投稿

ラベル(OnePlus 2)が付いた投稿を表示しています

OnePlus 2 A2003の開封レビュー【代表的な機能紹介】

イメージ
OnePlus 2がイギリスから届いたのでレビューしていきます。 今回は周波数などを考慮しA2003を購入しました。 輸入に協力してくれた方々ありがとうございます。Grazie!! 開封 箱はOneの時と違いスタイリシュな、よくあるスマホの箱になりました。 もうちょっと遊び心がほしいですが 箱はキツキツで作られているらしく開けにくかったです。 開封するとOnePlus 2がお出迎えしてくれます。 付属品はケーブルと充電器。 取扱説明書、前回は入ってなかったんですが今回はしっかり作ったんですね。 初めてUSB Type-Cケーブルを見ますが、思っていたより端子が太いです。あ、画像では端子にカバーが付いているので更に太く見えます。 端子アップ さて、こちらが電源を投入したOnePlus 2になります。うーんこのAOSP. 素Android好きなので良いんですけどね。 事前に入手していたKevlarカバーも装着しました。 アラートスライダー ハード的な特徴としてアラートスライダーなるものがついています。どんなものかは以下の動画をどうぞ OnePlus 2の横についてるスライダーでマナーモードとか切り替えられるのめっちゃ便利。 pic.twitter.com/wLI8bD58dv — せー (@cyanosmod) 2015, 10月 4 プリインストールアプリ プリインアプリはGoogleの物とFilesなどのOnePlus独自の物だけです。デレステやFate/GOは私がインストールしたものであってプリインではありません(迫真) カメラ シェルフ(Shelf) シェルフというよく使うアプリや連絡先を置いておけるOnePlus独自の機能も実装されています。結構便利です。 連絡先0件 指紋認証 今回のモデルでは指紋認証が利用できます。 指紋の登録には時間がかかりますが、精度は非常に高いです。外国の方のレビューでは結構認証に失敗していたので取ってつけたような物だと思っていましたが、そんなことはありませんでした。 また、画面がオフの状態でも指紋認証機能は使えるらしく、指を置くだけ

OnePlus 2 A2003の詳細スペック

イメージ
OnePlus 2 A2003を入手することになったのでスペックをまとめておこうと思います。 基本パラメータ 色:砂岩ブラック 外形寸法:151.8 X 74.9 X 9.85ミリメートル 重量:175グラム OS:Android 5.1 OxygenOS CPU:64-bit Qualcomm© Snapdragon™ 810 processor with 1.8GHz Octa-core CPUs GPU:Adreno™430 RAM:4GB / 3GB LPDDR4 ストレージ:64GB / 16GB EMMC V5.0(実際に利用可能な容量は異なります) センサー:指紋、加速度計、ジャイロスコープ、近接および周囲光 バッテリー:3300mAh LiPo battery Max. SAR:Head: 0.428 W/kg, Body: 0.205 W/kg 通信関連 対応周波数 GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz WCDMA: Bands 1/2/5/8 FDD-LTE: Bands 1/3/5/7/8/20 TDD-LTE: Bands 38/40/41 Wi-Fi:Dual-band Wi-Fi: 2.4GHz 802.11b/g/n and 5GHz 802.11a/n/ac Bluetooth:Bluetooth 4.1 Positioning:Internal GPS antenna + GLONASS, Digital Compass オーディオ スピーカー:本体下部に有り マイク:ノイズキャンセルデュアルマイク カメラ センサー:13MP レンズ:歪みや色収差を回避する6レンズ OIS:有り レーザーフォーカス:有り フラッシュ:デュアルLED 絞り:F / 2.0 サブカメラ:5MP ビデオ:4Kビデオ、スローモーション:120FPS 720pの動画 ポートやボタン ポート:データ & 充電: USB Type-C Audio:Jack 3.5mm ボタン:電源、ボリューム、アラートスライダー、静電/オンスクリーンボタン SIM:2スロット

OnePlus 2のモデル別(A2001, A2003, A2005)特徴まとめ

イメージ
OnePlus 2には3種類のモデルが有り、それぞれ対応周波数に違いがあります。 A2001 - Chinese model GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz WCDMA: 1/2/5/8 TD-SCDMA: 34/39 TDD-LTE: 38/39/40/41 FDD-LTE: 1/3/7 A2003 - European and Asian model GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz WCDMA: Bands 1/2/5/8 FDD-LTE: Bands 1/3/5/7/8/20 TDD-LTE: Bands 38/40/41 A2005 - US model GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz WCDMA: Bands 1/2/4/5/8 FDD-LTE: Bands 1/2/4/5/7/8/12/17 この三種類でおそらく最も入手しやすいのはA2001(中国版)ですが、中国版はSIMのデュアルスタンバイが行えないようです。(IMEIがひとつのため) 今オークションサイトなどで出回ってるモデルの大半がこれです。 次に、公式サイト(普通に OnePlus にアクセス)から転送した場合に手に入るのが、USモデルです。対応バンド的に日本で使うのは厳しいですね。 そして、最もおすすめなのがアジアモデル(A2003)です。 バンド的にも最適ですし、デュアルスタンバイも可能です。 公式サイトの国設定を台湾あたりに変更してOnePlus 2を購入すればA2003モデルを購入可能だと思われます。もちろん台湾から日本に転送する必要が出て来るかと思いますが・・・ どうも購入時の国設定は関係なく、発送した地域に合わせたモデルが届くようです。 参考: OnePlus Forum 招待状予約: OnePlus Invites

