Moto 360のブートローダアンロック方法が公開、専用ケーブルを自作する必要有り(日本語の簡易製作ガイド付き)


Moto 360のブートローダロックアンロックの方法が公開されました。
Moto 360はバンドを外した部分にUSB接続用のポイントが存在しており、そこからパソコンに接続してブートローダをアンロックすることができます。
アンロック自体は「fastboot oem unlock」を入力するだけで簡単にできますが、パソコンとMoto 360を接続する専用ケーブルを自作する必要があります。
ケーブルの作り方についてはYouTubeに動画が投稿されています。




専用ケーブルの自作に必要な部品

  • USBケーブル
  • LANモジュラージャック(カテゴリー5)


LANモジュラージャックに貼ってあるシールを剥がし、カバーをこじ開けてピンを露出させます。




並んでいるピンを1本置きに前方に伸ばします。前に4本ピンが飛び出す形になります。




伸ばしたピンがケースと干渉しないように位置を合わせてドリルで穴を空け、ケースをはめ直します。





テスターを使ってピン配置を調べながら配線します。





カバーをはめ、すべてのピンの先端をわずかにL字に曲げます。



これで専用ケーブルの自作は完了です。
環境光センサー裏側のバンドを外すとその奥にUSB接続用のポイントがあるので、そこに自作したケーブルのピンを接触させてパソコンに接続すればfastbootコマンド等が使用できます。
接続時には必ずMotorola用のUSBドライバをインストールしてください。

あとは
adb reboot bootloader
fastboot oem unlock
でブートローダアンロックが完了します。

情報元:
How to make a usb interface cable for the Motorola Moto 360 smart watch / YouTube
How to Unlock the Motorola Moto 360 Smartwatch Bootloader / YouTube
ROOTJUNKY

このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース