投稿

ラベル(OnePlus One)が付いた投稿を表示しています

OnePlus 2 A2003の開封レビュー【代表的な機能紹介】

イメージ
OnePlus 2がイギリスから届いたのでレビューしていきます。 今回は周波数などを考慮しA2003を購入しました。 輸入に協力してくれた方々ありがとうございます。Grazie!! 開封 箱はOneの時と違いスタイリシュな、よくあるスマホの箱になりました。 もうちょっと遊び心がほしいですが 箱はキツキツで作られているらしく開けにくかったです。 開封するとOnePlus 2がお出迎えしてくれます。 付属品はケーブルと充電器。 取扱説明書、前回は入ってなかったんですが今回はしっかり作ったんですね。 初めてUSB Type-Cケーブルを見ますが、思っていたより端子が太いです。あ、画像では端子にカバーが付いているので更に太く見えます。 端子アップ さて、こちらが電源を投入したOnePlus 2になります。うーんこのAOSP. 素Android好きなので良いんですけどね。 事前に入手していたKevlarカバーも装着しました。 アラートスライダー ハード的な特徴としてアラートスライダーなるものがついています。どんなものかは以下の動画をどうぞ OnePlus 2の横についてるスライダーでマナーモードとか切り替えられるのめっちゃ便利。 pic.twitter.com/wLI8bD58dv — せー (@cyanosmod) 2015, 10月 4 プリインストールアプリ プリインアプリはGoogleの物とFilesなどのOnePlus独自の物だけです。デレステやFate/GOは私がインストールしたものであってプリインではありません(迫真) カメラ シェルフ(Shelf) シェルフというよく使うアプリや連絡先を置いておけるOnePlus独自の機能も実装されています。結構便利です。 連絡先0件 指紋認証 今回のモデルでは指紋認証が利用できます。 指紋の登録には時間がかかりますが、精度は非常に高いです。外国の方のレビューでは結構認証に失敗していたので取ってつけたような物だと思っていましたが、そんなことはありませんでした。 また、画面がオフの状態でも指紋認証機能は使えるらしく、指を置くだけ

OnePlus 2 が正式発表、しかしコストダウンにより残念仕様になってしまった部分も・・・?

イメージ
ついにOnePlus 2が正式に発表されました。 スペック OS: OxygenOS Android 5.1 CPU: 64-bit Qualcomm© Snapdragon™ 810  1.8GHz オクタコア CPU GPU: Adreno 430 RAM: 4 GB/ 3 GB LPDDR4 Storage: 64 GB/16 GB eMMC v5.0 Sensors: 指紋、加速度計、ジャイロスコープ、環境センサー バッテリー関連: E3,300 mAh LiPo バッテリー(取り外し不可), USB Type-C サイズ: 151.8 x 74.9 x 9.85 mm 重さ: 6.17 ounces (175 g) Wi-Fi: 2.4GHz 802.11b/g/n 及び 5GHz 802.11a/n/ac Bluetooth: Bluetooth 4.1 カメラ: 13MP メインカメラ、5MP サブカメラ SIM: デュアル nano SIM USモデル: GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz; WCDMA: Bands: 1/2/4/5/8; FDD-LTE: Bands: 1/2/4/5/7/8/12/17 グローバルモデル: GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz; WCDMA: Bands: 1/2/5/8; FDD-LTE: Bands: 1/3/5/7/8/20 ということで現時点ではかなりハイスペックな仕様になっています。 価格も4GB/64GBモデルが$389 3GB/16GBのモデルが$329と同スペックを備えるスマートフォンと比較するとかなりお安い部類に入ります。 指紋認証やUSB Type-Cの採用も素晴らしいのですが、Quick Charge 2.0 (急速充電)、Qi (ワイヤレス充電)、NFCが搭載されていません。 USBもType-Cを採用しているものの規格はUSB 2.0なのでUSBによる転送の高速化はあまり望めないかと思われます。 このようにコストダウンのためところどころ削ってしまっており、海外のユーザーからは不満の声も漏れているようです。 私としてはNFCをPASMOやSuicaの残金確認に利用し

OnePlus OneにVoice WakeUp対応のアップデートが配信開始

イメージ
OnePlus OneのCyanogen OS 12Sへのアップデート配信が停止していましたが、ようやく再配信が始まり、再配信版ではVoice WakeUp(Ok, OnePlus)機能が追加されているようです。 バージョンはYNG1TAS17Lでサイズは570MB程度になっています。 ダウンロードは こちら から http://www.androidpolice.com/2015/04/23/cyanogen-os-12-resumes-its-rollout-on-the-oneplus-one-with-build-number-yng1tas17l/ 情報元 Cyanogen OS Rollout Status (OnePlus One) Google+

OnePlus One向けにAndroid 5.0.2ベースのCyanogen OS 12が配信開始、OTAファイルもダウンロード可能に

イメージ
Cyanogen OS 12 Android 5.0.2へのOTA配信が本日開始され、OnePlus Oneがようやく正式なAndroid 5.0.2 Lollipopに更新されます。GoogleのAndroid 5.0.2標準機能に、Cyanogen独自の機能が追加された最高のAndroid OSとして出来上がっているようです。 アプリごとにテーマをカスタマイズできる「App Themer」や Boxerの特別なメール管理アプリ も搭載されています。 OTAファイル もダウンロード可能な状況なので最終版のCyanogen OS 11を利用していたユーザーは今すぐCyanogen OS 12にアップデート可能です。 ダウンロード: https://mega.co.nz/#!wFdAlboC!xIBIlxptxQpQUzBnAdzLXWQfF59xkFt1OGMLJjQwkfA YurekaのCyanogen OS 12についても近日中に配信予定だそうです。 引用元: http://www.androidcentral.com/hands-cyanogen-os-12s-oneplus-one 情報元: Cyanogen 関連: OnePlus One用のCyanogen OS 12がテストを通過、近日中に配信へ

