CyanogenMod 11に通話録音機能を追加するXposedモジュール「EnableCMCallRecording」


8月14日からのCyanogenMod 11 Nightlyビルドに通話録音機能が追加されていたことがわかりました。
しかし、通話の録音を法律で禁止している国があるなどの理由から、ほとんどすべての機種でこの機能は利用できないように制限されています。
この機能を解放するには、Xposedモジュールをインストールする必要があります。

Xposed installerのダウンロードで「call recording」と検索して、「RecEnabler」または「EnableCMCallRecording」をインストールしてください。機能的にはどちらもまったく同じものです。


通話録音機能を有効にすると、通話画面の右下に録音ボタンが表示されるようになり、録音を開始すると録音時間が中央に大きく表示されます。


録音した通話は通話履歴から再生することができます。


ただし、通話履歴から録音した通話を削除することはできないので、任意のファイラーを使って削除する必要があります。

相手の声は、自分の携帯電話のスピーカーから出る音をマイクで拾ったものを録音しているので音量は小さく音質も良くありませんが、何とか聞き取ることはできます。
これはセキュリティの理由で、Androidには通話の音を直接録音できない制限があるためです。
このため騒音環境下での録音は難しいので、あくまで簡易的な録音機能であるということを心に留めておく必要があります。

関連記事: CyanogenModアップデート後もXposedフレームワークを維持する方法

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】