投稿

ラベル(OxygenOS)が付いた投稿を表示しています

OnePlus 2 A2003の開封レビュー【代表的な機能紹介】

イメージ
OnePlus 2がイギリスから届いたのでレビューしていきます。 今回は周波数などを考慮しA2003を購入しました。 輸入に協力してくれた方々ありがとうございます。Grazie!! 開封 箱はOneの時と違いスタイリシュな、よくあるスマホの箱になりました。 もうちょっと遊び心がほしいですが 箱はキツキツで作られているらしく開けにくかったです。 開封するとOnePlus 2がお出迎えしてくれます。 付属品はケーブルと充電器。 取扱説明書、前回は入ってなかったんですが今回はしっかり作ったんですね。 初めてUSB Type-Cケーブルを見ますが、思っていたより端子が太いです。あ、画像では端子にカバーが付いているので更に太く見えます。 端子アップ さて、こちらが電源を投入したOnePlus 2になります。うーんこのAOSP. 素Android好きなので良いんですけどね。 事前に入手していたKevlarカバーも装着しました。 アラートスライダー ハード的な特徴としてアラートスライダーなるものがついています。どんなものかは以下の動画をどうぞ OnePlus 2の横についてるスライダーでマナーモードとか切り替えられるのめっちゃ便利。 pic.twitter.com/wLI8bD58dv — せー (@cyanosmod) 2015, 10月 4 プリインストールアプリ プリインアプリはGoogleの物とFilesなどのOnePlus独自の物だけです。デレステやFate/GOは私がインストールしたものであってプリインではありません(迫真) カメラ シェルフ(Shelf) シェルフというよく使うアプリや連絡先を置いておけるOnePlus独自の機能も実装されています。結構便利です。 連絡先0件 指紋認証 今回のモデルでは指紋認証が利用できます。 指紋の登録には時間がかかりますが、精度は非常に高いです。外国の方のレビューでは結構認証に失敗していたので取ってつけたような物だと思っていましたが、そんなことはありませんでした。 また、画面がオフの状態でも指紋認証機能は使えるらしく、指を置くだけ

OnePlus独自のOS、OxygenOSがついにリリース、Android 5.0.2ベースに

イメージ
ついにOnePlus独自のOS、OxygenOSがリリースされました。 Android 5.0.2ベース、というかまんまCyanogenMod 12といった感じです... ジェスチャー機能やクイック設定など、本当にCyanogenMod 12そのまんまなのであまり新鮮味を感じることはないかもしれません。 インストール方法はTWRPで こちらのページ のROM(正確にはFlash.zipとチェックファイルを内蔵したZIPなので一度解凍する必要がありそうです。)をフラッシュするだけで良いようです。 ただし、カスタムリカバリーの利用が必要なので基本的にブートローダーのアンロックをしておかなければいけません。 細かい部分はCM12とは違うのだと思いますが、説明を読んだ限りは正直がっかりしてしまいますね。とはいえ今後のアップデートで機能追加や最適化も行われていくでしょうからこれが第一歩ということで応援していきたいです。 フィールドバック用のアプリもダウンロードページに用意されているので開発の支援を行いたい方は是非導入してみてください。

OnePlus Oneを半年以上使ってみて思うこと

イメージ
OnePlus Oneが販売されてから、もう2ヶ月ほどで1年になりますね。 ということで、私がOnePlus Oneを入手し一年ほど使ってみてのレビュー、というより思うことを書き綴ろうと思います。

OnePlus One向けのCyanogenMod 12SとOxygenOSの開発は難航している模様

OnePlus One向けのCyanogenMod 12SとOxygenOS、2つの公式ROMの開発が難航していることがOnePlusの Carl Pei 氏の呟きから発覚しました。 @rajarshi_10 We released an L alpha a while ago, but a more stable build (OxygenOS & CM12S) will need to wait until March. Sorry for delay! — Carl Pei (@getpeid) 2015, 2月 23  2月下旬にはCyanogenMod 12Sが利用可能になると噂されていましたがこの様子だとアップデートは3月になりそうですね。 どうしてもLollipopを待ちきれない方はCyanogenMod 12を導入してしまうのもありかもしれません。 経由: CM12S Release Date delayed until March 情報元: Twitter