円形クラシックデザインのHuawei Watchを開封レビュー


セール中に購入したHuawei Watchが届いたので開封していきます。


正方形に近い形状の箱で届きました。かなりの重量感です。
スマートウォッチというよりか、本当に高級時計が入っているかの様な雰囲気です。


箱を開けるとまた箱が。こだわってますね。


こちらが本体です。
LG Watch Urbaneと比較してもHuawei Watchのほうがより高級感がありますね。そもそもお値段が違いますが・・・


時計用クッションにもHuaweiの文字、抜かり無いですね。


本体の乗っていた台は取り外すことが可能で下には取扱説明書と充電器が入っていました。


取扱説明書もおしゃれですね、読みませんが。


充電の際は専用の台が必要になります。コードがやや細めで断線しないか心配です。


こちらが本体、今まで画像や動画でしか見ていませんでしたが実際に触ると心地よいずっしり感があり、Urbane同様に普通に使えそうな時計という印象です。Huaweiの目指す「時計らしさ」はしっかり再現されているのではないでしょうか。



実際につけるとこのような感じ、やや大きめですが普段大型の腕時計を付けている方はあまり気にならないかもしれません。


解像度も高めなので、比較的細かい表示も綺麗に行うことが出来ます。


特殊な工具を使用しなくてもバンドを外せるのもHuawei Watchのいいところですね。

簡単ですがこれで開封レビューを終わります。

これから使い込んでまたレビューしていきたいと思います。

このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース