簡単な操作ですぐに撮影が出来る「Googleカメラ」の紹介

 

みなさん、自分のスマートフォンに入っているカメラアプリに不満なところなどはありませんか?
このカメラなら不満を無くしてくれるかもしれない、そんなGoogleカメラの紹介ですっ!

まずこのアプリを紹介する前に「名前は知ってるけど、それってなんなの?」という方に説明すると
元々Nexusデバイスなどの AOSP系(混じりっけの無い)Androidに搭載されていたカメラアプリで
いくつかの機能追加をして、Nexus以外のAndroid端末にも使えるようにPlay Storeにリリースされているモノです。


Googleカメラの撮影モードは下から動画、カメラ、レンズぼかし、パノラマ、フォトスフィアの5つとなっています。
画面左からスワイプして撮影モードを選択でき、左からスワイプすると撮った写真や動画を見ることが出来ます。

カメラについて
 右下に丸に三点リーダーがあるボタンがあるのでそれをタッチすると
上の画像のように各種メニューが出てきます。
左から順に、タイマー、グリッド、HDR、フラッシュ、インカメラ切り替えとなっています。
シャッターはカメラマークのボタンをタッチ、または音量キーを押すことで切れます。
HDRに関してですが、アプリの説明になぜかNexus 5とNexus 6しか利用出来ないと書いてあります。
マニュアルモードとかそんなやわなモノはありませんッ!!


撮影するとこんな風になります、すこしズームしましたがキレイに撮影出来ました。

ズームの方法は画面を2本指で内から外へスワイプすると出来ます。
元に戻したいときはそれと逆の手順でやります。

夜景など暗いとこを撮るとこんな具合になります。

一応ですが、手動で露出調整が可能です、-2~0~+2までの調整が出来るようになっています。


動画について

動画もカメラ同様にメニューがあります、といってもグリッドとHDRくらいです

 
撮影した動画です(音量注意?)、手ぶれ補正とかの機能がないので撮影の粗さがダイレクトに来ます。
というか動くものを追いかけてるっぽいですね。


パノラマについて
パノラマは名前の通り、横一直線の風景を撮影できるものです。
どのように撮るかと言うと、白い丸のガイドが出てくるのでそれにカメラを合わせ少し待ちます。 
すると合わせたとこの写真が撮れ、また次の白い丸ガイドが出てくるので追いかけて、さっきと同じ具合に撮ります。
それを繰り返すとパノラマ写真が完成します。 これ結構めんどくさいです。



フォトスフィアについて
 これはパノラマと似ていますが、上下の全方位撮影が出来るモードになっています。
 撮る時に車など動くものがあると終わった後に、よくわからない物体が映ることになるので気をつけて下さい。

 実際に撮ったものです。見ての通り上から下まで全部見れます。


・レンズぼかしについて

一番の目玉機能です、このモードは名前のように一眼で撮ったようなぼかし加工が出来るものです。
撮り方はシャッターを切った後に、焦点があった被写体を映したまま端末を上にあげます。 

撮った写真です、左のフィギュアに焦点が合い後ろがぼけています。
あとから ぼけ具合やどれに焦点を当てなおすか、左スワイプで出るギャラリーからいじることが可能です。

・設定について 
ここでは写真を撮る際のピクセル密度等の設定が可能です。

他に、ジオタグのON/OFF、先述のカメラで言った露出調整のONが出来ます。





そんなに凄い!と言える機能は持っていませんが、煩わしい機能なんていらないという方にオススメかもしれません。
それ以外の方でも是非使ってみてください!

このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース