OnePlus One向けCyanogenMod 11S 05Qがリリース


OnePlus One向けのCyanogenMod 11Sの最新版、05QのOTAが本日開始のようです。
このOTAでは、いくつかの既知の問題の修正と新機能の追加が行われています。
NFCの改良や、メディアコーデックの更新、最新のセキュリティパッチの更新が行われます。



さらに、SwiftKeyやMaxxAudioとのコラボにより、キーボードや音楽の再生をより楽しむことができます。
カメラも改善され、いくつかのビデオフォーカスオプションが追加されました。

完全な変更履歴


  • リカバリー:Linux 3.10の修正
  • リカバリー:ADBサイドロードの改善
  • リカバリー:リカバリー画面のレイアウトを改善
  • リカバリー:プログレスバーの改善
  • 間違った緊急呼び出しプロパティを修正
  • オーディオ政策の柔軟性を改善
  • システム容量の最適化
  • 画面光度の制御を改善
  • WCNSS設定の更新
  • ADCBファイルをアップグレード
  • Powered HALの改善
  • SQLiteを3.8.6にアップグレード
  • 音量調節の最適化
  • SIM SMS容量のサポートの追加されました
  • TPファームウェアを14001220にアップグレード
  • ヘッドセットの挿入によるクラッシュを修正
  • 有線のオーディオヘッドセットで通話時のバグ修正
  • セットアップウィザードでデフォルトでモバイルデータをオンにする
  • FileManager:ブルートゥースを介して複数のファイルを共有を可能にする
  • メディアダウンロード機能の強化
  • システム更新画面のスクロールを有効に
  • アイコンの更新
  • 追加されたプログレスバー
  • CameraNext:プレビューでキャプチャを表示するための機能を追加
  • CameraNext:トースト情報を追加
  • GalleryNext:ビデオの対応フォーマットを追加
  • ダイヤラ:ブラックリストの改善
  • 通話中の画面の回転の挙動を改善
  • 時計:タイムゾーンの修正
  • コー​​ルイベントをアラームに対応可能に



先日のリークと大体同じ内容ですね。
リリースバージョンはXNPH52QではなくXNPH05Qだったようですが。
流出バージョンのXNPH52Qを利用している方もリリースバージョンに更新することをおすすめします。

OTAはいつもどおり徐々に配信されていく予定です。(おそらく一週間ほどかけて配信)
OTAの差分ファイルが少し経てば公開されると思うので、アップデート配信が待ちきれない方はそちらを利用するのも手かと思います。

OTAファイル:MEGA

情報元:OnePlus

このブログの人気の投稿

【FGO】第2部の考察とメモ【ネタバレ】