投稿

ラベル(Pixel)が付いた投稿を表示しています

Google Pixel 3 XLをレビュー

イメージ
Google製のスマートフォン、Google Pixel 3 XLを購入したので開封とレビューを執り行っていきます。

実は既にPixel 3を購入していたのですが、個人的にもっと大きいサイズのスマートフォンが欲しかったのでPixel 3 XLを追加購入しました。
スペックとか付属品とかは公式サイトが一番わかりやすくおしゃれなのでそちらを参照してください。

パッケージ Pixel 3 XLの背面が強調されたデザインのパッケージ。

Pixel 3とPixel 3 XLのパッケージサイズはほぼ同じです。

デザイン 個人的にめちゃくちゃ良いと思っています。ブレブレのGoogleにしてはPixelシリーズで統一されたハードウェアデザインが生まれていると感じています。他のPixelシリーズもどんどん日本に投入してほしいです。
中身のAndroid 9も洗練されています。

ハードウェアボタン Pixel 3のClearly Whiteではボタンにカラフルな着色が施されています。こういう遊び心が好きですねぇ。良いアクセントになっていると思います。
押し心地は結構硬めですね。(Galaxy比)

動作 勿論軽快。メモリは少ないが特に困ることはなさそう。
アニメーションが適度に入り、触るのが楽しいです。

カメラ 散々絶賛されてますが、確かに素人目線で見てもきれいに取れていると思います。
気軽にきれいにそれっぽく撮れるのがスマホカメラに求めるものだと私は思っており、本機はそれをそつなくこなしてくれていると思います。
また、カメラで撮影した画像や動画をクラウドにほぼ無制限(詳しくはググってください)にバックアップ出来るので、ストレージを気にせず撮影ができます。

ノッチ でかい。かなり邪魔ににえますが使ってみると意外と気にならないです。まぁ、ノッチのせいで「あ、それiPhoneの新しいやつだ」とか言われてちょっと複雑なお気持ちになりましたが・・・。
FGOをプレイするとノッチは消えるのでプレイの邪魔になることもありません。それ以外のゲームはやってないので推測ですが殆どのゲームで同じ挙動をするかと思います。
Pixel 3 XLのノッチはFGOやってるときは完全に消滅する。 pic.twitter.com/eyk1inUDpy — せー (@CyanosMod) 2019年1月6日 また、ノ…

Google Pixel 3と3 XLをdocomoで予約しました

イメージ
docomoでGoogle Pixel 3と3 XLを予約してみました。

Pixel 3のカラーは3色展開で、選んだのはJust Black、容量は64GBのみで選べません。
XLのカラーは2色展開で選んだのはClearly White、容量は128GBのみ、なのでこれも選べず。
私のように販売されたらすぐ欲しい、といった方は今のうちに予約しておきましょう。

ケースやフィルムをどうしたものかと悩み中で、なにか良いメーカーを知っている人がいれば教えてください。

リンクの先から簡単に予約が可能です。
予約

国内版Google Pixel 3についてのまとめ

イメージ
Google Pixel 3が日本で販売されることが正式に発表されましたので、情報をまとめます。

Pixelシリーズとは Google純正のスマートフォン、タブレット、ノートブックシリーズの名称、それがPixelです。 近いシリーズとして以前はNexusシリーズが存在しましたが、Nexusはあくまで開発者向けデバイス。しかしPixelはプレミアムデバイスということで一般消費者向けにGoogleが本気で作ったデバイスとなります。 製造もNexusは他社に委託していましたが、Pixelは設計段階からGoogleが行っている、まさにMade by Googleデバイスというわけですね。
国内版Pixel 3 Nexusの売れ行きが悪かったからか、Pixel、Pixel 2と日本では販売されず、3もでないのでは、と思われていましたが、Made by Google 2018で正式発表。 取扱は現時点でGoogle公式ストア、docomo、Softbankとのこと。 勿論防水対応ですが、今回国内販売をするにあたり、なんとFeliCaに対応。初のおサイフケータイが利用できるGoogle製デバイスとなりました。
キャリア版Pixelについて 現時点で判明している話をまとめると、おそらくSIMロックがなされている点以外はほぼGoogleストアで販売されるSIMフリーモデルとハードは同様と考えて良いと思われます。 中身に関してですが、これもおそらくキャリアカスタマイズはされていないのではと考えられます。 逆に言えばキャリア製のアプリやサービスが一部使えない可能性も出てきますでこの当たりのサービスを利用していたユーザーにとっては障壁となるかもしれません。
国内版と海外版の違い、注意点 まず。国内版は対応しているFeliCaが海外版には搭載されていません。 また対応バンドにも違いがあるので国内運用予定の方は、理由がない限りは国内版を買っておくほうが良さそうです。 海外版のみの機能として、eSIMに対応しています。というよりは日本版だけが対応していないという方が正しいですね。
関連サイト Googleストア Pixel 3

Made by Google 2018リアルタイム更新

イメージ
Made by Google 2018で発表された内容をリアルタイムで更新していきます。
今回は日本向けPixelも発表される見通しです。

BGMが鳴り始めました。

ニューヨーク会場の映像に切り替わり・・・。

Googleストアにも変化が。国内向けにPixel 3が出るのは確定ですね。

0時、始まりました。

Pixel 3のリーク動画からのスタート・・・これは・・・。
ビートルズのHelpをBGMに、Googleサービスの動画が流れます。Googleのこれまでの積み重ねを垣間見る事ができます。


