投稿

ラベル(Snapdragon)が付いた投稿を表示しています

Qualcomm、ハイエンドSoC「Snapdragon 820」を正式発表

イメージ
Qualcomm は10日(現地時間)、モバイル端末向けのハイエンドSoC「Snapdragon 820」を正式に発表しました。 Snapdragon 820(以下S820)は、Snapdragon 810(以下S810)比で約二倍の処理能力を持つとされています。 14nm FinFETで製造された クアッドコア 最大2.2GHz動作のカスタムCPU「Kyro」を搭載したSoCでメモリはデュアルチャンネルのLPDDR4-1866をサポートします。 S810ではオクタコアでしたがやはり発熱などの批評もあり、4コアに変更したのでしょうか。 「Quick Charge 2.0」からさらに38%効率化された高速充電技術「Quick Charge 3.0」にも対応するので、S820搭載端末は今までより早く急速充電が可能になります。 セキュリティ面もいわゆるキスイッチと呼ばれる「SafeSwitch」、3次元指紋センシング技術の「Sense ID」、学習型アンチウイルス技術の「Smart Protect」など、かなり強化されています。 経由: PC Watch Qualcomm、モバイル端末向けSoC「Snapdragon 820」を正式発表 ~前モデル比でCPUは2倍、GPUは40%の性能向上 情報元: Live from New York, it’s Snapdragon 820: Prepare for an immersive dive into mobile experience

OnePlus Oneは一度の充電で60時間以上の音楽再生が可能

イメージ
OnePlus Oneといえばハイエンド端末でありながら、64GBモデルが約36,000円ほどで購入できることで注目されているスマートフォンですが、それに加えて、一度の充電で60時間を超える音楽の連続再生が可能であることがわかりました。 動画から実際に60時間以上動作していることが確認できます。 ちなみにiPhone 5Sのスペック上の音楽連続再生時間は40時間なので、この動画ではそれを20時間以上も上回る結果となっています。 この驚異的な電池持ちは、主にSnapdragon 801のHexagon DSP(デジタルシグナルプロセッサ)によって実現されています。 他社のプロセッサでは音楽の再生にCPUを使用しますが、OnePlus Oneに搭載されているSnapdragonプロセッサではDSPを使用することでCPUと比べると非常に少ない電力で音楽を再生することが可能になっています。 情報元:  Qualcomm Snapdragon Processors