投稿

国内版Google Pixel 3についてのまとめ

イメージ
Google Pixel 3が日本で販売されることが正式に発表されましたので、情報をまとめます。 Pixelシリーズとは Google純正のスマートフォン、タブレット、ノートブックシリーズの名称、それがPixelです。 近いシリーズとして以前はNexusシリーズが存在しましたが、Nexusはあくまで開発者向けデバイス。しかしPixelはプレミアムデバイスということで一般消費者向けにGoogleが本気で作ったデバイスとなります。 製造もNexusは他社に委託していましたが、Pixelは設計段階からGoogleが行っている、まさにMade by Googleデバイスというわけですね。 国内版Pixel 3 Nexusの売れ行きが悪かったからか、Pixel、Pixel 2と日本では販売されず、3もでないのでは、と思われていましたが、Made by Google 2018で正式発表。 取扱は現時点でGoogle公式ストア、docomo、Softbankとのこと。 勿論防水対応ですが、今回国内販売をするにあたり、なんとFeliCaに対応。初のおサイフケータイが利用できるGoogle製デバイスとなりました。 キャリア版Pixelについて 現時点で判明している話をまとめると、おそらくSIMロックがなされている点以外はほぼGoogleストアで販売されるSIMフリーモデルとハードは同様と考えて良いと思われます。 中身に関してですが、これもおそらくキャリアカスタマイズはされていないのではと考えられます。 逆に言えばキャリア製のアプリやサービスが一部使えない可能性も出てきますでこの当たりのサービスを利用していたユーザーにとっては障壁となるかもしれません。 国内版と海外版の違い、注意点 まず。国内版は対応しているFeliCaが海外版には搭載されていません。 また対応バンドにも違いがあるので国内運用予定の方は、理由がない限りは国内版を買っておくほうが良さそうです。 海外版のみの機能として、eSIMに対応しています。というよりは日本版だけが対応していないという方が正しいですね。 関連サイト Googleストア Pixel 3

Made by Google 2018リアルタイム更新

イメージ
Made by Google 2018で発表された内容をリアルタイムで更新していきます。 今回は日本向けPixelも発表される見通しです。 BGMが鳴り始めました。 ニューヨーク会場の映像に切り替わり・・・。 Googleストア にも変化が。国内向けにPixel 3が出るのは確定ですね。 0時、始まりました。 Pixel 3のリーク動画からのスタート・・・これは・・・。 ビートルズのHelpをBGMに、Googleサービスの動画が流れます。Googleのこれまでの積み重ねを垣間見る事ができます。 AI+ソフトウェア+ハードウェア、これらを組み合わせた製品を今夜紹介してくれるとのこと。 Pixel 3 Pixel Slate Google Home Hub 視聴席の丸い機械からPixelプロダクトが登場。 デザイン業界からの評価も高いらしいです。 新しいGoogle Homeシリーズのお話。 Google Home Hub Googleメイドのデザイン Ambient IQ(光度の調整機能?) 家族の声を個別に認識 ペアレンタルコントロール設定も可能で家族利用も安心 Home View機能で自宅をスマート化 お値段$149 Googleフォトとの強い連携(自動アルバム生成) Hubの次はPixel Slateです。 美しいタブレット。ラウンドガラスを採用しているようです。 デュアルフロントファイアリングスピーカーを搭載し力強いサウンドを実現。 ChromeOS搭載でデスクトップとしてもタブレットとしても利用可能。 アンチウイルスの自動的なアップデートとTitan Securityでセキュアアピール。 キーボードはマグネット式のよう。 最後に、Pixel 3。 カラーは3色展開、白黒ピンクです。数ミリほどカメラは飛び出している様子。 トップショット機能で誰も目をつぶっていない写真を取ることが出来ます。 iPhone Xsとの比較。 AR機能を使えばPixelだけでこんな動画も作れます。 専用のセキュリティチッ

