Windows 10 Technical Previewがアップデートできない時に試すこと

MacBook Proが来てからと言うもの以前使っていたPCを全く起動していなかったのですが、やはり完全なWindows環境も必要(+遊び要素)ということで古いPCにWindows 10 Technical Preview を導入しました。

で、この Windows 10 Technical Preview とても快適なのですが何故かBuild 9841からアップデートが出来ず・・

調べてみるとアップデートできている人たちのレジストリ値と、私のPCのレジストリ値が少しばかり違うことがわかりました。

右下の検索欄に REGEDIT と打ち込み

Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsSelfHost\Applicability

内を確認して下さい。

     BranchName = fbl_release

     ThresholdRiskLevel = low

     ThresholdInternal = 存在してはならない

     ThresholdOptedIn = 存在してはならない



こうなっていればOKみたいです。
ちなみに私は
BranchName = fbl_awesome1501 になっていました。

最新ビルドではアップデートの受信時期いじれるみたいですがこのバージョンでも同様にThresholdRiskLevel = low を high にするとアップデートの配信時期とかいじれるんですかね・・・?まあもうBuild 9841以降のビルドが普通に配信されているので触る必要はありませんが。
追記
アップデートとは全く関係ないのですがWi-Fi関連のドライバをいじくってたらシステムUIがお亡くなりになったので結局Windows 8.1に戻しています。せっかくアップデートまでしたのにトホホ(´・ω・`)

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】