投稿

「iOS 8.2」配信スタート、Apple Watchアプリがシステムに追加される模様

イメージ
Appleは自社製品の発表と同時にiOS 8.2をリリースしたようです。 更新内容 Apple Watchのサポート 新しいApple Watch Appで、iPhoneとのペアリングと同期、およびWatchの設定のカスタマイズが可能 新しい"アクティビティ"AppでApple Watchに保存されているフィットネスデータや成果を表示可能(Apple Watchがペアリングされている場合) iPhone 5以降で利用可能 "ヘルスケア"Appの機能改善 距離、体温、身長、体重、および血糖値の単位を選択できる機能を追加 大量のデータを処理する際の安定性が向上 他社製Appでのワークアウトセッションを追加して視覚化できる新機能 ユーザがメディカルIDに写真を追加できないことがある問題に対処 ビタミンとミネラルの単位を修正 データソースの順序の変更後にヘルスケアデータが更新されない問題を修正 一部のグラフにデータ値が表示されない問題を修正 歩数、距離、および上った階段の追跡をオフにできるプライバシー設定を追加 安定性の向上 "メール"の安定性が向上 "マップ"のFlyoverの安定性が向上 "ミュージック"の安定性が向上 VoiceOverの信頼性が向上 Made for iPhone補聴器との接続を改善 バグの修正 "マップ"で一部のよく使う場所へのナビゲーションができない問題を修正 クイック返信メッセージの最後の単語が自動修正されない問題に対処 iTunesの購入済みコンテンツが重複している場合にiCloudの復元が完了しないことがある問題を修正 一部の音楽やプレイリストがiTunesから"ミュージック"Appに同期されない問題を解決 削除したオーディオブックがデバイスに残ることがある問題を修正 Siriのアイズフリーを使っているときに通話の音声が車のスピーカーに転送されないことがある問題を解決 Bluetoothでの通話で、通話に応答するまで音声が聞こえない問題を修正 "カレンダー"のイベントがグリ

HTC One M8にSense 7がポートされる

イメージ
SkyDragonという開発チームがHTC One M8向けにSense 7をポートしました。 Sense 7のアプリなどが一通り動作するようです。 チームはレビュー動画をYouTubeに投稿しており、それを確認する限りではかなり軽快に、さくさくと動いていますね。 実際に導入する際はXDAの注意事項をよく読んでから行うようにしてください。 ダウンロード: [ROM][9-3]SD v 1 |Sense7 Port | SDkernel | SDHub | HK | Wifi Calling | Best Battery

Mac向けの仮想マシン環境ソフトウェアParallelsを購入しました

イメージ
前から欲しかった、Mac向けの仮想マシン環境ソフトウェアParallelsをようやく Amazon で購入しました。今なら公式サイトよりAmazonのほうが安いです。 Mac向けの仮想ソフトウェアとして有名なのは VMware Fusion Parallels Desktop Virtual Box の3種でしょうか。 Parallels Desktopに決めた理由は3種の中で最も快適に仮想OSが動く(らしい)というのと、TwitterのフォロワーさんがガッツリParallelsを使っているのでなんとなく安心感があったからですね。 複数台のMacで利用する場合は、VMware Fusionの方が安く付くみたいです。 パッケージはこのような感じ、結構ちゃちいです。 これがライセンス、この裏にコードが書いてありました。 人気のあるアプリの割引券もついていました。 ということで早速Windows 10 TPを導入しました。正式版がリリースされたらぜひとも購入したいですね。 他にもAndroidやUbuntu、Chrome OSやその他のLinuxを手軽にインストールできるので色々と試していこうと思います。

Google、Android 5.1を正式発表、一部機種には既にファクトリーイメージも公開

イメージ
Googleは、Android 5.1のリリースを公表しました。 Android 5.1では安定性とパフォーマンスが向上し、複数のSIMカードのサポート、デバイスの保護と互換性のある携帯電話でHD Voiceなどの新機能が追加されました。 更にAndroid 5.1では誰かが工場出荷時にデバイスをリセットした場合でも所有者のGoogleアカウントでログインするまで、デバイスの保護を使い紛失または盗難にあったデバイスがロックされたままになります。 この機能は、Nexus 6とNexus 9に加えて、Android 5.1が動作しているほとんどのAndroid端末で利用できるようになります。 新しいAndroidは、Wi-Fiネットワークへの接続がより容易になり、ペアリングされたBluetoothデバイスの制御などの機能拡張も提供されるようです。 既にNexsu 5やNexus 7向けにはファクトリーイメージが公開されています。 Factory Images for Nexus Devices 情報元: Android 5.1: Unwrapping a new Lollipop update

