanogenModの機能をフルに活かすための登録することをおすすめします。
例えば遠隔で端末を発見、データを消すことが可能です。

Googleデバイスマネージャーとの違い

Googleのデバイスマネージャーと同じじゃないか!と思う方もいると思いますが実はCyanogenModアカウントにはGoogleのデバイスマネージャーでは現在実行できない端末のGPSがたとえ完全にオフになっていても強制的にGPSをオンにして位置を割り出す機能がついています。
ネットにさえ繋がっていれば同期がオフでもGPSがオンになるようです。
Googleデバイスマネージャー同様に電源が切られている状態では位置は割り出せませんが、次にネットに接続された時にデータを削除させることは可能です。

安全なの?

すべての通信はSSL暗号化されておりCyanogenは「"私の電話を探す" および "遠隔データ消去" 機能の性質を考えると、セキュリティ確保は最優先である」と公言しています。
とはいえこれを100%信頼するのは危険であり、強制的に位置を割り出すことが可能なことも考えるとパスワード管理など、一層気をつけないといけないのは確かです。

アカウント取得方法

https://account.cyanogenmod.orgにアクセスし登録をクリックしてメールアドレスとパスワードを記入し、利用規約等に同意すれば取得できます。
名前などの登録の必要はありません。


後は登録したメールアドレスとパスワードでCyanogenModを実行しているスマートフォンやタブレット上でCyanogenModアカウントにログインすれば終了です。


ログインするとこのように表示されます。これで「もしも」の時もバッチリです。

まとめ

CyanogenModアカウントがどういったものか、このエントリーで少しでも分かっていただけると嬉しいです。
といっても「Googleデバイスマネージャーに+α」程度なのですが、その+αが大きかったりするわけです。
また、CyanogenModは今後、Googleに依存しないAndroid OSへと変わっていく予定で
その過程で確実にCyanogenModアカウントは重要になってくるかと思います。

ちなみに、とってもややこしいのですがCyanogenModアカウントCyanogenアカウントは別物です。
CyanogenMod 11S(Cyanogen OS扱い)のOnePlus Oneが前者のアカウント、Cyanogen OS搭載のYUREKAは後者のアカウントを利用することになるのでご注意ください。


このブログの人気の投稿

Androidで快適なニコニコ動画再生アプリ「nicoid」の紹介