OnePlus 2のモデル別(A2001, A2003, A2005)特徴まとめ



OnePlus 2には3種類のモデルが有り、それぞれ対応周波数に違いがあります。

A2001 - Chinese model

  • GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz
  • WCDMA: 1/2/5/8
  • TD-SCDMA: 34/39
  • TDD-LTE: 38/39/40/41
  • FDD-LTE: 1/3/7


A2003 - European and Asian model

  • GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz
  • WCDMA: Bands 1/2/5/8
  • FDD-LTE: Bands 1/3/5/7/8/20
  • TDD-LTE: Bands 38/40/41


A2005 - US model
  • GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz
  • WCDMA: Bands 1/2/4/5/8
  • FDD-LTE: Bands 1/2/4/5/7/8/12/17


この三種類でおそらく最も入手しやすいのはA2001(中国版)ですが、中国版はSIMのデュアルスタンバイが行えないようです。(IMEIがひとつのため)
今オークションサイトなどで出回ってるモデルの大半がこれです。

次に、公式サイト(普通にOnePlusにアクセス)から転送した場合に手に入るのが、USモデルです。対応バンド的に日本で使うのは厳しいですね。

そして、最もおすすめなのがアジアモデル(A2003)です。
バンド的にも最適ですし、デュアルスタンバイも可能です。
公式サイトの国設定を台湾あたりに変更してOnePlus 2を購入すればA2003モデルを購入可能だと思われます。もちろん台湾から日本に転送する必要が出て来るかと思いますが・・・
どうも購入時の国設定は関係なく、発送した地域に合わせたモデルが届くようです。

参考:OnePlus Forum
招待状予約:OnePlus Invites

このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース