投稿

Galaxy S8 | S8+についてまとめ

イメージ
ついに発表されたSamsungの新フラグシップ、Galaxy S8についてまとめます。 ネーミング 規則通り次期モデルはS8になるようです。大型のS8+も存在するようです。 デザイン ホームボタンは廃止。 指紋認証は背面に回るようです。 極限までベゼルが狭められたInfinity Displayを搭載し、今までのフラットなスマートフォンとは違った印象を与えてくれます。 アスペクト比も変更され、18.5:9と従来よりも縦長となっています。 スペック 10nmプロセスのSnapdragon 835 (2.3GHz 4コア + 1.7GHz 4コアのクアッドコア)、または地域によりExynosプロセッサ。 Galaxy S8と見られるデバイスがAnTuTuベンチマークでスコア20万点超えを叩き出したようなのでスコアが本当であれば「Galaxy S8」は現時点で最高の性能を持つAndroidスマートフォンということになります。 ストレージ 4GB RAM+64GB内蔵ストレージ(UFS 2.1) microSDXCにも対応(256GBまで) カメラ 背面カメラはデュアルピクセル 12MP F1.7。撮影時に1回のシャッターで内部で3枚の写真を撮影し、それらを合成することで画像のブレを低減するとともに、コントラストを最大化する機能を備えるようです。 前面カメラは8MP、AF対応、F1.7。広角撮影にも対応。 バッテリー バッテリー容量はGalaxy S8が3,000mAh、Galaxy S8+が3,500mAh。 とても大きいというわけではないので実際電池持ちが気になりますね。 ソフトウェア AIアシスタントBixbyを搭載 また、Windows Phoneに実装されている Continuum に似た新機能のDeXを備え、スマートフォンをデスクトップコンピュータのように利用可能です。 今までの指紋認証などに加え、瞳で認証する虹彩認証も備えています。 国内販売は? 現時点で国内販売が行われるのかは不明ですが、au版と見られるS8の画像が出回っていることからauから本機が販売される可能性は高そうです。 国内向けのGalaxy S8のページ も作られています。

絡まない、巻ける、きしめんケーブル「Cave Type C Cable」をレビュー

イメージ
フジテレビラボ より提供していただいた、きしめんタイプのType Cケーブルをレビューしていきます。

「HUAWEI Mate 9」のソフトウェアアップデートを開始

イメージ
ファーウェイ・ジャパンは、現在販売中のSIMロックフリースマートフォン「HUAWEI Mate 9」初となるアップデートを3月14日から開始しました。

AppleのAirPodsのような完全ワイヤレスイヤホン「QCY Q29」をレビュー

イメージ
フジテレビラボ より提供していただいた、AppleのAirPodsのような完全ワイヤレスイヤホン「QCY Q29」をレビューしていきます。

次期Android「Android O」の開発者プレビューが公開

イメージ
次期Android OSのメジャーアップデート「Android O」の開発者プレビュー第1弾のDP1がリリースされました。

絶対起きれるAndroid用目覚ましアプリ「おこしてME」

イメージ
朝に弱い人でも絶対起きれる、眠れるものなら眠ってみて!!とまでいうアラームがおこしてMEです。 起動するとなんら他の目覚ましアプリとの差がないように感じられますが・・・。 アラーム設定画面に行くと基本的な時刻、繰り返し設定などの他にアラームの止め方を設定できる項目があります。 種類は5種類。 写真は予め家の中などの画像を登録しておくと、同じ場所の写真を取らないと鳴り止みません。 ふるふるは文字通り端末を一定回数振らないと止まらなくなり、数学問題は出題される計算を解かなければ止まりません。QRコードは写真と似たようなものですが、精度が高いです。 計算で設定しようとするとこんな感じ。問題の難易度や出題数の設定が可能です。寝ぼけ頭にこれはキツそうですね。 このアプリが絶対起きれるというポイントは止め方だけではありません。 アラームが鳴っている間 電源がオフに出来ない+アプリが削除出来ない ようにする事ができるのです。 おこしてMEを管理アプリとして有効化する必要がありますが、これで簡単にはアンインストールできなくなります。 どうでしょうか。普通のアラームアプリだと起きれない人や、寝ぼけてアプリをアンインストールしてしまう人など、このアプリを試してみてはいかがでしょうか? ダウンロード: おこしてME ( アラーム )

Nexus 5にLineageOS(Android 7.1.1)を導入してみた

イメージ
CyanogenModの後継プロジェクトであるLineageOSをNexus 5にインストールしました。 以下の内容を行う場合全て自己責任でお願いします。 事前準備 最新の LineageOS をダウンロード 最新の TWRP をダウンロード 機種に合った GApps をダウンロード、今回はARM, 7.1、Variantはお好みで。個人的にはnanoがおすすめ。 Nexus 5を最新の状態にします。色々弄っている場合は Factory Images for Nexus and Pixel Devices からファクトリーイメージをダウンロードし、適応しておくのが確実です。記事作成時点ではAndroid 6.0.1 (M4B30Z, Dec 2016) 導入方法 Nexus 5のブートローダーアンロックを行います。既にアンロック済みの方は6まで飛ばしてください。 Nexus 5を電源オフの状態で電源ボタンと音量下長押しでブートローダーモードにします。 Nexus 5をADBコマンドが使えるPCに接続します。最後まで接続したままです。 コマンドプロントに"fastboot oem unlock"と入力してエンターを押します。 Nexus 5を操作してYesを押します。(音量ボタンで上下、電源で決定) 5でアンロック出来たNexus 5にTWRPを導入します。既にTWRPを導入している方は飛ばしてください。 コマンドプロンプトに"fastboot flash recovery "と打ち込み、ダウンロードしておいたTWRPをドラッグアンドドロップしエンターを押します。 TWRPの書き込みが終わったらNexus 5の音量ボタンと電源ボタンを操作してリカバリーモードに入ります。TWRPが立ち上がれば成功です。 TWRPのWipeをタップし、Swipe to Factory Resetをスワイプします。 TWRPのAdvancedをタップします。 ADB Sideloadをタップします。 Swipe to Start Sideloadをスワイプします。 コマンドプロンプトに"adb sideload "と打ち込み、ダウンロードしておいたLineageOSをドラ