投稿

ラベル(Anker)が付いた投稿を表示しています

Quick Charge 3.0に対応したモバイルバッテリーAnker PowerCore Speed 10000 QCをレビュー

イメージ
Quick Charge 3.0 & Power IQに対応した10000mAhとしては世界最小の大容量モバイルバッテリーをAnkerからサンプルとして頂いたのでレビューしてきます。

今回頂いたのはAnker PowerCore Speed 10000 QCです。モデルとしてはA1266。
Anker PowerCore 10000(A1263)の後継機とのこと。
型番やスペックは以前レビューしたAnker PowerCore 13000(A1264)に近いですね。
Pokémon GOに最適?Anker PowerCore 10000 Quick Charge 3.0をHTC 10用に購入した Fate/Grand OrderやPokémon GO等、バッテリーを非常に多く消費するゲームをHTC 10でプレイしている為、Quick Charge 3.0に対応したモバイルバッテリーがほしいと考えていたところ、Ankerからぴったりな製品が販売されていたので購入した。
パッケージ内容はPowerCore Speed 10000 QC、トラベルポーチ、Micro-USBケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証、カスタマーサポートとなっています。

プラスチック製のボディですが、サラサラとしており指紋がつきにくいです。
その代わり落としやすいので使用時には注意が必要です。私はA1264を既に落としました。

背面にはQuick Charge 3.0対応を表すQualcommロゴが入っています。

下が今回頂いたA1266、上がA1263なので少し細長くなっています。

左がA1266、右がA1263。
写真では伝わりにくいですがややA1266のほうが細身になっています。


Anker独自の充電規格Power IQとVoltageBoostをサポートしているので非Qualcommデバイスにも高速充電が可能な万能モデルです。
PowerCore Speedは、高温を検知し自動的に熱を下げるAnker独自の温度管理テクノロジーを搭載しているのでバックの中やポケットに入れて充電する場合も安心ですね。

端末によって多少差はありますがスマートフォンを約2.5回、タブレット端末には約1回フル充電できるくらいの容量です。普段の持ち運びには十分かと思います。

購入:Anker PowerCore …

Anker製5ポートUSB充電器「PowerPort 5」が故障したので問い合わせてみました

イメージ
Anker製5ポート充電器「PowerPort 5」を2年前から愛用してきたのですが、最近になって中央の1個のポートで充電ができなくなってしまいました。

Anker PowerPort 5 (40W 5ポート USB急速充電器ハブ) マルチポート USB急速充電器 iPhone 6 / 6 Plus、 iPad Air 2 / mini 3、 Galaxy S6 / S6 Edgeなど対応 (ホワイト) A2124522 Anker PowerPort 5 (40W 5ポート USB急速充電器ハブ) マルチポート USB急速充電器 iPhone 6 / 6 Plus、 iPad Air 2 / mini 3、 Galaxy S6 / S6 Edgeなど対応 (ホワイト) A2124522ほか家電&カメラ, が勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

Pokémon GOに最適?Anker PowerCore 10000 Quick Charge 3.0をHTC 10用に購入した

イメージ
Fate/Grand OrderやPokémon GO等、バッテリーを非常に多く消費するゲームをHTC 10でプレイしている為、Quick Charge 3.0に対応したモバイルバッテリーがほしいと考えていたところ、Ankerからぴったりな製品が販売されていたので購入した。

しっかりとQuick Charge 3.0対応品であることがわかる。

バッテリー本体と、付属品はケーブルとケース。

本体にもQuick Charge 3.0対応を示すロゴが入っている。

ポートはシンプルに2箇所のみ。Type-Cポートも非搭載となっている。

充電中はランプが点灯するのでどれくらい充電できているかがすぐに分かる。また、本体に残量確認用のボタンもあるので便利。

クレジットカードサイズなので持ち歩きに最適だろう。

バッテリー容量は10000mAhで Quick Charge 3.0対応だが、現在Amazonで3000円を切る値段で販売されているので現在 Quick Charge 3.0対応端末を持っているユーザーにとってはかなり良い選択になるのではないだろうか。

購入:Anker PowerCore 10000 Quick Charge 3.0 (QC3.0対応 10000mAh 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) トラベルポーチ付属

軽量でコンパクトなモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ mini」を購入したのでレビューします

イメージ
軽量でコンパクトなモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ mini」を購入したのでレビューします。

なんと防弾仕様! PowerLine Micro USB ケーブルをレビューしつつ壊す努力をしてみた。

イメージ
Ankerが防弾ケブラー素材を使用した高耐久MicroUSBケーブルを提供してくれたのでレビューしていきます。
以前私が購入したPowerLine USB-Cは似た名前ですが防弾ケブラー使用ではないようです。

PowerLine Micro USB 防弾ケブラー繊維で格段に頑丈
数千回以上の折り曲げてテスト後も、損傷や性能の差異は無し
厚いワイヤーの使用とケーブル内抵抗の低減により、どのUSB充電器に対しても、最適な充電スピードが可能
端子部分がコンパクト
18ヶ月保証と品質の高いカスタマーサポート

