投稿

11月, 2015の投稿を表示しています

CyanogenMod 13がMotorola Moto Gシリーズ4機種向けに配信開始

イメージ
先日、CyanogenMod 13(CM13)の配信が開始されましたが、それらに続いて新たに4機種に対して配信が開始されました。 CyanogenModはAndroidモバイルOSを基にしたスマートフォンとタブレット向けのオープンソースファームウェアディストリビューションです。テーマ、ステータスバー/ナビゲーションバーのカスタマイズ、通知LEDの詳細設定などベンダーのファームウェアにはない役立つ機能が数多く含まれています。また、過去にはStagefrightの脆弱性など、Androidで見つかった脆弱性がNightlyビルドではその日のうちに修正されることが多く、ベンダーでは実現できない迅速なアップデートによって安全性も確保されています。 新たに配信が開始されたのは以下の機種です。 Motorola Moto G(falcon) Motorola Moto G 4G(peregrine) Motorola Moto G 2014(titan) Motorola Moto G 4G 2014(thea) これらに加えて、以下の機種も今後CyanogenMod 13の配信が開始されることが見込まれています。 Oppo Find 7a(find7) Oppo Find 7s(find7s) HTC One M8 Dual SIM(m8d) Galaxy Note 10.1 2014 Wi-Fi(lt03wifi) Motorola Moto E 2015(otus)

エレガントでモダンな音楽プレイヤー「BlackPlayer Music Player」の紹介

イメージ
エレガントでモダンなデザイン、それでいて広告無しの音楽プレイヤー「BlackPlayer Music Player」の紹介です。 アプリのリンク: Google Play - BlackPlayer Music Player さっそく見ていきましょう! 再生時の様子です。UIはすっきりしてシンプルです。 トラックリストは左からスワイプすると出てきます、更に再生順を変えることも可能。 アルバムアートをタッチすると、プレイリストまたはお気に入りに追加、歌詞の確認が出来ます。 個人的にステータスバーまでアプリと色が同じになるところがGood!! 上にある曲名をタッチすると、メニューが出てきます。ここでは曲の削除や編集等が出来ます。 アーティストをタッチすると、どんなアーティストなのかを説明が出てきます(表記は英語) アルバム一覧です。画像には見えていませんが、アーティストやジャンル別などに分けられています。 上にある虫眼鏡からトラック、アーティストを検索することが出来ます。 右から横にスワイプするとナビゲーションが出てきます。 再生画面、プレイリスト、イコライザー、設定にアクセスでき、多く再生した曲を確認できます。 イコライザーです。自分で設定も出来ますが、クラシック、ポップ、ロックなど予め作られた設定もあります。 設定です。「インターフェイス」、「オーディオ」、「メタデータ」、「アドバンスド」の4項目があります。 インターフェイスでは3種類からテーマの選択、文字のカラー、フォントの変更、アーティスト欄アルバム欄を見るときはリストスタイルかグリッドスタイルか、アニメーションの変更などなど かなり細かいところまでユーザー側でカスタマイズが可能になっています。 オーディオではイコライザーをBlackPlayerかStockのモノを使うか、リピートモードの設定、Bluetooth機器と接続した際に音楽を自動再生するか、電話が掛かってきて終わった後に再び再生するかどうかなどを設定できます。 メタデータでは行方不明な音楽のスキャン&スキャンした音楽をライブリーに追加する、アーティストやアルバム画像の自動ダウンロード、着メロやポッドキャストを含む再生可能な音楽ファイルを全て表示するなどを

