Android 5.0.xで発生しているメモリリークを修正するXposedモジュールの紹介

2015年4月1日水曜日

Android アプリ

t f B! P L
Android 5.0.xで発生しているメモリリークを修正するXposedモジュールの紹介です。

Android 5.0.xではなぜか異常にメモリを消耗しアプリの動作等に影響を与えてしまうバグがありましたがこのモジュールを導入することでそのバグを解消してくれるそうです。
あくまでAOSPやGPEでの利用を想定したモジュールで、その他のROMでは想定外のバグがあるかもしれないとのこと。

このモジュール利用の際はAndrod 5.0.xに対応したXposedのアルファ版を利用する必要があります。
関連:Xposed for Lollipopがついにリリース、Android 5.0以降でもXposedが利用可能に

ダウンロード:Fix Lollipop Memory Leak @ Xposed Module Repository
ソースコード:https://github.com/tonyp/FixLollipopMemoryLeak
Google+:Click to post your comments at Google+

経由:Fix Lollipop Memory Leak – XDA Xposed Tuesday
情報元:[Xposed] [5.0.x] Fix Lollipop Memory Leak

Android 5.1でのメモリリーク

Android 5.1でメモリリークは修正された、という話もありましたが実際にはAndroid 5.1でもメモリリークは修正しきれておらず、Android 5.1.1 or Android 5.2がリリースされるのではないかと噂されています。なお、現在XposedそのものがAndroid 5.1に対応していないので、Android 5.1ではまだこのモジュールを利用することはできません。

注目の投稿

Apple Watchでロック解除設定時「通信できません」と表示される場合の対処法

  iPhone 13 Pro Maxを購入し、今まで利用していたiPhone 12 Pro Maxのデータを復元したところ、Apple Watchでロック解除設定ができなくなってしまいました・・・。

人気の投稿

QooQ