MacのIntel Turbo BoostをOFFにしたらバッテリー持ちや発熱は改善されるのか

2015年6月8日月曜日

デスクトップPC ノートPC

t f B! P L
Intel Turbo Boostは、ピーク負荷時にプロセッサーやグラフィックスのパフォーマンスを一時的に加速させる機能で、最新のIntel Macにも勿論搭載されています。

実はこの機能をオフにすることでMacのバッテリー持ちが改善することがMarco Arment氏のブログで紹介されています。 


ということで早速私もIntel Turbo Boostをオフにしてくれるソフトを導入してみました。
ダウンロード:Turbo Boost Switcher for OS X

このソフトは英語ですが、Intel Turbo Boostのオン・オフを切り替えるだけのものなので簡単に利用できます。


Frequencyに注目していただくとわかりますが大量のソフトウェアを同時起動してもIntel Turbo Boost(黒い規定クロック線を超えての動作)が行われないようになっています。

またCPU温度も導入前は80度近くまで上がることも多かったのですが、導入後は60度前後をキープしているのでなかなかいい感じです。気温の高くなるこれからの時期には嬉しいですね。

電池持ちに関してはもう少し様子をみる必要がありそうです。


人気の投稿

QooQ