CyanogenMod 13がNexus 5 CAF、Nexus 6、韓国版LG G3など更に3機種向けに配信開始

イメージ
先日、CyanogenMod 13(CM13)の配信が開始されましたが、それらに続いて新た3機種に対して配信が開始されました。 CyanogenModとはAndroidモバイルOSを基にしたスマートフォンとタブレット向けのオープンソースファームウェアディストリビューションです。テーマ、ステータスバー/ナビゲーションバーのカスタマイズ、通知LEDの詳細設定などベンダーのファームウェアにはない役立つ機能が数多く含まれています。最近のNexus機ではソフトウェアレベルで通知LEDや「ダブルタップで復帰」機能が無効化されている機種がありますが、CyanogenModであればそれらの機能を完全に使用することができます。また、過去にはStagefrightの脆弱性など、Androidで見つかった脆弱性がNightlyビルドではその日のうちに修正されることが多く、ベンダーでは実現できない迅速なアップデートによって安全性も確保されています。 新たに配信が開始されたのは以下の機種です。 LG Nexus 5 CAF(hammerheadcaf) Motorola Nexus 6(shamu) 韓国版LG G3(f400) hammerheadとhammerheadcafの違いについては こちら で解説していますので、合わせてご覧ください。 これらに加えて、以下の機種も今後CyanogenMod 13の配信が開始されることが見込まれています。 Oppo Find 7a(find7) Oppo Find 7s(find7s) Motorola Moto G(falcon) Motorola Moto G 4G(peregrine) Motorola Moto G 2014(titan) Motorola Moto G 4G 2014(thea) HTC One M8 Dual SIM(m8d)

Googleストアで「Huawei Watch」が9,600円も値下げ中だったので購入しました

イメージ
ブラックフライデーの影響でしょうか、GoogleストアでHuawei Watchが9,600円も値引きされています。 おそらくこのキャンペーンは短期的なもので、すぐに元の価格に戻ってしまうかもしれないのでHuawei Watchを購入予定だった方はこのチャンスを逃すのはもったいないかもしれません。 アクセスが多いのか購入画面でかなり読み込み時間がかかります。 【悲報】ブラックフライデー中に気絶した。 pic.twitter.com/ZDvQnBHLBP — せー (@cyanosmod) 2015, 11月 27 現在は値引き額が6,000円に下がっているようです。 おそらくこれから値引き額が上がることは無いでしょう。 購入 : Google ストア 関連 円形クラシックデザインのHuawei Watchを開封レビュー Huawei Watchのバッテリー持ちについて

CyanogenMod 13がNexus 5、Verizon版LG G2、国際版LG G3など更に3機種向けに配信開始

イメージ
先日、限られた機種に対してCyanogenMod 13(CM13)の配信が開始されましたが、それらに続いて新たに3機種に対して配信が開始されました。 CyanogenModとはAndroidモバイルOSを基にしたスマートフォンとタブレット向けのオープンソースファームウェアディストリビューションです。テーマ、ステータスバー/ナビゲーションバーのカスタマイズ、通知LEDの詳細設定などベンダーのファームウェアにはない役立つ機能が数多く含まれています。最近のNexus機ではソフトウェアレベルで通知LEDや「ダブルタップで復帰」機能が無効化されている機種がありますが、CyanogenModであればそれらの機能を完全に使用することができます。また、過去には Stagefrightの脆弱性 など、Androidで見つかった脆弱性がNightlyビルドではその日のうちに修正されることが多く、ベンダーでは実現できない迅速なアップデートによって安全性も確保されています。 新たに配信が開始されたのは以下の機種です。 LG Nexus 5(hammerhead) Verizon版LG G2(vs980) 国際版LG G3(d855) これらに加えて、以下の機種も今後CyanogenMod 13の配信が開始されることが見込まれています。 Oppo Find 7a(find7) Oppo Find 7s(find7s) Motorola Moto G(falcon) Motorola Moto G 4G(peregrine) Motorola Moto G 2014(titan) Motorola Moto G 4G 2014(thea) HTC One M8 Dual SIM(m8d)

CyanogenMod 13を導入する際に推奨されるGApps

イメージ
CyanogenModなどのカスタムROMでGoogleのサービスを利用するにはGApps(Google Apps)が必要です。 CyanogenMod 13で現在公式に推奨されているのは Open GAppsのnano です。 導入対象のデバイスCPUに適した物をPlatformから選んでダウンロードしてください。 回線等にもよりますが、ダウンロードに少し時間が掛かるので注意してください。 ダウンロード: Open GApps 参照: Google Apps - CyanogenMod Wiki