Google, 日本向けにPixelのティザー動画を公開

イメージ
Googleが日本向けに投入予定のPixelシリーズのティザー動画を投稿しました。 「ぎゅっ、から始まる。新しいスマートフォン」というキャッチコピーでPixelの機能をアピールしているようです。 ぎゅっという握る動作はActive Edgeのことを指しているのでしょう。 おそらく近日発表されるPixel 3が投入されるのでしょうが、国内仕様(FeliCa等)に対応しているのか気になるところですね。 情報元: Google Pixel

Pixel / Nexusセキュリティ情報 - 2018年10月

Googleは10月のセキュリティパッチを含んだPixel / NexusのOTA, ファクトリーイメージを公開しました。 アップデート 特定の保護されたメディアフォーマットのパフォーマンスを向上させる - Pixel 2, Pixel 2 XL デバイスの高速充電動作を改善する - Pixel, Pixel XL Android Autoを使用時の安定性が向上 - Pixel 2, Pixel 2 XL マップナビゲーションを使用しているときの呼び出し画面の動作を変更 情報元: Pixel / Nexus Security Bulletin—October 2018

Samsung Galaxy Note 9 / S9 / S9+用にポートされたGoogleカメラが登場

イメージ
Samsung Galaxy S9、Samsung Galaxy S9+、Samsung Galaxy Note 9向けにGoogleカメラがポートされました。 Googleの優れたHDR+が機能しますが、ポートレートモードはまだ動作しないようです。ポートに関わった開発者によると、Google Pixel 3がリリースされれば、更新されたGoogleカメラのAPKを調べることでポートレートモードを有効にできるはずとのこと。 Snapdragon版ポートの注意点 BSG modの設定で、モデルをGoogle Pixel 2 XLに設定し、auto-HDR+を有効にしないと正常に動作しません。 Exynos版ポートの注意点 環境によっては、画像が緑色気味になってしまうことがあるそうです。設定を変更することで改善できますが機種によって設定内容が異なるとのこと。 ダウンロード: Download Google Camera port for the Samsung Galaxy Note 9/Galaxy S9

docomo、ケータイ補償の修理代金を見直し値下げ

イメージ
docomoは、「ケータイ補償サービス」の修理代金のサポートについて、修理代金の上限額を5,000円から3,000円へ値下げし、サポート適用期間を当該機種の修理受付終了まで延長するなど、2018年10月1日(月曜)より故障修理に関わるサービスの見直し、改善を行いました。 最近のスマートフォンは性能も高く、2年ではなく3年、4年と使用することを見据えたユーザーも増えています。こうしたユーザー目線でのサービス拡大、改善は非常にありがたいです。 情報元: (お知らせ)故障修理に関わるサービスを拡充 -「ケータイ補償サービス」契約者の修理代金上限額を3,000円に値下げ- <2018年10月1日>

Razer DeathAdder Eliteを購入しました

イメージ
以前から欲しかったゲーミングマウス、Razer DeathAdder EliteをAmazonで購入しました。 スペック True 16,000 DPI オプティカルセンサー 対スピード性能 450 IPS / 加速度50 g Razer メカニカルマウススイッチ ラバー製サイドグリップを備えた右利き用エルゴノミック・デザイン 個別プログラミング可能な7つボタン Razer Chroma対応 Razer Synapse 対応 1000 Hz Ultrapolling 約2.1メートル(7フィート)の軽量編組ファイバーケーブル 重量:105 g / 0.23 lbs 良いところ デザインが良い 握りやすい形状 心地よいクリック感 値段が安い 悪いところ 少し大きいので手が小さい人には向かない 評価:低価格帯ゲーミングマウスならこれ 私が購入したときの価格は6,596円でした。この価格にしては本体の完成度が高く、握ったときのグリップ感も完璧です。 クリック感も心地がよく、サイドキーも押しやすいです。といっても誤爆してしまうほどではなく絶妙な配置です。 ゲーミング用としてはもちろん通常利用でも満足の出来です。唯一ケチをつけるとしたら、サイズが大きめなので手が小さいと持ちづらいかもしれない点ですね。サイズが問題なく、低価格帯でゲーミングマウスを探しているなら間違いなくDeathAdder Eliteは「買い」ですね。 購入 Amazon