OnePlus One用のCyanogen OS 12がテストを通過、近日中に配信へ

イメージ
OnePlus OneのLollipopアップデートであるCyanogen OS 12がついに認証テストを通過したようです。 . @jorgepenteado CM12s just passed certification today. Thanks for the patience, expect rollout in the next few days. — Carl Pei (@getpeid) 2015, 4月 10 初期の配信予定を大幅にオーバーしてしまいましたが、配信まで秒読みの状態なので待ち望んでいたユーザーさんには嬉しい話題なのではないでしょうか? 後はもうこれ以上リリースが長引かないことを祈るばかりです。

OnePlus独自のOS、OxygenOSがついにリリース、Android 5.0.2ベースに

イメージ
ついにOnePlus独自のOS、OxygenOSがリリースされました。 Android 5.0.2ベース、というかまんまCyanogenMod 12といった感じです... ジェスチャー機能やクイック設定など、本当にCyanogenMod 12そのまんまなのであまり新鮮味を感じることはないかもしれません。 インストール方法はTWRPで こちらのページ のROM(正確にはFlash.zipとチェックファイルを内蔵したZIPなので一度解凍する必要がありそうです。)をフラッシュするだけで良いようです。 ただし、カスタムリカバリーの利用が必要なので基本的にブートローダーのアンロックをしておかなければいけません。 細かい部分はCM12とは違うのだと思いますが、説明を読んだ限りは正直がっかりしてしまいますね。とはいえ今後のアップデートで機能追加や最適化も行われていくでしょうからこれが第一歩ということで応援していきたいです。 フィールドバック用のアプリもダウンロードページに用意されているので開発の支援を行いたい方は是非導入してみてください。

OnePlus 2のスペックや販売日の噂

イメージ
OnePlusはOnePlus Oneの後継機であるOnePlus 2リリースに向けて準備をしているようです。 OnePlus 2は Geekbuy によると2015年4月17日にリリースされるようで、前モデルより少し高い価格設定になりそうですね。 噂されているスペック 5.5inch FHDディスプレイ 3ギガバイトのRAM Qualcomm Snapdragon 805 3GB RAM 16GB / 64ROM 16.0MPメインカメラ 5.0MPサブカメラ マイクロSIMカードスロット 2G: GSM: 850/900/1800/1900MHz 3G: TD-SCDMA:1800-1920 /2010-2025MHz; WCDMA: 850/900/1900/2100MHz 4G: TD-LTE: 2570-2620/1880-1920/2300-2400MHz; FDD-LTE:2100/1800/2600MHz 3300mAh(取り外し不可) これだけ見るとかなりがっかりなスペックになっていますが、OnePlus Oneの時はS800を搭載するといい、途中でS801に変更していたので、今回もユーザーに満足感を与えるためにギリギリでS810に変更する可能性はあります。(本当にこのままのスペックで登場する可能性もありますが) いずれにせよ噂なので真に受けないほうがいいかもしれません。 OSについてはまだわかりませんが、私個人としては今のOnePlusとCyanogenの関係を見ているとCyanogen OSはもう採用されないのではないかなと思っています。 ただ、以前OnePlusは「次期モデルにはLolipopバージョンのCMを搭載する」と表明していたのでOnePlus 2にCyanognen OSが採用される可能性は十分にあるとは思いますが・・ 経由: OnePlus Two Specs, Release Date and Price 情報元: ONEPLUS TWO 5.5inch Smartphone Qualcomm Quad Core 2.7GHz LTPS 3GB RAM 64GB ROM 16.0MP 4G FDD-LTE OTG NFC Miracast-Black

Nexus 4やOnePlus One向けにAOKPのAndroid 5.0 Lollipopの非公式ビルドがリリース

イメージ
有志の手によって、Nexus4(Mako)向けにさっそくAOKPのAndroid 5.0 Lollipop非公式ビルドがリリースされました。仕事が早いですね。 バグや不具合に関しては書かれていないため、自分で確かめる必要があるようです。 (人柱感、全開ですねこれは・・・汗) なので、もしもの時に備えて 事前にバックアップ等を強くオススメします。 中身に関しては、初期段階の為 AOKP独自のカスタマイズ性はあまり使えないそうです。 情報元:  Google+ (AOKP Community) ,  Download (Nexus4 直リンです) 追記 OnePlus One向けの非公式ビルドも登場していました。 しかし投稿者いわく「テストでビルドした」と言っており ベースバンドが不明になる不具合などがあるため、あまり使うことは出来なさそうです。 情報元:  Google+ (AOKP Community) ,  Download (OnePlus One) 他にもリリースはされていませんが、AOKP Communityでは不具合などがあるものの Nexus 6 (画像上)と Galaxy S3(AT&T版) (画像下)の非公式ビルドが披露されています。  

OnePlus Oneを半年以上使ってみて思うこと

イメージ
OnePlus Oneが販売されてから、もう2ヶ月ほどで1年になりますね。 ということで、私がOnePlus Oneを入手し一年ほど使ってみてのレビュー、というより思うことを書き綴ろうと思います。