CyanogenMod 13がLG G2/G3、Nexus 5X/6P、HTC One M8など更に6機種向けに配信開始

イメージ
先日、限られた機種に対してCyanogenMod 13(CM13)の配信が開始されましたが、それらに続いて新たに6機種に配信が開始されました。 CyanogenModとはAndroidモバイルOSを基にしたスマートフォンとタブレット向けのオープンソースファームウェアディストリビューションです。テーマ、FLACオーディオコーデックのサポート、日本のMVNOを含む豊富なAPNリスト、オプション付きの再起動メニュー、充電/通知LEDの詳細設定、ソフトウェアキーのカスタマイズなどベンダーのファームウェアにはない役立つ機能が数多く含まれています。最近のNexus機ではソフトウェアレベルで通知LEDや「ダブルタップで復帰」機能が無効化されている機種がありますが、CyanogenModであればそれらの機能を完全に使用することができます。また、過去には Stagefrightの脆弱性 など、Androidで見つかった脆弱性がNightlyビルドではその日のうちに修正されることが多く、ベンダーでは実現できない迅速なアップデートによって安全性も確保されています。 新たに配信が開始されたのは以下の機種です。 T-Mobile版LG G2(d801) T-Mobile版LG G3(d851) カナダ版LG G3(d852) LG Nexus 5X(bullhead) Huawei Nexus 6P(angler) HTC One M8(m8) これらに加えて、以下の機種も今後CyanogenMod 13の配信が開始されることが見込まれています。 Oppo Find 7a(find7) Oppo Find 7s(find7s) Motorola Moto G(falcon) Motorola Moto G 4G(peregrine) Motorola Moto G 2014(titan) Motorola Moto G 4G 2014(thea)

CyanogenMod 13がついにリリース、Nexus 6Pや5X向けにも配布中

イメージ
CyanogenがついにAndroid 6.0ベースのCyanogenMod 13をリリースしました。 最初にサポートされる端末は以下の7機と少なめですが、すぐに他の端末もサポートされる予定です。 Nexus 6PやNexus 5X向けのビルド等も配信開始されました。 OnePlus One (bacon) Nexus 7 (deb & flo) LG G4 (h815) Galaxy Tab Pro 8.4 (mondrianwifi) LG GPad 7.0 ( v400 & v410 ) LG G3 Verizon (vs985) Moto X 2014 (victara) ダウンロード: http://download.cyanogenmod.org/ 情報元: CyanogenMod Blog

【終了】Fate/Grand Orderの新イベント「ぐだぐだ本能寺」全容まとめ

イメージ
色々な意味で話題を呼んでいるAndroid/iOS向けゲームFate/Grand Orderですが、11月25日から新イベント「ぐだぐだ本能寺」が開催されます。 いやぁハロウィンイベントは苦行でしたね・・・ イベント概要 イベント開催期間 2015年11月25日(水)19:00~12月9日(水)13:59まで イベント概要 カルデアゲートに突如あらわれた「ぐだぐだ本能寺」に、織田信長が参戦! ちなみに奈須きのこ(ほぼ未)監修とのこと。 前回のハロウィンイベント同様にポイント集め主体になりそうですね。 織田信長はポイント交換、沖田総司はガチャで出現という形になるようです。 特定のサーヴァントをパーティに入れておくことで、「本能寺ポイント」の獲得数が増加 対象サーヴァント 沖田総司、織田信長、エミヤ、クー・フーリン(ランサー)、メドゥーサ、メフィストフェレス、牛若丸、武蔵坊弁慶 ※サーヴァントごとに増加数は異なる 期間限定サーヴァント 情報元: 【予告】期間限定イベント「ぐだぐだ本能寺」まもなく開幕!

高級イタリア時計を4分の1の値段で販売するための資金集めがKickstarterで開始

イメージ
Kickstarter で高級イタリア時計を再定義するプロジェクトの資金集めが始まっています。このプロジェクトは開始2日目で目標金額を達成するほど人気を集めています。 通常の高級時計はメーカーから輸送業者などを挟み、ショップに届けられ、その間に最終的な価格は跳ね上がってしまいますが・・・ このプロジェクトではメーカーから消費者までの無駄なコストを抑え、できるだけ安く販売することを目的としています。 彼らは「時計は機械で大量生産するものではなく手作りするべき」という考えから、今回Kickstarterでの出資者に与えられるモデルは手作りで、更に一つ一つに番号が振られています。 モデルは以下の4種類 Veniceシリーズ Florenceシリーズ   Bosaシリーズ Gomoシリーズ パッケージも、この値段では考えられないほど「高級感」がありますね。 最も安くて99ユーロ(およそ13,000円)で出資し、時計を手に入れることが可能です。 スマートウォッチが流行り始めている今、敢えてアナログな時計も有りかもしれませんよ。 Kickstarter: Redefining Italian Luxury Watches

