投稿

私がMacに入れているソフトまとめ

イメージ
macOSのクリーンインストールする際にまとめておいた方が便利だと思ったので、完全にメモです。故に順番は適当。
AppCleaner
多分みんな入れているアプリ消すときに使うやつ。 特にApp Store以外で取得したソフトを消す時にお世話になっています。
公式サイト
BItwarden
完全無料で使えるパスワード管理アプリ、Windows, macOS, Linux, iOS, Androidへの対応に加え、ブラウザへアドオンとしてインストールも可能です。
公式サイト
Feedly
スマホアプリとして定番なFeedlyですが、ぶっちゃけmacOS向けのは操作性よくないです。 いつかいい感じになる事を信じて入れっぱなし。
公式サイト
Android file transfer
AndroidとUSBを介して物理的にデータのやり取りをする時に必須。 iOSしか使っていないなら不要だしiOSならワイヤレスでもいい感じになるがAndroidだとデータのやり取りは苦痛。昔よりはマシだけど。
公式サイト
IINA
macOSで動画を再生するならこれしかないぜってくらいクッソイケてるモダンなデザインが最高でVLCから乗り換えた。 Safariのアドオンとしても使える。
公式サイト
Android studio
仕事柄入れてる。

公式サイト

SPGアメックスカードを発行しました。(紹介可能です!)

イメージ
今回はスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックス)を発行してみたので簡単に特徴をまとめます。

カード会員様特典特典1 Marriott Bonvoyの会員資格 「Marriott Bonvoy ゴールドエリート」
特典2 ご入会後3ヶ月以内に、
10万円以上のカードご利用で 30,000 Marriott Bonvoyポイント
プレゼント
特典3 毎年のカードご継続毎に、
ご継続ボーナスとして 無料宿泊特典 プレゼント
SPGアメックスは入会するだけで上記のような特典を得ることができます。(2020年現在)
Marriott Bonvoy ゴールドエリートは本来マリオット系ホテルに一年間で25回宿泊してようやく手に入るステータスですが、このクレジットカードを発行するだけでその資格を得ることができます。
紹介でSPGアメックスに入会されると30,000 Marriott Bonvoyポイントではなく、39,000 Marriott Bonvoyポイントがプレゼントされます。(2020年現在) このポイントは交換レートにもよりますが1~2円ほどの価値があると言われており、ホテル宿泊は商品交換に当てることができます。SPGアメックスは年会費が3万円以上するカードですが、実質これだけでほとんどペイできてしまいますね。
強烈なのが3番目の無料宿泊券です。 2年目年会費支払いの度に無料宿泊ができる権利を取得できます。
決済時還元もかなりお得で100円で1.25マイル(条件あり) / 3 Marriott Bonvoyポイントという高還元具合。 旅行好きや、一年に一度くらいはいいホテルに泊まりたい、という方にはとってもおすすめなクレジットカードです! この記事の情報は古くなる可能性があるので最新の情報を確認される場合は公式サイトをご覧ください。
紹介可能なので興味のある方はTwitter (@CyanosMod) にDMをください!(SPGの招待欲しいと送ってくれればOKです。)

iPad Pro 2020発表!まるでMacのように操作ができるMagic Keyboardも

イメージ
そのコンピュータは、コンピュータの先を行く。

Appleが2020/3/18に新型iPad Proを発表しました。
前回のiPad Proは2018年後半に発表されたので実に1年半ぶりのアップデートとなりました。
大幅な変更点としてはカメラが多眼になり、チップセットがアップデートされたことでしょう。
ディスプレイはLiquid Retinaから変更なし、5Gも非対応です。ここはちょっと残念。

同時発表されたMagic Keyboardを装備させることでよりmacOSライクに使えるようです。
ただし販売日は5月・・・。コロナのせいですかね。
追記:iPad Pro 12.9 2018 整備品を購入しました。

情報元:Apple

JCBゴールドカードを発行しました。

イメージ
JCBのゴールドカードを発行しました報告です。

JCBカードは入会年が刻まれるため、どうせなら2020入れたいなーと去年から我慢しており、今年に入ってようやく発行することができました。

S50のお情け発行なので事前に取得していたUCカード<プライズ>(S100)に比べると心もとない・・・(/_;)
定期代やらMac購入が重なると普通に超えてしまいそうなので6ヶ月したら枠増し申請しようと思います。

JCBカード発行理由は以下の通り。
日本唯一のプロパーカードプロパーにしては安い最上位のザ・クラスも夢じゃない・・・かもしれない(育てる楽しみがある) くらいですね。
正直お得なカードではありませんし完全な自己満足です。

とりあえず二年間、年100万決済してJCBゴールド ザ・プレミア取得を目指していきます!

