Yosemiteの仮想メモリを無効にする【Mac高速化】

以前紹介した仮想メモリを無効化にする方法では、Yosemiteの仮想メモリを完全に無効化にすることはできません。

ということでYosemiteでの仮想メモリの無効化方法です。
まず、以下のコマンドでcompress_memoryのモードを1に変更します。
sudo nvram boot-args="vm_compressor=1"
元に戻す場合は
sudo nvram boot-args="vm_compressor=4"
です。

後は前回同様dyanamic_pagerを無効にします。
sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.dynamic_pager.plist
元に戻す場合は
sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.dynamic_pager.plist
 です。

ということでYosemiteでの仮想メモリを無効化する方法でした。
ある程度のメモリを積んでいるMacであれば実行しても問題無いのでは無いでしょうか?
ただ、エミュレータや重たいゲームなどを動かす場合は仮想メモリをオンにしたほうがいいと思います。

このブログの人気の投稿

Androidで快適なニコニコ動画再生アプリ「nicoid」の紹介