CyanogenMod 13がMotorola Moto E 2015向けに配信開始

先日、CyanogenMod 13(CM13)の配信が開始されましたが、それらに続いて新たにMotorola Moto E 2015に対して配信が開始されました。

CyanogenModはAndroidモバイルOSを基にしたスマートフォンとタブレット向けのオープンソースファームウェアディストリビューションです。テーマ、ステータスバー/ナビゲーションバーのカスタマイズ、通知LEDの詳細設定などベンダーのファームウェアにはない役立つ機能が数多く含まれています。また、過去にはStagefrightの脆弱性など、Androidで見つかった脆弱性がNightlyビルドではその日のうちに修正されることが多く、ベンダーでは実現できない迅速なアップデートによって安全性も確保されています。

新たに配信が開始されたのは以下の機種です。

これらに加えて、以下の機種も今後CyanogenMod 13の配信が開始されることが見込まれています。
  • Oppo Find 7a(find7)
  • Oppo Find 7s(find7s)
  • HTC One M8 Dual SIM(m8d)
  • Galaxy Note 10.1 2014 Wi-Fi(lt03wifi)
  • nubia Z9 Max(nx510j)

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】