GALAXY S5 SCL23を購入しました

イメージ
OnePlus Oneを水没させ途方に暮れていた私ですが、Twitterで「2万ちょいでS5売ってる」と教えていただき、めでたくヤフーオークションに出品されているSCL23を購入することに成功しました。カラーはチャコールブラックです。 CyanogenModが動き、SDカードが入り、尚且つ防水なら最高だと考えていた私にはぴったりでした。 最近スマートフォンの音楽をFlac形式で持ち歩く用になったのでSDカードが刺さるのはとても嬉しいですね。 Nexus 5に持ち曲をすべて入れてみたら空きストレージが2割を切っていたので・・・ CyanogenModに関しても有しの方がビルドしてくださっているものがこちらのコミュニティにまとまっています。本当にありがたいものです。 Knoxフラグなんて怖くねぇ(震え) 【人柱募集】GALAXY S5 SCL23用CyanogenMod11 アンバサダーでお借りしていたACTIVEを除くと、GALAXY Note 3以来のSAMSUNG端末なので楽しみです。SIMロックを解除するつもりなのでSCL23KDU1BNE4にダウングレードし、その後こちらで紹介されている方法でSIMロックを解除しようと考えています。 au SCL23 Galaxy S5、SCL22 Galaxy Note 3、SCL21 Galaxy S3 ProgreのSIMロック解除について(HTC速報Dev) ダウングレードはOdinで出来るようですが、現在Macを利用しているので、JOdinを利用しようと考えています。 JOdin3 これがダメなら仮想環境でWindows動かします・・・ ということで購入報告及び自分用メモでした。

Nexus 4やOnePlus One向けにAOKPのAndroid 5.0 Lollipopの非公式ビルドがリリース

イメージ
有志の手によって、Nexus4(Mako)向けにさっそくAOKPのAndroid 5.0 Lollipop非公式ビルドがリリースされました。仕事が早いですね。 バグや不具合に関しては書かれていないため、自分で確かめる必要があるようです。 (人柱感、全開ですねこれは・・・汗) なので、もしもの時に備えて 事前にバックアップ等を強くオススメします。 中身に関しては、初期段階の為 AOKP独自のカスタマイズ性はあまり使えないそうです。 情報元:  Google+ (AOKP Community) ,  Download (Nexus4 直リンです) 追記 OnePlus One向けの非公式ビルドも登場していました。 しかし投稿者いわく「テストでビルドした」と言っており ベースバンドが不明になる不具合などがあるため、あまり使うことは出来なさそうです。 情報元:  Google+ (AOKP Community) ,  Download (OnePlus One) 他にもリリースはされていませんが、AOKP Communityでは不具合などがあるものの Nexus 6 (画像上)と Galaxy S3(AT&T版) (画像下)の非公式ビルドが披露されています。  

Paranoid Android 5.0 Alpha 2がリリース

イメージ
Paranoid Android 5.0のAlpha 2がリリースされました。 今のところ、addon.dのバックアップ機能は、ビルドに含まれていないようです。 つまり、ユーザーが手動でAlpha 2 ZIPをフラッシュ後、GAppsを再インストールしなければならないということです。 Alpha 1の環境にAlpha 2を導入後、GAppsをフラッシュせず再起動は絶対にしないでください。再度GAppsを導入後に再起動しないとエラーが発生するようです。 変化の大規模でかなり重要な部分は、テーマエンジンの改良のようです。 またApp Opsの再導入も行われています。 また、今回のビルドからクイック設定のタイルを並べ替えることができます。 更新内容 クイック設定のタイルの並び替えが可能に App Ops設定が可能に CyanogenModテーマエンジンの更新 ダウンロード: http://get.aospa.co