OnePlus 2 用の Kevlar バックカバーのレビュー

イメージ
OnePlus の公式サイトで注文していた Kevlar のバックカバーが届いたのでレビューしていきます。 簡素な包ですね、海外発送されてきたことを考えるともうちょっと工夫して欲しかったような気はします。 別角度から。 袋から取り出すとこんな感じ。OnePlus のロゴ以外は特にプロントされていませんね。 Cyanogen ロゴが懐かしい・・・ 表面を拡大するとこう、画像では伝わりませんが触ると滑らかです。Kevlar いいですね。 裏はこんな感じ、左下の端子は何でしょうか、まだ本体が到着していないのでわかりませんね・・・

OnePlus の公式サイトで OnePlus 2 用のケースやバックカバーを購入してみた

イメージ
OnePlus 2 の仕様 にがっかりしていた私ですが、OnePlus 2 のケースやその他もろもろ購入してしまいました。 というのも このページ を見てくれた方はわかるように Nexus 5 が売れてしまいいい感じに雑に使えるスマホがなくなってしまったんですよね。 で、OnePlus 2 を代用として使っていこうかな、と。 おそらく本格的に OnePlus からの招待が始まれば前回同様アクセサリー関連はすべてSOLD OUTになると思うので今のうちに購入したというわけです。 購入したのは以下の3つ OnePlus 2 Kevlar® StyleSwap Cover OnePlus 2 Translucent Gray Case OnePlus 2 Tempered Glass Screen Protector Kevlar® StyleSwap Coverはかなり人気で公式ストアでも国設定によっては売り切れと表示されています。 米国ストアでは私が購入した時点では、まだ売れ残っているようでした。 OnePlus Oneではバックカバーを変えることができなかったので今回はその無念を晴らします。 ケースは OnePlus 2 Translucent Gray Case を選びました。Oneの時適当な中華系の物を使っていたら本体に傷がついたので今回は公式のものを使います。 ちなみに「このケースは本体ピッタリに作ってあるからStyleSwap Coverつけてる時は外して元のカバーつけてからケースはめてくれ」とか、注意書きがあるので多分 Kevlar® StyleSwap Cover と併用できないです。 StyleSwap Cover つけるとちょっと厚みが増すみたいですね。 何故買ったし。 OnePlus 2 Tempered Glass Screen Protector は文字通りガラスフィルムです。中華系のガラスは良い物のほうが珍しいですが、メーカーが公式に出しているものですし、それなりに品質に気を使ってくれていると信じで購入してます。 注文は 8 月 30 日に行っているのですが、未だ処理中です。 OnePlus One を買った時を沸騰させるトロさで懐かしさを感じます。

OnePlus 2 が正式発表、しかしコストダウンにより残念仕様になってしまった部分も・・・?

イメージ
ついにOnePlus 2が正式に発表されました。 スペック OS: OxygenOS Android 5.1 CPU: 64-bit Qualcomm© Snapdragon™ 810  1.8GHz オクタコア CPU GPU: Adreno 430 RAM: 4 GB/ 3 GB LPDDR4 Storage: 64 GB/16 GB eMMC v5.0 Sensors: 指紋、加速度計、ジャイロスコープ、環境センサー バッテリー関連: E3,300 mAh LiPo バッテリー(取り外し不可), USB Type-C サイズ: 151.8 x 74.9 x 9.85 mm 重さ: 6.17 ounces (175 g) Wi-Fi: 2.4GHz 802.11b/g/n 及び 5GHz 802.11a/n/ac Bluetooth: Bluetooth 4.1 カメラ: 13MP メインカメラ、5MP サブカメラ SIM: デュアル nano SIM USモデル: GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz; WCDMA: Bands: 1/2/4/5/8; FDD-LTE: Bands: 1/2/4/5/7/8/12/17 グローバルモデル: GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz; WCDMA: Bands: 1/2/5/8; FDD-LTE: Bands: 1/3/5/7/8/20 ということで現時点ではかなりハイスペックな仕様になっています。 価格も4GB/64GBモデルが$389 3GB/16GBのモデルが$329と同スペックを備えるスマートフォンと比較するとかなりお安い部類に入ります。 指紋認証やUSB Type-Cの採用も素晴らしいのですが、Quick Charge 2.0 (急速充電)、Qi (ワイヤレス充電)、NFCが搭載されていません。 USBもType-Cを採用しているものの規格はUSB 2.0なのでUSBによる転送の高速化はあまり望めないかと思われます。 このようにコストダウンのためところどころ削ってしまっており、海外のユーザーからは不満の声も漏れているようです。 私としてはNFCをPASMOやSuicaの残金確認に利用し

7月23日時点でのOnePlus 2に関する確定情報と噂まとめ(外観追記)

イメージ
OnePlus 2に関する公式発表や噂がいくつか公開されていますが、ここで一度整理してみたいと思います。

OnePlusがOnePlus 2で撮影した写真を公開

イメージ
OnePlusがOnePlus 2で撮影したという画像を公開しました。 画像の大きさは4160 × 3120で撮影機種はONE A2001となっています。 夕暮れの画像ですが、ノイズもほとんど入っていないので暗い場所でも比較的綺麗な写真が撮れそうですね。 この他OnePlus 2の情報はこちら OnePlus 2に関する確定情報と噂まとめ 情報元: Google+