CyanogenMod 12.1を導入した感想や注意点など



公式配信が開始されたCyanogenMod 12.1(Android 5.1)の導入して感想や注意を書いていきます。

サクッと使ってみましたがほとんどCyanogenMod 12の最終ビルドと同等の機能は追加されていますね。


Android 5.1で追加されたクイック設定の拡張もしっかりと実装されています。


Android 5.1から新しく加わったアニメーションがいくつかあるので新鮮な気持ちで端末を利用できます。

注意点

注意点としてはNexus 5は12から12.1にアップデートをかけると不安定で上からAndroid 5.1対応のGAppsをフラッシュしても治らず最終的にWipeをしないといけませんでした。
ツイッターのフォロワーさんにも同様の状態になってしまった方がいたのでご注意ください。
他の機種であれば問題無くアップデートできるものもあるのかもしれませんが導入の際はバックアップをしっかり取って仮文鎮になっても焦らず対応しましょう。
最初からWipeして導入するという気持ちで行ったほうがいいかもしれません。

また、CyanogenModのカレンダーアプリにバグがあるみたいなのでGoogleカレンダー等で代用するといいかもしれません。


関連:CyanogenMod 12.1の公式配信が開始、まずは50機種を対象に

このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース