Parallels Desktop 11 for Mac がリリース! El Capitan にも対応!

2015年8月19日水曜日

ニュース

t f B! P L


Parallels Desktop 11 for Mac がリリースされました。
Mac 上で仮想 Windows や 仮想 Linux などを使える高性能ソフトウェアの最新バージョンです。

Parallels Desktop 10  for Mac からの変更点

Windows 10 および El Capitan に正式対応


  • Windows 7 または 8 を Windows 10 にアップグレードするか、Windows 10 で新規の仮想マシンを作成できます。Windows 10 を El Capitan で実行することもできます。

更に高速化されたパフォーマンス

  • Windows 8.1 および Windows 10 では、起動時間およびシャットダウン時間が最大 50% 速くなり、バッテリー持続時間が最大 15% 長くなりました。さらに仮想マシンを中断するまでの時間が最大 20% 速くなり、Windows タスクの多くが最大 20% 速くなりました。

Visual Studio

  • Parallels Desktop Pro Edition では、Visual Studio のリモートデバッグ機能を使用して、アプリケーションをデバッグ用に仮想マシンで実行できるようになりました。

向上したバッテリー持続時間

  • 「トラベルモード」という新しいモードで、電源から切断された状態でバッテリーの持続時間を長くするためにリソースを多用するサービスを一時的に停止できます。

常に Cortana® を利用

Windows 10 をメインで使用していない場合でも、Microsoft の対話型仮想アシスタントである Cortana を利用できるようです。発表の際もこの機能が押されていました。


バージョン毎の違い

Parallels Desktop無印とPro Edition、Business Editionが存在します。

左から8,500円、10,000円、10,000円です。Pro と Business の値段は変わらないみたいですね。

ただし無印では各 VM に分け与えられる仮想 RAM/仮想 CPUが8GB vRAM/4 vCPU となっています。Pro と Business は 64GB vRAM/16 vCPU です。ハイエンドな Mac を持っている場合、そして大量のリソースを必要とする作業をする場合は Pro を買うべきでしょうね。

より詳細な機能を知りたい場合


アップグレード価格はいつものことながら高いですね・・・
とりあえず迷った方は14日間のトライアルを試してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:Parallels


QooQ