AI+ソフトウェア+ハードウェア、これらを組み合わせた製品を今夜紹介してくれるとのこと。


Pixel 3

Pixel Slate

Google Home Hub

視聴席の丸い機械からPixelプロダクトが登場。

デザイン業界からの評価も高いらしいです。

新しいGoogle Homeシリーズのお話。

Google Home Hub
GoogleメイドのデザインAmbient IQ(光度の調整機能?)家族の声を個別に認識ペアレンタルコントロール設定も可能で家族利用も安心Home View機能で自宅をスマート化お値段$149 Googleフォトとの強い連携(自動アルバム生成) Hubの次はPixel Slateです。

Google, 日本向けにPixelのティザー動画を公開

イメージ
Googleが日本向けに投入予定のPixelシリーズのティザー動画を投稿しました。



「ぎゅっ、から始まる。新しいスマートフォン」というキャッチコピーでPixelの機能をアピールしているようです。
ぎゅっという握る動作はActive Edgeのことを指しているのでしょう。

おそらく近日発表されるPixel 3が投入されるのでしょうが、国内仕様(FeliCa等)に対応しているのか気になるところですね。

情報元:Google Pixel

Phone by Google Pixelまとめ

イメージ
Googleが2016年10月4日、Made By GoogleにてPixelを発表しました。

搭載OSはAndroid 7.1 Nougat.
Alloに搭載されたGoogleアシスタントがOSに統合されているので、ユーザーはいつでもGoogleに質問をすることができます。

現状のスマートフォンの中でも最高レベルの高性能なカメラも搭載。今まではHTC 10やGalaxy S7 edgeが88ポイントでトップでした。

Pixelシリーズにはフルサイズの画像バックアップを無制限に行える特典が付きます。

15分の充電で7時間駆動できるクイックチャージ機能や、既に発表されていたOSの自動アップデート機能にも対応。

iPhoneからの乗り換えも簡単に行えるQuick Switchアダプタ同梱される模様。

サイズは二種類。
スペックは現状のAndroidでは最高峰。
カラーは3色展開ですがブルーは米国限定色とのこと。おそらくNexus 6Pのゴールド同様にいずれ他の国でもブルーが販売されるのではないかと予想されます。

第一次販売国はアメリカ、オーストラリア、カナダ、ドイツ、イギリスで、残念ながら日本は対象外です。Googleアシスタントが日本語に未対応な為でしょうか。

今回、新しいPixelの登場によりGoogleの「Apple色」が非常に強まったと感じます。
Nexusも、次期モデル制作の予定は現段階では無いとのことなので各メーカーの反応が気になります。

Pixel - The First Phone by Google - Google Store Pixel and Pixel XL bring the power of Google to your fingertips. Pixel brings you the Google Assistant and provides a clean, bloat-free experience with no unwanted apps.

Google Pixel Cのタッチパネルの不具合がアップデートで修正される

イメージ
Google Pixel Cはタッチパネルに不具合があり、タッチの反応が悪いことが多々有りました。
参考:Google Pixel ブランドのAndroidタブレット「Pixel C(C1502W)」 開封の儀&ファーストインプレッション - juggly.cn

しかし、最新のアップデート(MXB48T)でこの不具合は修正されたようです。(手持ちのPixel Cで確認済み)
上記の不具合で悩まされている方は最新バージョンにアップデートすることを推奨します。

agrumesから販売予定のGoogle Pixel C用ガラスを先行レビュー!【販売開始されました】

イメージ
agrumesからGoogle Pixel C用のガラスフィルムを提供していただいたのでレビューしていきます。
agrumesはAmazonでスマートフォンのアクセサリーを販売しており、ほとんどの製品の評価が星4以上というなかなかハイクオリティな製品を送り出しているメーカーです。

パッケージはガラス製品によくあるタイプのもの。何故かiPadが写っていますがしっかりとPixel C用のガラスです。

早速貼ります。保護フィルムもガラスも貼る時にはしっかりを道具を準備してホコリが入らないよう正装(裸)で挑みましょうね。

パッケージ内はかなりシンプルです。

気泡を押し出すプレートとホコリ拭きとウェットティッシュが入っていました。 

貼り方の用紙もついています。ガラスフィルムを初めて貼る方は目を通しておくといいかもしれません。

ということでガラスをPixel Cに貼ってみました!

何度も貼り直しましたが、ほぼ完璧に貼ることが出来たと思います。
ガラスフィルムは通常のフィルムに比べ貼り直しすると粘着力が落ちやすいのですが、このガラスはそんなことはなく綺麗に貼り直せました。

近くから見ても非常に綺麗です。

流石にガラスなので少し厚みは増しますが許容範囲でしょう。ちなみに0.3ミリです。

タブレットはスマートフォンと比べてディスプレイのが大きいので傷がつくリスクも高いです。カバンやバッグに入れて使う場合はなおさらですね。
保護フィルムでも良いですがやっぱりガラスフィルムの安心感と言うのは大きいと思います。

今回初めてagrumesのガラスを使ってみましたがかなり良い製品だと感じます。
不満点はインカメラの部分がくり抜かれていないことくらいでしょうか。(撮影画質に影響はほとんどないようです。)
Nexus 6P用のガラスがかなり評判が良かったのでPixel C用にも出して欲しいな、と思っていたらまさか本当に出るとは思っていませんでした。

Amazon:agrumes