対応機器
Android スマートフォンやタブレット、電子書籍、カメラ、 MP3 プレイヤー、ハードディバイス、ポータブル充電器、携帯ゲーム機、その他全てのMicro USB 機器(Samsung、HTC Motorola、Nexus, Nokia、LG、HP、Sony、Blackberryを含む) その他多くのUSB機器対応




内容物はサポートへの連絡先が書かれた紙とケーブル本体です。


こちらがそのケーブル本体。灰色で通常のUSBケーブルより一回り太いです。


さて、Ankerさんはきっとこの商品を壊せるものなら壊してみろという挑発で送ってきたんだと思います。 ということで壊していきましょう。 ※メーカー非推奨の行為です。


まずは引き千切って見ようと考えおもいっきり引っ張りました。


5分ほど奮闘しましたが残念ながら引きちぎる事はできませんでした。しかし断線はしてるだろうと思いPCと接続してみました。


うーんこの・・・、壊れてませんね。
次はこれ。


ペンチです。押しつぶしたら多分壊せるでしょう。


結構強く潰したつもりでしたがあまり跡がつきませんね・・


そして充電も可能という・・

ということで私にはこのケーブルを破壊することは出来ませんでした。
諦めるのが早いって?実はケーブルを引きちぎろうと頑張ってる時に手が滑って肘を机に叩きつけてしまってもう力が出ないのです・・・


ということで引いても押しても壊れないPowerLine Micro USB ケーブルのレビューでした。
うーん!USB-Cケーブルでもこの防弾仕様ケーブルがほしいですね!!

Amazon:Anker PowerLine Micro USB ケーブル

AnkerのPowerLine USB-Cを購入してみたので開封レビュー

イメージ
OnePlus 2を手に入れたので、USC Type-Cのケーブルをストックしておきたいと思っていたらAnkerのケーブルが販売されていたので購入してみました。


付属品はケーブルと取扱説明書のみですね。


先端はこう。反対は標準的なUSB 2.0端子が搭載されています。

今まで私が利用していたAnkerのケーブルと比べるとのっぺり感がよく分かるかと思います。
このケーブルの転送速度はUSB 2.0準拠ですが、USB 3.0版の物もAnkerから販売されています。(日本国内ではまだかも)

挿し心地は、カチッと系ではなくスルッと系です。多分USBを常時抜き差ししてる人たちには伝わるでしょう。


今後は殆どのメーカーがType-Cを採用したスマートフォンやタブレット、PCなどを販売してくると思うので、今のうちにケーブルなどを買い揃えおくのも有りかもしれません。

耐久性はわかりませんが、規格上は今までのMicro USBより高い、らしいです。

ずっと裏表を気にせずケーブルを挿せるiPhoneが羨ましいと思ってたAndroid族の皆様、今こそ立ち上がる時(かも)です。

Anker の新シリーズ モバイルバッテリー Anker PowerCore 20100 をレビュー

イメージ
今回は Anker さんより、新シリーズモバイルバッテリー、 Anker PowerCore 20100 を提供していただいたのでレビューしていきます。

開封


この新しい PowerCore シリーズはマットな質感が特徴で汚れや指紋もつきにくい仕様になっています。
そして PowerCore シリーズで最大の容量を誇る Anker PowerCore 20100 は、他の 20000mAh 級モバイルバッテリーから、サイズ重量ともに約 30% の軽量化を実現し、高い安全製を誇るパナソニック製バッテリーセルを採用しています。

Anker独自技術 PowerIQ (接続機器を検知し電流を最適化)と VoltageBoost (ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整)により、超高速充電を実現しているそうです。


デバイス充電用のポートが2つと、モバイルバッテリー本体の充電用端子が1つあります。
軽量化に伴い、このモデルではライトがなくなっています。勝手にかばんの中で光ってたりするので他のモデルでもあんまり必要性を感じないですケド


フラッシュライトはなくなりましたがもちろん残量確認用のランプはあるのでご安心を。



業界トップの4.8アンペア出力でタブレット2台も同時に急速充電が可能・・・らしいです。タブレット二台も手元にないので試せていませんがこれはタブレットコレクターには心強いですね。
とりあえず Nexus 6 と GALAXY S5 を充電してみていますが、なんの問題もなく行えていますね。

サイズ比較 私が今まで Anker さんから提供していただいたモバイルバッテリーを並べてみました。
E5 が 16000mAh で E6 が20800mAh、そして PowerCore 20100 がその名の通り20100mAhなのですが・・・・


この差ですよ、ほとんどバッテリー容量に差はないはずなのですがサイズが全く違います。
そして、マッド加工な PowerCore は画像の E6 や E5 のように細かい傷が気になることもないでしょう。


ということで、今回は Anker PowerCore 20100 の開封レビューでした。
耐久性についてはこれから・・ですが、 E5 や E6 がまだまだ現役なので、このモデルも 2,3 年は余裕で戦ってくれるんじゃないかと思っています。
Ank…