CyanogenMod 13がGSM版HTC One M9向けに配信開始

先日、CyanogenMod 13(CM13)の配信が開始されましたが、新たにGSM版HTC One M9に対して配信が開始されました。

CyanogenModはAndroidモバイルOSを基にしたスマートフォンとタブレット向けのオープンソースファームウェアディストリビューションです。テーマ、ステータスバー/ナビゲーションバーのカスタマイズ、通知LEDの詳細設定などベンダーのファームウェアにはない役立つ機能が数多く含まれています。また、過去にはStagefrightの脆弱性など、Androidで見つかった脆弱性がNightlyビルドではその日のうちに修正されることが多く、ベンダーでは実現できない迅速なアップデートによって安全性も確保されています。

新たに配信が開始されたのは以下の機種です。

これらに加えて、以下の機種も今後CyanogenMod 13の配信が開始されることが見込まれています。
  • Micromax Android One 2014(sprout4)
  • ZTE Nubia Z9 Max(nx510j)
  • Verizon版Samsung GALAXY S4(jfltevzw)

CyanogenMod 13対応のGAppsはopengapps.orgからダウンロードすることができます。

このブログの人気の投稿

docomo版GALAXY Note SC-05D用にAndroid 5.0ベースのカスタムROM、Candy5がリリース