Cyanogen OSは今後Microsoftのアプリをプリインストール予定、CyanogenModにはプリインストールされない模様



Cyanogenは今後、Cyanogen OS搭載スマートフォンにMicrosoftのアプリをプリインストールするようです。

実際にインストールされるのは
Bing services, Skype, OneDrive, OneNote, Outlook, Microsoft Officeの6つで、今年の後半以降、おそらくOTAアップデートに含まれて配信されるのもと思います。

余計なものが入っていないカスタムROMであるCyanogen OSが好きな人にはかなりショッキングな話かもしれません。

CyanogenModシリーズには今のところMicrosoftのアプリが追加されることはないようです。

可能なのであればCyanogenのダウンロードセンターのようなものを作ってそこから導入したい人のみMicrosoftのアプリを入れられるような、自由な選択が可能な仕様であればいのですがおそらく強制的にインストールされるんでしょうね・・

情報元
Cyanogen Announces Strategic Partnership With Microsoft
Microsoft and CM12.1 Nightlies

このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース

Androidで快適なニコニコ動画再生アプリ「nicoid」の紹介