MacBook ProをYosemite v10.10.2へアップデート

Yosemite v10.10.2が公開されて数日経過しアップデートの催促が色々と情報が出てきたので重い腰を挙げてアップデートしようと思います。

更新点


  • Wi-Fiが接続解除される問題が解決
  • Web ページの読み込みが遅くなる問題が解決
  • メールの環境設定でリモートコンテンツの読む込みを無効にした場合、Spotlight ではメールのリモートコンテンツが読み込まれてしまう問題の修正
  • Bluetoothヘッドフォンを使用しているときのオーディオとビデオの同期が改善
  • Time Machine で iCloud Drive をブラウズする機能が追加
  • VoiceOver読み上げのパフォーマンスが向上
  • Webページでテキストを入力するときに VoiceOver が文字をエコーする問題が解決
  • 入力プログラムの言語が突然切り替わる問題が解決
  • Safari の安定性とセキュリティが向上(Safari 8.0.3)
  • セキュリティアップデート

アップデート後の感想ですが、Safariが全体的に軽くなった感じで、メモリ管理も安定した気がします。プラシーボ効果の可能性大ですね・・。
Wi-Fiについては今のとこと切れることはなく、またスリープ解除後も以前より早くつながっている気がします。こっちはプラシーボ効果ではないと願いたいものです。

アップデートの詳しい情報:About the security content of OS X Yosemite v10.10.2 and Security Update 2015-001

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】