Sony Xperia Z3 Dual向けにCyanogenMod 12.1が配信開始

イメージ
Sony Xperia Z3 Dual向けにCyanogenMod 12.1の配信が開始されました。現時点ではダウンロードページにアクセスできませんが、ビルドが完了次第ダウンロード可能な状態になります。 Sony Xperia Z3 Dual(z3dual) CyanogenMod:  https://download.cyanogenmod.org/?device=z3dual TWRP: -

BQ Aquaris X5向けにCyanogenMod 12.1が配信開始

イメージ
BQ Aquaris X5向けにCyanogenMod 12.1の配信が開始されました。BQ Aquaris X5は標準でCyanogen OSを搭載していて手頃に入手できる実用的なスマートフォンです。欧州ではスペインの大手通信事業者「Movistar」から販売されており、Cyanogen OSを搭載したスマートフォンがキャリアから販売されるのはこれが初めてになります。現時点ではダウンロードページにアクセスできませんが、ビルドが完了次第ダウンロード可能な状態になります。 BQ Aquaris X5(paella) CyanogenMod:  https://download.cyanogenmod.org/?device=paella TWRP: - 情報元:  First Carrier-Backed Cyanogen Phone Launches In Europe / TechCrunch

Spigenのクラスデン3 ・ バックパックを購入しました。

イメージ
通学用に新しいバックがほしいと思っていたのですが、 AmazonでSpigenのクラスデン3 ・ バックパック が45%オフになっていたので購入しました。 クラスデンバックパックは、効率的な収納スペース、安定感ある保護力はもちろん、 シンプルでありながら洗練されたスタイルを追求したノートPC用バックパックです。 クラスデン3は、強力な耐久性と防湿機能を兼ね合わせたプレミアムナイロン素材を使用し、より高級感と耐久性が向上しています。 様々な収納スペースがあり、13インチ以下のノートパソコンはもちろん、タブレットPC、マウスといった周辺機器なども収納できる実用性の高いバッグです。  Spigen レビュー こちらが届いたクラスデン3です。 流石にプレミアムナイロンを使っていると宣伝しているだけあって触り心地は非常に良いです。 ファスナーは上から覆われている形になっており露出していません。 ファスナーのスライダーの部分にはSpigenマークがあります。 バックをガバッと開くとノートPCや、小物入れがあることも確認出来ます。ノートPCの収納口は画像右側のもふもふしたファー素材の部分です。 ファスナーが半分までしか降りないので最初は使いにくいと感じましたが、この形状だとノートPCやタブレットPCをの出し入れを行いやすいです。 ちなみに13インチのPCまでの対応とされていますが、MacBook Proやスリムなウルトラブックであれば15インチまで収納可能なようです。 小物入れは公式サイトの画像でのイメージより小さく感じます。 内部にフックがあるのですが何に使えば良いのでしょう・・・? バックを背負うと腰の後ろあたりに来る部分にもポケットがあります。(左右に有り) ここに小さなモバイルバッテリーを入れておけばスマートフォンの充電が捗りそうですね。 バック上部の取っ手は本体に対して小さいですが、無茶な使い方をしなければそう千切れたりすることはないでしょう。実際の耐久力に関してはこれから使い込んで検証していこうと思います。 ということでバッグの購入報告でした。 ちなみにグラスデンとは別に ニューコーテッド という防水モデルも存在します。 おまけ そうそ

Nexus 7(2013)向けにAndroid 6.0ベースのAOKP非公式ビルドがリリース

イメージ
Google+のAOKPコミュニティでAndroid 6.0 Marshmallowベースの非公式ビルドがリリースされています。 新しい機能を使用するために調整が行われるとのこと。 しかし動作はかなり安定しているらしいです。 まだ進行中のモノで、ROMコントロールなど一部はまだ完全ではないそうです。 今後の更新が楽しみです。 情報源: Google+ - AOKP Community ダウンロード: Google Nexus 7 (2013) by STELIX PippoX3