iPhone 11 Pro Max スペースグレイを購入レビュー

イメージ
今回はiPhone 11 Proを購入したので簡単にレビューしていきます。

見た目
開封に関しては本当にたくさんの方がいいカメラでいい感じにやってるので私は省きます。(怠惰) カラーはスペースグレイ、せっかくProを冠しているのだし黒いほうがProっぽいかなという理由で選びました。Proはすべてのカラーが落ち着いているのでどれを選んでも外れということはなさそうで、逆に選ぶのが大変でした。
いろいろ言われていたトリプルカメラですが、暗めのカラーなら気になりません。シルバーとかだとかなり目立ちます。好みの問題ですが気になるならスペースグレイやミッドナイトグリーンを選ぶといいでしょう。
カメラについて
カメラの実力はそれほど試せていませんが、超広角すげーってなりますね。Pixel 4に搭載されなかったのが悔やまれます・・・。 その他画質などに関しては正直一年前に販売されたPixel 3の方が綺麗じゃないか?と思う場面もありますしポートレートに関しては Pixelシリーズの圧勝かと思います。 iPhone 11 Proでもまだストローの先っぽ消えちゃうのでどうにかして欲しいですね。もうタピオカ撮る人も減ったし大した問題じゃないのかな。
パフォーマス 最新機種なので当たり前なのですが最高ですね。 Pixel 3だとFGOのギルガメッシュのGOB射出時に一瞬ラグがあったのですが完全に解消されました。
Androidでもゲーミングスマホが続々登場していますが、結局iPhoneの方が安定して高パフォーマスを維持できるので値段を気にしないなら iPhoneのいちばん高いの買っておけばゲーム性能に関しては間違いなしです。
電池持ち これは最高。私が今まで使ってきたスマートフォンの中で一番持ちます。 今まではバッテリー切れが怖く電池が減ってくると省電力モードにしたりあまりスマートフォンを使わないようにしていましたがこいつは別格です。 朝から晩まで音楽再生、電話、通知確認程度なら40%くらいしかバッテリーが減りません。ゲームをそこそこした日でも電池切れの不安を感じたことはありません。 最悪電池が切れても5時間程度はSuicaが使える安心感もありますしね。
正直Android端末はバッテリー管理がよろしくない(スリープ時の謎消耗など)機種が多いのでiOSは正にスマートフォンのあるべき姿と…

【Kickstarter】ミニマリストに大人気! Kesetsu の新作薄型財布 Kaizen をご紹介

イメージ
Kickstarterで出資していた財布、Kaizenを4ヶ月ほど使用したのでレビューしていきます。

Kaizenは以前レビューしたAkiの文字通り改善バージョンとして登場しました。


これがKaizenのパッケージ。相変わらず財布が入っているとは思えない美しいデザインですね。

今回選んだカラーはHUNTER GREENです。派手ではなく落ち着いた深い緑で気に入っています。


革のさわり心地がいいですね。
ロゴも主張しすぎずおしゃれです。



Suica等が入る「NINJA SLOT」は残念ながら無くなりましたが、代わりに内部にスロットが増えました。


前回のAkiはカードが本当に3.4枚程度が限界でしたが、今回のKaizenは8枚くらいは余裕で入ります。その代償として分厚くなっていますが、許容範囲でしょう。

もちろんRFIDブロックにも対応しているので非常にセキュアなおサイフと言えます。

モバイル決済対応が進み、現金をそれほど持ち歩かなくて良くなった現代社会、Kaizenのような薄型の財布が活躍すること間違いなしです!
購入は公式サイトからできます!日本への配送ももちろんOKです。
Kaizen以外にもミニマリストが喜ぶマストアイテムがたくさん販売されているので一度見てみてくださいね!

購入:KISETSU

Pixel 3 XLのAR機能が使えなくなったのでdocomoへ修理に出した結果

イメージ
Android 10が配信されてウッキウキだったのですが、AR機能が使えない不具合に遭遇。
初期化しても治らずGoogleサポートへ連絡。以下簡略化したやり取りです。

私「AR機能が使えなくなっているのですが・・・」
G「初期化等は試されましたか?」
私「はい」
G「購入先はどちらですか?」
私「docomoオンラインです。」
G「そうなりますとこちらでのこれ以上のサポートはできません。docomoへ修理に出してください。」
-完-
まあ当然ですね。Googleストアで購入していればそのまま対応してくれそうな雰囲気でしたが・・・。残念。
代わりの端末をお願いしましたが何が届くことやら。願わくばPixelとかGalaxyとかがいいなぁ。Xperiaが来ました。

最終的に、発送から8日で修理が完了し、手元に帰ってきました。

修理結果表の内容 修理内容 基盤交換
修理結果 「お申し出事象について、症状を確認することができませんでした。お申し出事象以外に基盤、スピーカーの故障を確認し、基盤(SIMトレイ含む)、スピーカーを交換しました。お預かりした携帯電話をご返却する前に、ソフトウェアを更新しております。」

AR機能の不具合は・・・? ということで、なんと私のPixel 3 XLで発生していたAR機能の不具合はdocomo(Google)側では確認できなかったそうです。しかし、同時に基盤とスピーカーの故障が見つかったから交換したよという内容でした。
基盤交換をしてくれたおかげか、AR機能の不具合も同時に解消されているのですが、不具合が見つからなかったというのはなぜなのでしょう・・・。
結果オーライですが、ちょっともやもやしますね。基盤故障やスピーカー故障がなければそのまま帰ってきていたわけですからね。というか、基盤故障があったからAR機能使えなかったんじゃないのかな、しっかり調査してほしかったですね。

修理費 0円でした。嬉しい。

時系列順2019/09/01GoogleサポートへAR機能が使えないと連絡、メールで返信をすると約束される。2019/09/02Googleサポートからメール、詳細な内容を知りたいとのことだったのでクラッシュ時のエラー内容を送る。2019/09/03Googleサポートからメール「一時的なエラーの可能性がある、アップデートで治る可能性があるの…