Fossil スマートウォッチの知的財産を Google に売却

米国のカジュアルウォッチブランドのFossilは、スマートウォッチの技術に関連する4000万ドルの知的財産をGoogleに売却すると発表しました。
今後Fossilの研究開発チームの一部がGoogleに参加すると発表されています。今すぐにとは行かないと思いますが近い将来Pixel系列のスマートウォッチ登場も期待できますね。

Fossilといえば、昨年の11月、Snapdragon Wear 3100搭載のFossil Sport Smartwatchを発表し、将来的に「Google Pay」をサポートするともしていました。今後の2社の動きから目が離せませんね。

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】