投稿

ラベル(VOBOT)が付いた投稿を表示しています

Amazon Alexaを世界初搭載したスマートクロック「VOBOT」をレビュー

イメージ
Vobot ClockはAmazonのクラウドベースの音声サービスAlexaとLEDドットディスプレイを組み合わせたスマートクロックです。
今回は販売元のVobot様より、レビュー用のサンプルをいただきましたのでレビューしていきます。

開封
パッケージはなかなかコンパクト。


パッケージにはこのスマートクロックのできることが記載されています。
Alexa搭載のおかげで、できることが多いですね。


開封するとなんと日本語説明書。国内版にはしっかり日本語の説明書が付属しているんです。
更に、よくある機械翻訳などではなくしっかり人の手により翻訳されているようで、自然な日本語で記載されています。


今回私のもとに届いたモデルはブラックカラー。縁がピンクゴールドでカラーリングされていてインテリアとして部屋に溶け込むおしゃれなデザインです。


スピーカー穴は上部にあります。最大音量は爆音というほどではないですが、目覚ましとしては普通に使えるレベル。


ディスプレイ発色もよく見やすいです。
VOBOT CLOCKはWi-Fiを内蔵していて、一度接続してしまえば家の中どこにおいても使うことができます。


アプリやウェブから簡単に管理もできます。

ここからはこのVOBOT CLOCKの特徴的な機能についてご紹介します。

サウンドセットアップ
まず、このスピーカーは接続の際に音波を利用してWi-Fiのパスワード転送などを行います。
非常に近未来的で接続作業が楽しくなります(笑)
なので接続の際には母艦のスマホやPCは必ず音の出る状態で行いましょう。


セットアップが終われば自動的に時刻設定を行ってくれます。こういったスマートクロックを使ってしまうと便利さから普通の時計が使えなくなりそうですね。

スリープコーチ この機能はホワイトノイズや自然の音を流して利用者が睡眠状態に入りやすくしてくれるものです。
スマホのアプリやYouTubeなどにも似たような物があったりしますが、このVOBOT CLOCKがあればそれだけで済んでしまうというわけです。

Daily Routine ルーチンワーク設定を使えば○曜日の○時にアラームを鳴らす、Alexaに読み上げをさせる、など細かく設定することもできます。
ルーチンはいくつも設定できるので作り込んでいけばかなり便利になりそうです。

Alexaとの会話 VOBOT…