DELL XPS 13(9343)のBIOSをアップデートしたらファンが静かになりました

DELL XPS 13(9343)で以前からファンの音が気になっていたのですが、BIOSをアップデートしたことで大幅に改善されました。

まず、ファンの音の大きさですが、1080p 60fpsの動画を再生するとファンが高速回転し、使っていて気になるほどの音が常に鳴りつづけていました。ブラウザを使用する程度の軽作業でも、低速でファンが回り続けているのも気になっていました。
また、ファンの制御が温度ではなくCPU負荷を基準にしているようで、本体がまったく熱くない状態でも高負荷になるとファンが回り出すため、ブラウザの立ち上げなど一瞬だけ負荷がかかるようなタイミングでファンが高速回転するといったことが頻繁に起こっていました。

この問題について調べたところ、旧機種でBIOSアップデートによりファンの動作が改善されたという書き込みを見つけました。

XPS 13(9343)のBIOSアップデートを確認したところ、最新バージョンは「A07」でした。
インストールされているバージョンは「A03」でしたので、アップデートした方が良さそうです。

ちなみに、BIOSのバージョンの確認は、DELLブートロゴで「F2キー」を押して、表示されるメニューの「Settings」→「General」→「System Information」から確認できます。

アップデートのユーティリティは、先ほどのリンク中程の「ファイルのダウンロード」からダウンロードできます。

ユーティリティを起動してください。

アップデート前に他のソフトウェアを閉じる、アップデート中は充電器を取り外さないなどの注意点が表示されますので、それらを確認して「OK」を押してください。

アップデートするファームウェアのバージョン一覧が表示されますので、「OK」を押してください。
(この画像はアップデート後にキャプチャしたため、アップデート前後のバージョンが同じになっています。)

BIOSアップデートが実施されます。アップデート後は自動的に再起動します。

アップデート後、高負荷時でもファンの音は以前より静かになり、ブラウザを使用する程度の軽作業ではファンは一切回らなくなりました。気になっていたファンの動作が改善されたことで、今後も快適に使用できそうです。

このブログの人気の投稿

Androidで快適なニコニコ動画再生アプリ「nicoid」の紹介